食中毒症状と対策

shokuchu

暑い季節になったら食中毒に注意!

☆梅雨から夏にかけて発生しやすい食中毒

梅雨から夏にかけて注意したい食中毒。

特に湿気が多い6月には細菌の増殖が活発になります。

食中毒の主な症状は腹痛や下痢、吐き気ですが、お年寄りや子供は特に重症化し易いので事前に防ぐことが大切です。

ここでは食中毒予防の基本の他、毎日の生活の中で出来る食中毒対策についてご紹介します。

☆知っておきたい食中毒予防の3原則

食中毒と聞くと給食など集団食中毒の話をよく聞きますが、家庭内で発生することもよくあります。

食中毒予防の基本は「食中毒菌を『つけない』『増やさない』『やっつける』」ことです。

まずは細菌を「つけない」ことです。食中毒になる原因菌が食べ物につかないよう、

shokuchu3

食べる前には石鹸で手を洗います。また肉や魚を扱った調理器具を洗剤で洗う事も大切です。

次に「増やさない」ことです。細菌はマイナス15度以下で繁殖が停止します。

細菌を増やさない為に肉や魚、野菜など生鮮食品はうちに帰ったらなるべく早く冷蔵庫に入れる事が大切です。

また、冷蔵庫を頻繁に開ける事で庫内の温度が上昇してしまう為、

5

冷蔵庫を見やすく整理することも細菌を増やさない事につながります。

最後に「やっつける」事です。ほとんどの細菌は加熱処理によって死滅します。

肉や魚は中心部を75℃で1分間以上加熱して細菌をやっつけることで食中毒を防げます。

また、調理器具や食器なども熱湯処理や台所用殺菌剤を使って殺菌しておいて下さい。

☆家庭で食中毒を防ぐポイント

家庭でも食中毒を防ぐために日頃から注意するとよい事があります。

まずは買い物をする順番ですけど、生鮮食品はいちばん最後に購入しましょう。

もちろん消費期限はなるべく長いものを購入してくださいね。

そして肉汁や魚の水分が漏れないようにポリ袋に入れ、レジ横などに置いてある氷などを入れて持ち帰るとさらに良いです。

そしてうちに帰ったら冷蔵、冷凍が必要な物はすぐに冷蔵庫にしまって下さい。

この時魚や肉は他の食品と触れないようにポリ袋に入れる事が好ましいです。

また、肉、魚、卵を扱った後には指先を中心に手を洗うと手に着いた細菌を落とすことが出来ます。

冷凍食品を使用する時には使用する分だけを冷蔵庫や電子レンジで解凍すると細菌の増殖を防ぐことができます。

そしてふきんやタオルにも注意が必要です。使用後は熱湯で煮沸ししっかり乾燥させることで殺菌、細菌の増殖予防になります。

作りすぎて料理が残ってしまった場合には室温に放置すると細菌が2倍に増殖するというデータもありますので、

即冷蔵庫に保存して下さい。

保存するときには清潔な容器を使用し、温め直す時は十分に加熱して下さいね。

スープやみそ汁は沸騰するまで温め事が目安になります。

☆外でも食中毒対策を!

shokuchu2

温かくなるとお弁当を持って行楽へ出かける機会も増えると思いますがお弁当の食中毒対策も忘れないでくださいね。

食品を入れる容器は清潔な物を使って下さい。ゴムパッキンはカビが発生し易い為、

容器から外して洗う必要があります。

おにぎりは素手で握らずラップを使うことで手から細菌がうつることを予防できます。

梅干しには殺菌効果があるのでお弁当の中に一つ入れておくと安心です。

食べるまで時間がある場合は保冷材を活用するとさらに安心ですね。

手洗いや調理に気をつけるだけで食中毒は防ぐことが出来ます。

食事をする機会は一日に3回以上あります。食事を毎日の楽しみにするためにも、

日頃から食中毒対策をして安心しておいしく食べたいですね。

夏の食品 食中毒予防

食中毒対策

食中毒にかかったら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です