梅雨の髪の毛対策! 広がらなくする方法

b8

 

雨の日や湿度の高い日には気付いたら髪の毛がだんだん広がって行ってしまう事が良くありませんか。

せっかくストレートにセットしたらうちに帰るまでキープしていたいですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

梅雨の髪の毛対策

ここでは髪の毛が広がってしまう原因とその対処法についてご紹介します。

髪が広がる原因

なぜ髪の毛は広がってしまうのでしょうか。

一番の原因は「髪のダメージ」です。

髪の毛はキューティクルという膜に覆われています。

髪の毛が傷むとこのキューティクルが剥がれていってしまいます。

そしてキューティクルがはがれている部分から水分が入り込んでしまうのです。

水分を溜め込んだ部分だけが膨張してしまい髪の毛がうねり、

髪の毛一本一本が違う形になることで髪の毛全体が広がったように見えるのです。

また、「髪の毛が細くなってしまうと髪の広がりやすさにもつながります。

細い髪の毛は少しうねっただけでも目立ちやすいのです。

b6

b7

髪が広がらないための対策

髪の毛に広がりを防ぐには髪の毛を傷ませない事が大切です。

まずは髪の毛をとかすことです。

特に目の粗いブラシでとくと、髪にまんべんなく頭皮の水分と皮脂を広げる事が出来ます。

また、頭皮のマッサージにもなり血行の促進にもつながるので髪の毛を太くすることにつながります。

次に、洗い流さないトリートメントを使用すると髪の毛のダメージ補修とダメージを防ぐことが出来ます。

b4

付けるときはシャンプーの後、軽くタオルドライしてから付けるとより効果的です。

傷んでいる部分はほとんどが毛先です。

頭皮につけるとべたついてしまうので、頭皮には付けないように注意して下さい。

そしてドライヤーで乾かす際、温風を使うとキューティクルが広がってしまいます。

そこで乾かし終わった後に、冷風を当てる事で広がってしまったキューティクルを締める事が出来ます。

対策2 トリートメントの選び方

b21

洗い流さないトリートメントにはオイル系、ジェル系、ミルク系など様々な種類があります。

効果や髪質で自分に合ったものを選ぶことが大切です。

傷みがひどい時には髪と相性が良いオイル系の物がおすすめです。

ただし、オイル系はべたつくので毛先だけにつけることや就寝前につけた方がよいです。

朝使うならオイルよりも軽い付け心地のミルク系やジェル系を使うとべたつきも気にならず、

外出時にワックスなどに混ぜて使う事も出来ます。

対策3 やってはいけないこととは

髪の毛を傷ませる原因は日常生活にやっていることも中にもたくさんあります。

知らないうちに髪の毛を傷ませてしまわない為に以下のことに注意していきたいですね。

まずはドライヤーを髪に近づけ過ぎることです。

bx

ドライヤーから出る温風で髪の毛の水分が奪われてしまい髪の毛が乾燥してしまいます。

頭皮かゆっくりと乾かしていき、毛先は完全に乾いていない状態のときからは冷風で乾かすとよいです。

そしてパーマとカラーを同時にすることも髪の毛のダメージへとつながります。

どちらも髪の毛の内側に薬剤を入れるので髪の毛の成分を変える事になってしまう為です。

美容院へ行く時間は取りづらいので一度にまとめたくなってしまいますが、

パーマとカラーは最低2週間期間をおく事で髪の毛の傷み具合が変わってきます。

髪の毛をダメージから守ることは日常生活で気を付けられる事ばかりです。

日頃から些細なことに注意して髪のダメージを防ぎ、梅雨でも広がらない髪をつくって行きたいですね。

くせ毛の原因・対策・生活習慣方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です