衣替えのコツと食害虫から衣類を守る方法

koromokae

スポンサーリンク
スポンサーリンク

6月1日は一般的に衣替えの時期になります。

学生や企業の制服を変更することを示し日本では6月と10月に衣替えが行われます。

衣替えは強制的なものではなく、あくまで習慣になりますが、

学校では移行期間が終了すると強制的に制服を替える場合が多くあります。

衣替えの歴史

衣替えの習慣は平安時代の宮中行事からはじまりました。

中国の風習にならい旧暦の4月1日と10月1日に夏服と冬服を着替えると定めて、

「更衣(こうい)」と呼ばれていたそうです。

ですが、天皇の着替えの役目をもつ女官の職名も更衣といい、

後に天皇の寝所に奉仕する女官を女御と指すようになったので、

民間では衣替えと言うようになりました。

季節で取り替えるのは衣類のほかにも扇は冬は桧扇、夏はかわほりと決められていました。

鎌倉時代になると、更衣は衣類だけではなく、

調度品までとり替えることを含むようになりました。

江戸時代になると、着物の種類が増え、公式に年4回の衣替えを制度化しました。

武家の制服は旧暦4月1日~5月4日、5月5日~8月末日、

9月1日~9月8日、9月9日~翌年3月末日で替えることが決められ、一般庶民も従いました。

明治時代に入ると、明治政府は洋服を役人、軍人、警察官の制服に定めて、

夏服と冬服の衣替えの時期も制定しました。

明治6年1月1日新暦が採用され、太陽暦6月1日~9月30日が夏服で、10月1日~翌年5月31日までが冬服と定められました。

これにより、次第に一般の人にも定着し、官公庁、企業、学校が毎年6月1日と10月1日に衣替えを行うようになりました。

衣料害虫が好む環境と温度・湿度

食害虫は春から夏の終わりまでの暖かい季節に、

暗い場所で通気性が悪く、湿度のより高いところを好みます。

日本は高温多湿な気候をもっていて、世界的な地球温暖化による気温の上昇、

エアコンの普及による室内温度の上昇傾向にあります。

そのため、収納に密閉性の高いクローゼットを用いると、

衣料害虫の住みやすい環境が整ってしまいます。

食害量と温度の関係をみてみると10℃以下では食害はほとんどみられませんでしたが、

15℃になると目立つようになり、食害のピークは25℃~30℃となりました。

ですが、35℃になると食害が非常に少なくなります。

湿度との関係をみてみると、10%以下では食害は少なく、50%~80%で食害がピークなってしまいます。

ですが、90%以上になると食害は少なくなります。

以上の事から分かることは、温度が25℃~30℃に、湿度50%~80%の環境では

食害の被害が多く注意が必要となります。

衣類害虫から衣類を守る方法

衣類害虫から衣類を守るためには、汚れをきちんと落とす、乾燥を維持させることが大切になります。

収納する前に目に見えていなくても後からシミとなって、汗や食べ物などが出てきます。

汚れが衣類についているとシミは落ちなくなりますし、虫食いの原因にも繋がります。

収納する前は必ず洗濯をしましょう。

また、乾燥させることでカビを防ぐことができます。

衣類に湿気が残っていますと、カビの原因となってしまいますので、充分に乾燥させておきましょう。

乾燥に役立つアイテムはアイロンで、アイロンをかけると衣類の湿気を飛ばすこともでき、防虫対策にも効果を発揮します。

クリーニングに出した衣類の場合は、2日~3日風通しのいいところで乾燥させてからビニール袋を外して収納しましょう。

ビニールは汚れ防止のものになるので、そのまま置いておくと蒸れてしまいカビの原因になってしまいます。

衣類を長期間収納する場合は防虫剤を使用し、密閉できるケースか圧縮袋が最適です。

また、衣料害虫は洗濯時や外出時に衣類に卵を産みつけるので、ブラッシングも防虫対策のひとつとなります。

You Tube 動画

プロの収納アドバイザーが紹介する洋服のたたみ方

衣替え

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です