正しい歯の磨き方 歯ブラシの選び方

h

6月4日は歯の衛生週間です。

4日から10日まで約一週間つづきます。

日頃あまり意識しない歯磨きの時間も

歯の衛生週間中は意識して磨くことを心がけてみてください。

学校などでは呼びかけがあったりするので意識しやすいかもしれませんが、

大人になると意外と忘れてしまいがちな日だと思います。

少し意識をもって過ごしてみてください。

ここでは虫歯の治療なんてことにならないように

正しい歯の磨き方や虫歯の予防方法をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分に合った歯ブラシを選ぶ

h4

まず人それぞれ歯並びも違いますから

自分に合った歯ブラシで磨くことが大切です。

歯ブラシにはかためとやわらかめがあります。

そして小さめに出来てるものや色々な種類のものが売っています。

なのでとても迷うと思います。

一番は歯医者に行って相談すれば磨き癖などもみてもらえたりするので一番自分に合うのを選んでもらえます。

ですがなかなかそんな暇はないと思います。

実際歯医者が苦手な人は多いでしょうし、

虫歯がないかぎり行かないと思います。

なのでだいたいのタイプ別でご紹介します。

歯が昔から結構頑丈な人

歯に関しては昔からトラブルがない歯茎にも問題がないとゆう人はかためがオススメです。

ただしっかり磨きすぎてしまう人や力が強い人は避けた方がいいです。

歯がすこし弱いかなと思う人

歯茎が弱くては血がでる人や歯磨きに時間をかける人はやわらかめがオススメです。

あとは歯ブラシのパッケージにこんな人に向いていると書いてあるものもあるのでそれを参考にするのがオススメです。

交換はいつすればいいのか

目安は1ヶ月です。少し早いと思う人もいると思いますが歯ブラシはそんな高価なものではないので、

あんまりボロボロになる前に交換することをオススメします。

歯ブラシはよほどのことがなければ壊れることがない物なので交換するべきか悩みがちですよね。

ぜひ目安にしてみてください。

その他ケア

歯ブラシ以外にも歯間ブラシや

デンタルフロスなんかを使用することをオススメします。

デンタルフロスは歯と歯の間を掃除するのに使用します。

朝ではなく夜寝る前の歯磨きで使うことがオススメです。

年配の方には歯間ブラシの方がオススメです。

毎日ではなくてもいいので歯磨き週間ぐらいは意識してみてください。

そして歯は一生ものですから健康な歯を大切にしてください。

歯の磨き方

正しい歯ブラシの持ち方

h2

h3

時間をかけてただ磨いただけにならないために正しい磨き方をマスターしましょう。

まず大切なのが力はそんなに入れなくていいとゆう事です。

ゴシゴシ磨かないと磨いた気がしないとゆう人もいると思います。

ですが逆に歯茎を傷つけてしまう可能性もあるので、

鉛筆をもつ手で軽く磨くだけで大丈夫なんです。

そして磨き残しのないように右上から左上みたいなゴチャゴチャした磨き方はしないようにしましょう。

流れるように一本終わったら隣とちゃんと決めて磨くことをオススメします。

以上で紹介したように毎日取り組んでみてください。

そして歯磨き週間は特に意識してみてください。

歯は一生ものですから健康な歯を大切にしましょう。

虫歯予防デー

歯と口の健康習慣

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です