蛍を観賞できる、時期や時間帯について調べてみた!

ho

ホタルを見に行こう

6月になると昼間は暑く、夜になると少しひんやりした季節が続きますね。

また梅雨入りに伴い早く過ぎ去ってほしいと思う時期ですが、

今しか見られない特別な景色があります。

それは蛍の飛び交う景色です。

用水路の整備が進むにつれ蛍を見る事はむずかしくなり、

蛍の飛び交う光景は貴重ですね。

大切な人と一緒に見に行ってみてはいかがでしょうか。

ここではホタルの見られる時間帯や見に行く際の持ち物、見られる場所についてご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ホタルを沢山観賞できる条件

蛍が見られる時期は地域によって異なりますが一般的には5月下旬から7月中旬です。

日本で見られるのはゲンジホタルとヘイケホタルです。

九州では5月の下旬ころから6月まで

関西・関東・東北では6月から7月まで

北海道では7月から8月まで鑑賞できます♪

ヘイケホタルはゲンジホタルよりも光も弱く、光っている時間も短いのが特徴ですがどちらも真っ暗闇の中では幻想的に光って見えます。

ホタルが見られる時間には3回のピークがあることをご存知でしょうか。まずは7時半から9時頃です。

2回目は11時頃、そして最後のピークは夜中の1時から2時頃です。

ライフスタイルに合わせた時間で見に行きたいですね。

時間帯の他によりたくさんのホタルを見る為にはホタルが好む天候を選ぶ必要があります。

ホタルが好む天候は、梅雨の晴れ間のような蒸し暑い夜です。

さらに風がなく雨が降り出しそうな天気だとさらにホタルが活動的になるのでたくさん見る事が期待できます。

ホタル観賞のもちもの

ホタル観賞に持っていくとよいものをご紹介します。

まずは虫よけスプレーや虫に刺された時の薬です。

ホタルは草むらで見る事が出来るのでもちろんホタル以外の虫にとっても住みやすい場所です。

せっかくホタルが見られても虫が気になっては落ち着いて見られませんよね。懐中電灯も欠かせません。

ホタルが見られる所にはもちろん電灯はありません。

川に落ちないようにしっかりと足元を照らすことが必要です。

また長い時間観賞したい方はレジャーシートや折り畳み椅子があるとよいです。

特にお子様連れの場合ホタルを待っている間に疲れてしまうことも予想されるので持っていくとゆっくりと楽しむことが出来ます。

天然のホタルが見られる場所にはコンビニがあるいていける範囲にない場合が多いので事前に飲み物などを買っていくことをお勧めします。

もちろんゴミを持ちかえる為の袋があると便利です。

名古屋からのアクセスも良いなばなの里

naba

ここでは名古屋や大阪からも行きやすくホタル観賞が出来る「なばなの里」をご紹介します。

ここでのホタルの見ごろは5月下旬~7月中旬です。

昨年は期間中累計、数千匹以上ものホタルが観測されています。

なばなの里へは電車、バス、車など様々な方法でアクセス出来ます。

名古屋駅の名鉄バスセンターからは直通バスが出ています。

片道料金は大人850円・小児430円で、なばなの里まで高速を走り、約30分で到着します。

また車で行く場合にも無料駐車場が3000台分あるため駐車料金を気にする心配もありません。

名古屋からはバス同様に高速を使えば車で30分、一般道を使っても渋滞がなければ1時間程度で到着できます。

最寄りの「長島IC」
を降りてからは看板が出ている為初めてでも迷わず行くことが出来ます。

関西方面からの車で行く場合には
吹田ICから名神高速道路・新名神高速道路を経由した場合
「長島IC」まで110分程度、
松原JCTから西名阪道を経由した場合「長島IC」まで2時間程度で行くことが出来ます。

真っ暗な中ホタルを見る事で、

心が落ち着き普段話せない事も自然と話せるようになるのでは無いでしょうか。

ぜひ大切な方と一緒にホタルを見に行ってみませんか。

山形県小野川温泉ほたるまつり

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です