冷房病 対策

cool

季節も夏になり暑くなってくると会社や自宅などで冷房を使う機会が増えると思います。

そこで気になるのが冷房によって起こる体の不調です。

冷房とうまく付き合って快適に過ごしたいですよね。

ここでは冷房の設定温度や生活習慣による冷房対策をご紹介します。

☆理想の設定温度

理想の冷房設定温度は外気との温度差を5度以内にすることです。

なぜなら人間が対応できる温度差は5度以内と言われているからです。

外気との温度差を5度以内にするとはいえ、24度以下にすると寒く感じる人が増えますので、

電気代の節約の意味も兼ね備える28度に設定するのが好ましいですね。

☆冷房病?なぜ起こるの?

冷房病とは「冷え」によって起こる足腰の冷え、頭痛、

食欲不振、不眠だるさ、肩こりなど様々な体の不調のことです。

ではなぜ冷房病になってしまうのでしょうか。

体は夏になると夏型体質になり、体内での発熱を抑え、熱を逃がしやすいよう汗をかきやすくなります。

そのため冷房のきいた部屋にいても体内の熱が逃げすぎてしまいます。

また、外出先と室内との温度差によって自律神経のバランスが崩れ冷えに対する抵抗力が弱くなってしまうのです。

☆冷房対策~生活習慣~

cool2

冷房病にならない為にはまず衣服で調節することが大切です。

会社や図書館など自分では調節が出来ない冷房の効いた場所に行く時には、

カーディガンやストールなどを持っていきます。

そして直接冷房の風が当たる場所は避けましょう。

cool3

さらに冷気は足元に流れやすい為靴下やレッグウォーマーを履くと効果的です。

そして生活習慣の見直しも冷房病対策になります。

まずは軽い運動をすることです。

足のだるさや胃腸の不調は血行不良だとも考えられます。

血行を良くする為お風呂上りのストレッチや位置に10分程度の散歩をすると

血行促進や凝りのほぐしにつながります。

生活リズムを改善することも大切です。

夏場になるとレジャーの誘い等が増え、

夜更かしをしてしまうなど睡眠不足になりがちです。

睡眠不足は翌日に疲れを残し、自律神経を崩してしまいます。

息抜きはほどほどにし体を休めてあげて下さいね。

☆冷房対策~体を温める~

夏になると湯船につからずシャワーだけという日が増えると思います。

シャワーで汗を流すことは出来ますが、体を十分に温める事は出来ません。

夏場でも40度以下のお湯にゆっくり入り、

マッサージし血行を良くすることで体の芯から温める事が出来ます。

cool4

入浴にはリラックス効果もあるので自律神経のバランスを整えることにもつながります。

そして寝るときにも体を冷やさないように注意して下さい。

冷房や扇風機の風が直接当たると体から熱が奪われてしまいます。

扇風機や冷房の風が壁から跳ね返るようにするなど風向きを調整して下さい。

暑くなると食欲がなくなりアイスクリームやスイカ、

そうめんなどさっぱりしたものが好んで食べられるようになります。

しかしこのような食べ物ばかりでは体を冷やす原因になってしまいます。

ですから夏場でも根菜類や肉、魚などたんぱく質やミネラルを含んだ

体を温める食品をとることも忘れないでくださいね。

会社や駅など自分の意志で冷房の温度を変更できない場所が多いですよね。

冷房病になってしまわないように内側と外側から

冷房病対策を心がけて夏を乗り切りたいですね。

冷房病 症状・原因・対策

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です