五山送り火 五つの山の名前や見どころ・歴史

ご先祖様の魂が現代に帰ってくることを意味するのがお盆です。

そのお盆の最後を締めるのが、

ご先祖様が無事にあの世に帰れるように子が家を込めて送り火を行いますよね。

その送り火をするのに京都では5つの山に大文字で山の一部に火をつける五山送り火があります。

この送り火に使われた薪の炭になった燃えがらをわざわざ早朝に拾いに行き、

一年間大切の持つ人までいるというのがびっくりですよね。

「きっと何か意味があるのでわないか」と思い調べたところ

いろいろな歴史背景があるそうなので、五つの山の名前や歴史など

ちょっと紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

五山送り火

葵祭、祇園祭、時代祭、そして五山送り火は京都の夏を盛り上げる伝統行事であり、

「京都四大行事」と言われていますその五山送り火は

毎年お盆の最終日である8月16日に行われます。

5つの山で行われる五山送り火は山に一文字ずつ火をかけ、

山の下からは5つの山が同時に見えるので綺麗に浮かびあがる文字が素敵に京都をてらします。

5つの文字は1962年までは点火の時間が決まっておらず、バラバラに点火されていました。

しかし1963年以降は1つ目の文字の点火山である大文字山を夜の8時に点火し、

その後5分ごとに点火されるようになりました。

今は8時に点火されている送り火ですが、この時間は新暦の暦を使うようになってからであり、

旧暦だった当時は1時間程早く行われていたそうです。

ちなみに現在は大文字山から点火されていますが、

1956年ごろまでは最後に点火するのが大文字山だったそうです。

それは大文字山が5つの山の中で偉大とされているからだそうです。

五つの山の名前や見どころ

山に名前があるのは当然ですが、その山の点火文字にも名前が付けられています。

その名前と山の見どころについてそれぞれ紹介していきたいとおもいます。

 

◆大文字山

如意ヶ岳とも呼ばれるこの山は標高472メートルあります。

文字を浮き上げる位置の呼び方はそのまま「大文字」と呼ばれており、

人つの文字を浮きあげるのになんと75箇所の火床を使っています。

もともと大文字山の一体を「如意ヶ岳」と呼んでいたそうでなのですが、

現在では西側にある峰を「大文字山」と呼んでいます。

そして一番高い峰を「如意ヶ嶽」と呼んでいます。

また、左大文字と区別する際に大文字山は「右大文字」とも呼ばれるそうです。

第二次世界大戦当時は送り火を行うのを中止していたそうですが、

その代わりに早朝に近隣の小学生が広いシャツを着て大の字を描きました。

その後も終戦の翌年になるまで小学生が大の字を一文字で描いて、

この文化を止めることなく続けられてきました。

ちなみに日清戦争に勝利した際には「祝勝利」という文字が点火されました。

 

◆万灯籠山・大黒天山

この2つの山にはそれぞれ1文字づつ刻まれるのですが、

二山二文字という感じで「妙法」という文字を浮かび上がらせます。

万灯籠山は西山とも呼ばれ「妙」の字を灯します。

妙の字は他の字に比べ画数も多いので103箇所も火床を使うそうです。

大黒天山は西山と対象に東山と呼ばれ「法」の字を灯します。

火床は画数に比べて少ないような気もする63箇所つかっています。

松ケ崎の村人が日蓮宗に改宗した時に

当時日蓮宗のトップであった日像が西山に「妙」の字を書いて、

大妙寺に所属する日良が東山に「法」の字を書いたのが始まりと言われています。

2つの山のこの火を「松ヶ崎妙法」といいます。

 

◆船山

万灯籠山や西賀茂山とも呼ばれています。

他の山とは違い文字でわなく、船の絵を山の上から照らしています。

船の形には意味があり、

847年当時に唐の国からの帰路に暴風雨にあったにも関わらず

「西方寺」の開祖が無事に到着できたという故事から因んでいるそうです。

その船の炎は舟型万灯籠と呼ばれます。

 

◆左大文字

大文字の時に書いたとおりです。

しかし、火床の数は大文字に比べ少なく53箇所で行われます。

 

◆曼荼羅山

鳥居のマークを火で灯すこれを「鳥居形松明」と呼ばれます。

108箇所の火床で作られる鳥居は他とは少し違い松ヤニの入った松を使います。

その為他とは違うオレンジ色に近い色に燃え上がります。

さらに、鳥居形松明は木を組んで点火するのではなく松明をそのまま突き立てるようです。

親火床があり、そこから走って一つずつ火をつけていくので日が走るとも言われています。

歴史

大文字の送り火の起源は平安時代、もしくは江戸時代と言われています。

公式な記録が残されていないので正確な時期がわからないんです。

とある資料には盂蘭盆について記されているためお盆の送り火に因んでいると考えていますが、

当然真相はわかっておりません。

まとめ

毎年様々なところで山に字を浮かばせる大文字を行われていますが、

京都が一番古いと考えられています。

本当に送り火としての文化が栄えたものであれば、

華やかに見送られるご先祖様は一体どのような気持ちで帰られるのか、聞いてみたいですよね。

山いっぱいの光に見守られるその様子はきっと穏やかな気持になるのではないでしょうか?

家で送り火を行うのもいいと思いますが、

足を伸ばしてちょっと遠くの大文字でご先祖様を見送ってはいかがでしょうか?

お盆休みの意味

盆踊り曲

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です