洗濯機で洗い終えた洗濯物が臭くなる原因と対策

sentaku

スポンサーリンク
スポンサーリンク

梅雨の季節や雨続きの洗濯対策

湿気の多い梅雨時にはいろいろな困ったことが出てきますよね。

毎日ぐずぐずした天気が続くことで悩みの一つとしてあげられるのは洗濯物の匂いです。

太陽の下で日光消毒しているときは気にならない部屋干し特有の生乾きの臭いや雑菌臭に悩まされてしまいます。

洗濯物が臭くなる原因

洗濯物はなぜ臭くなるのでしょうか。

洗濯物を部屋干しした時にでてくる雑巾のような匂いは雑菌臭とも言えます。

この雑菌は洗濯物についている、

洗濯で落としきれなかった人間の体から出るたんぱく質や皮脂などの汚れを餌にしながら繁殖します。

そしてこの菌の出す排泄物によって臭うのです。

これらの雑菌は日光に当てることによって殺菌することができるので外で干した場合には気にならないのです。

洗濯物を臭くさせない為に

では洗濯物を臭くさせないためにはどのようにしたらよいのでしょうか。

まずは洗濯槽を定期的に洗うことです。

4

最近の洗濯機は全自動のものが多いので、蓋をしめている時間が長くなります。

蓋をしめていると洗濯槽内の湿度が上がったままの状態になり、

雑菌にとって繁殖しやすい状態になってしまいます。

薬局やスーパーにて300円程度で売られている洗濯槽クリーナーを使用して洗うと簡単できれいに洗えます。

sentaku2

洗濯物を貯めずこまめに洗うこともニオイ対策に有効です。

洗濯物を放置しているあいだにも雑菌は皮脂を餌にしながら増殖してしまいます。

少しでも菌の増殖を防ぐためお天気に関係なく洗濯機を回しましょう。

洗濯機を回す時には洗濯物を詰め込みすぎないように注意してください。

詰め込みすぎた洗濯機はうまく回らずきちんと奥まで洗剤や柔軟剤が浸透しません。

ジャブジャブと音が聞こえるくらいがベストです。そして洗剤や石鹸をきちんと溶かすことも大切です。

手間はかかりますが、粉石けんの場合はぬるま湯で溶かしてから洗濯機に入れてください。

これらの一手間を加えることで、臭いを防ぐだけではなく仕上がりがふんわりする効果も得られます。

すすぎの際に大さじ2~3杯程度の酢を入れることもニオイ対策に有効です。

入れすぎてしまうと今度は酢の匂いがしてしまうので注意してください。

すすぎの時に節約のためにお風呂の残り湯をお使いになる方もいらっしゃると思いますが

臭いが気になるようでしたらお勧めはできません。

なぜならお風呂の残り湯には体から出る皮脂やタンパク質など雑菌の餌がたくさん入っているからです。

洗濯が終わりましたらすぐに干しましょう。

3

洗濯物を濡れたまま放置しているとどんどん雑菌が繁殖を続けてしまいます。

それを防ぐためには短い時間で洗濯物を乾かす必要があります。

部屋干しでも洗濯物を早く乾かすには洗濯物同士の間隔をあけます。

洗濯物どうしが密着していると蒸発するスペースが少ないので乾く時間が遅くなってしまいます。

カーテンレールに干しがちですが、

カーテンレールにはホコリなどの付着も考えられるので部屋干し用にレールを用意したほうがいいです。

レールの下にクシャクシャにした新聞紙を敷くと洗濯物の湿気を吸収してくれるので早く乾きます。

浴室乾燥機やエアコンの洗濯機乾燥機能を使うことももちろん有効です。

一度ついてしまった洗濯物の臭いをとるのは手間もかかります。

今から梅雨に備えてしっかり臭い対策の知識を身につけておくといいですよね。

クローゼット 湿気を防ぐ収納対策

風呂のカビ掃除

梅雨対策

梅雨の時期

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です