桜前線はいつから?歴史や名所&藤の開花時期

sakura

スポンサーリンク
スポンサーリンク

桜前線はいつから? その歴史について

花見というと、桜が主役です。

「花は桜木、人は武士」というように、

桜は咲き始めてから散るまでが短く、

いかにも潔い咲き方が武士の生き方に通じます。

桜は日本の野山に自生し、春の盛りに美しく咲きほこるので、

古き時代から日本人に愛されてきました。

古代の日本文化は中国の影響が強かったので、

万葉集には桃や梅の歌が沢山あります。

しかし、桜の歌も残っています。

都が奈良から京へ移る頃から、桜の歌が増えてきました。

古今集では「花」は「桜」を意味するようになりました。

もっとも、まだ、「花」が「梅」を指す場合でもありました。

花見は奈良時代に貴族の間で始まりました。

平安時代になると、嵯峨天皇が花見の宴を催した記録があります。

やがて、「花の宴」は天皇の催す定例行事となり、

清少納言も紫式部も桜の美しさを描いています。

この頃の「花の名所」は吉野山。

平安時代末期には、洛外山田の「西行桜」、

吉野山の桜を植え替えた「姉小路邸の桜」が名所となります。

姉小路邸の辺りを桜町と呼ぶようになりました。

鎌倉時代に入ると、地方でも花見を行うようになりました。

桜は日本全土で咲くから、鎌倉幕府になり、関東にも花の名所が出来ました。

政権が足利幕府に移り、室町時代になると、桜の名所も増えた。

醍醐や嵐山、華頂山に清水寺など、現在の花見の名所と変わらないです。

豪勢な花見と言えば、豊臣秀吉の催した「醍醐の花見」です。

この花見の後、間もなく、

秀吉は我が子秀頼の行く末に心を残しながら他界します。

桜のようにいさぎよく散ることはできなかった。

花見が庶民の楽しみになったのは、江戸時代からです。

それまでは、花見は貴族や上流武家のものだったそうですが、

平和な日々が続き、庶民が裕福になり、生活にゆとりができたためでしょう。

江戸の花見の名所は忍ケ岡、現在の上野恩賜公園のあたりです。

しかし、花見には弁当を持参して「食べたり、飲んだり」が付き物です。

上野には徳川家菩提寺の寛永寺があるから、

今のようなドンチャン騒ぎはできなかったそうです。

ここで登場するのが、八代将軍徳川吉宗。

吉宗は節約だの倹約だのとやかましい男だったが、

庶民のストレス解消をちゃんと考えていたそうです。

飛鳥山や隅田川堤に桜を植えて、

庶民が気楽に花見を楽しめるようにしたそうです。

この頃の桜は山桜で、ソメイヨシノはまだなかったそうです。

隅田川の桜は今より色が濃かったと思われます。

ソメイヨシノは幕末から明治にかけて、

江戸染井村の植木職人が育成した桜で、

エドヒガンとオオシマザクラの交配種とされています。

桜前線・開花時期

日本列島の地形は縦に長いので、

桜前線・開花時期は地方によってちがいます。

沖縄のカンヒザクラは一月に咲きます。

北海道では札幌や函館ならGW、

網走や釧路、稚内なら五月の中旬。

一月から五月まで、南から北へ桜を追って歩くことができます。

花見は桜というものの、四月半ばから五月にかけて、

あちこちで花が見頃となります。

山桜やソメイヨシノが散った後は八重桜。

京都御室の仁和寺では背の低いオタフクザクラが盛りとなる。

「お花(お鼻)が低い」からオタフクザクラ。

GWには秩父羊山公園の芝桜が見頃でしょう。

藤も九州から本州まで日本全土に広く自生して、

多くの人に愛される花です。

藤の名所と見頃時期

hanami

東京なら亀戸天神、神代植物公園、大久野フェリシモの森。

神奈川県なら横須賀市立しょうぶ園、鶴岡八幡宮。

埼玉県なら、春日部牛島、本庄市の長泉寺。奈良県の春日神社。

見頃は四月下旬から五月上旬。

花見は桜で終わらない。

いろいろな花を追って、あちこち歩いてみるのも面白い。

日本人ならではの楽しみ方だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です