歯と口の健康週間の由来 口臭の原因

hamigaki

歯と口の健康週間について

6月4日は(むし)にちなんで、虫歯予防デーとなっていて、保育園などでは虫歯にならないように、

虫歯になりやすい食べ物クイズや、歯磨きの練習などを教えています。

ここでは歯と口の健康週間の由来や、口臭について、正しい歯ブラシの選び方を紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

歯と口の健康週間の由来


虫歯予防デーが6月4日の理由は語呂合わせで決定しました。

6月4日~6月10日までの1週間は「歯と口の健康習慣」となっていて、

当時の厚生省(現在の厚生労働省)と文部省(現在の文部科学省)、日本歯科医師会が1958年から実施している週間になります。

2013年からは日本学校歯科医会も主催団体に加わり、毎年6月4日~6月10日までの1週間と決められています。

1928年から1938年まで日本歯科医師会が「6(む)4(し)」にちなんで虫歯予防デーを実施していましたが、

1949年口腔衛生週間が設定されました。

1952年には口腔衛生強調運動、1956年に再度、口腔衛生週間、1958年から歯の衛生週間と名称を変更してきて、

2013年に現在の歯と口の健康週間になりました。

歯と衛生に関する正しい知識を国民に知ってもらうとともに、歯科疾患の予防処置の徹底と早期発見、早期治療をすることにより、

歯の寿命が長くして、国民の健康の保持増進を寄与することを目的としています。

口臭の原因について

koushuu

口臭は年齢性別関係なく起こる口の臭いになります。

口の中が妙に不快な感じになるため、病的口臭に比べ自覚症状があるケースが多くあります。

毎日の生活リズムや習慣、精神状態などに応じて発症します。

口臭の種類は生理的口臭と病的口臭の2種類があり、これらを説明していきたいと思います。

生理的口臭の種類はとても多くありますが、特に多いのが、飲食、歯垢、喫煙になります。

飲食では、臭いの強い食品や飲酒などがあり、特に飲酒の場合は、

飲酒者本人に自覚は無くても、アルコール臭が漂っている場合があります。

歯垢では、食べカスに含まれるたんぱく質が口腔内の細菌により分解されて生じてしまいます。

メタンチオールや有機硫黄化合物などが原因と考えられています。

また、女性特有のケースでは、生理時の精神的不調のほかにも、思春期や妊娠時にも血中ホルモンが変化、

代謝などが関係して息や唾液が臭う事があります。

病的口臭は他人からするととても強い臭いがする場合が多いですが、

病気によるものなので本人の自覚症状がない場合も多くあります。

歯学的な問題によるものでは虫歯や歯周病など特定の細菌が繁殖することや、

歯石が多く付着している場合は臭いが強くなってしまい

病的口臭のほとんどが、歯科的な問題によるものになります。

内科学的疾患病(耳鼻咽喉科学)によるものは、慢性鼻炎・蓄膿症・胃潰瘍などがあります。

肝炎や糖尿病の場合は特有の臭いがあるほか、薬品・二日酔い・甘ったるい臭いなどがあり、

これらの臭いを指摘された場合は、病気の疑いがあるので、検査をしてみる必要があります。

正しい歯ブラシの選び方と歯磨きの方法

haburashi

歯ブラシを選ぶ時は、歯の並びや口の大きさ、歯肉の健康状態に合わせて選び、

隙間用、奥歯用と何本か用意しておくのがベストになっています。

歯ブラシにはふつう・やわらかめ・かためとありますが、一般的にはふつうタイプがいいでしょう。

歯垢を落とすのにやわらかめでは歯垢をきちんと除去することができません。

ですが、歯ぐきが弱かったり、歯肉炎で出血しやすい人は、

歯肉を傷つけないようにやわらかめを使い丁寧に磨き、症状がよくなった頃にふつうの歯ブラシを使うのがいいでしょう。

かための歯ブラシは磨き方が弱い人向けになっています。

一般的に口に合うサイズは縦が植毛3列、横が親指の幅か人差し指の第一関節までの長さとなっています。

大きすぎるものだと、奥歯や細かい部分に毛先が当たらず、磨き残しがでてきます。

また、毛先は均一になっている方が圧力が均等にかかりきちんと磨くことができます。
正しいハミガキの仕方 動画

正しい歯の磨き方

虫歯予防デー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です