風呂の気持ち悪いカビ 風呂カビ防止対策とカビの落とし方 

f

スポンサーリンク
スポンサーリンク

風呂カビの掃除

お風呂をカビから守るには

梅雨のじめじめした時期に気になるものの一つはカビですよね。

食品から衣類など気付いたら付いてしまっていた

なんて言う事もこれから増えていく季節です。

中でも家の中で最もカビがつきやすい場所はお風呂です。

ピンクカビや黒カビなど初めのうちは

小さなものでも放置しておくとどんどん広がってしまいます。

そして最悪の場合、

掃除しても取れないほど根深いカビになってしまうのです。

ここではカビ発生の

原因・風呂カビ防止対策・落とし方について説明していきます。

f3

風呂カビの原因

ではなぜお風呂でカビが発生するのでしょうか。

それはカビにとって繁殖しやすい環境が整っているからです。

カビ菌は25度前後で最も活発に繁殖します。

そして人間の皮脂やケラチンなどはカビ菌にとって栄養分になります。

以前は石鹸カスも養分になると考えられていましたが、

実際には石鹸カスについた皮脂が栄養分になっていたのです。

繁殖しやすい温度、たくさんの養分、

水分が揃っているお風呂はカビにとって

絶好の繁殖ポイントとなってしまうのです。

f2

風呂カビをつくらせない防止対策

カビが生えてしまう事自体も気持ち悪いことですし、

カビを掃除することは強い洗剤を使わなければならないので

体への影響も気になりますよね。

そこでカビを発生させないようにする方法をご紹介します。

まずはカビにとって快適な環境を作らせない事です。

カビは気温が30度以上になると活動が衰え、

36度以上でほとんど繁殖しなくなります。

ですからお風呂を出る前に浴槽の壁や床などカビが発生し易い所に

45度以上の熱湯をかけておくことでカビ菌を死滅させることができます。

以前は冷水をかけた方が良いとも言われていましたが、

冷水をかけるだけではカビの活動が停止するだけなので熱湯をかけ、

カビ菌を死滅させた方が確実です。

その後窓を開け、熱気を外に出すとよいのですが

浴室に窓が付いていない場合は換気扇を回すことで十分代用できます。

f4

換気扇は出来るだけつけっぱなしにした方がカビの繁殖を抑制できます。

電気代節約の為こまめに切るという意見も聞きますが、

24時間つけっぱなしでも1カ月で200円弱です。

カビ掃除の苦労と洗剤代を考えると

あまり気にならない金額だと言えます。

できてしまったカビの落とし方

日々の掃除や換気に気を付けていたとしても

うっかりカビは発生してしまうものです。

出来てしまったカビはどのようにとると効果的なのでしょうか。

まず、カビをとりたい場所についている水分を

タオルなどで拭き取ります。

水分がある事でカビに洗剤が密着しにくくなるだけでなく、

洗剤が薄まってしまいます。

そしてカビをとるときにはこすらずパックすることが大切です。

f5

ゴムパッキンやタイルについてしまったカビにはティッシュをかぶせ、

その上から洗剤をスプレーしさらにそのうえからラップをはります。

このようにすると洗剤の泡が固定されます。

この状態で5分程度放置したら水で流します。

取れなかった場合はもう一度水分を拭き取ってからパックして下さい。

こすりたくなってしまいますが、

こするとカビ菌が材質の奥まで入り込んでしまい

さらに根深いものになってしまいますので

時間はかかりますがパックを繰り返して下さい。

まとめ

おふろは一日働いた体を洗い、疲れをいやす場所だと思います。

湯船につかってゆっくりしている時にできてしまったカビを発見すると

せっかくのリラックスタイムが台無しになってしまいますよね。

毎日のカビ対策をしっかりして優雅なお風呂タイムを過ごしてくださいね。

洗濯物が臭い 対策

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です