江戸川区花火大会の見どころと花火が見れる穴場スポット

日本最大級の花火数と観客動員数を誇る「江戸川区花火大会」。

毎年8月の第1土曜日に江戸川河川敷で行われるこの花火は

江戸川区と千葉県市川市が合同となって行われます。

花火の数は合計約14,000発と時間内にそんなに打ち上げられていたか

疑問になるほどの数お打ち上げています。

そんな日本最大級の花火をどうせなら綺麗に見えるところで眺めたいですよね。

わざわざ行ったのに人に埋もれて終わりなんて悲しすぎますもん。

ということで、「江戸川区花火大会」の見どころや穴場スポットを紹介したいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

花火大会の見どころ

日本最大級の花火大会と言われる「江戸川区花火大会」を

どうせなら1つ残らず見逃したくないですよね。

でも、ずっと上を眺めているのは疲れちゃうと思います。

そんな人のために、この花火大会の見どころを紹介します。

江戸川区花火大会といえばやっぱり見逃せないのが

恒例の開始と同時に打ち上げられるオープニング。

このオープニングはなんとたったの5秒で1,000発打ち上げています。

そして、8つのテーマに合わせて花火を上げていくのですが、

今年はまだテーマが決まっていません。

そのテーマ1つ1つにBGMがついており花火を遠くから見ている人にも、

どの曲を流しているのか分かるように花火の打ち上げ音がその曲を奏でます。

この時テーマ次第では見るを休んでもいいかもしれません。

もちろん、流れている曲が自分の好きな曲だったりした時に

すぐに花火の見える位置に行きたいですよね。

花火を見るための穴場スポット

人混みが得意じゃないけど綺麗に花火が見たい。

そんな人のために穴場を紹介します。

◆篠崎公園


大きな地図で見る

打ち上げ会場の近くの公園なのですが、

とっても広いので人の少ないエリアもあります。

そういう場所を探してゆっくり花火を眺めるのもいいですよね。

また、有料ですが公園の駐車場もあるので遠くから車で来る人にもお勧めです。

◆江戸川区河川敷(篠崎ポニーランド)

本来、江戸川区河川敷は会場の目の前でもあるのでかなり人が混みます。

しかし動物への配慮なのか、

河川敷の中にあるにも関わらずここは空いているほうなのです。

近くで大きい花火を見るためにはもってこいの穴場スポットです。

◆江戸川区の江戸川河川敷緑地

以外と空いているレアな穴場スポットです。

◆市川市の江戸川河川敷緑地

江戸川区花火大会という名前のせいもあって

江戸川区の河川敷では毎年かなりの人で賑わっています。

それは、市川市の河川敷でも同じなのですが、

江戸川区の方と比べるとやや人が少ないです。

すごく空いているとは言えませんが、花火を間近で見たい人にはお勧めです。

花火が見れるホテル

当日、人に紛れずゆっくりと花火を見たいという人は

ホテルを取って見ることをおすすめします。

◆瑞江第一ホテル

このホテルは江戸川区花火大会を唯一鑑賞できるホテルです。

隅田川花火大会などとは違い、

この周辺には高い建物が殆ど無いので

室内から花火を見るのは厳しいものがあります。

しかし、このホテルであれば周りに大きな建物がないので

確実に個室から花火を見ることが出来ます。

まとめ

数多くの花火大会があるこの日本で、

一番と言われる江戸川区花火大会は毎年多くの人で賑わっています。

純粋に花火が見たい人もいれば、お祭りが好きな人

いろいろな人が集まりますよね。

だからこそ、ポイ捨てなどをして

他の楽しんでいる人の気分を害するなんて言語道断ですよ。

しっかりマナーを守ってみんなで楽しく花火をみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です