八幡東区 東田第一高炉史跡広場に行ってみた!

y1

北九州市八幡東区JRスペースワールド駅すぐのところに「東田第一高炉」の雄姿が鎮座しており、この施設の歴史は・・・
「明治30年(1897)6月、八幡村に「官営製鐵所」が開庁した後、明治34年(1901)2月5日に行われた東田第一高炉への火入れや、同11月18日作業開始式が行われました。現存の東田第一高炉は公称能力900トンを誇る日本最初の超高圧高炉として建設され、昭和37年(1962)8月の火入れから昭和47年1月の吹き卸しまで操業した。」

参考文献:http://www.city.kitakyushu.lg.jp/shimin/02100262.html 
現在では休止しており2020年には小倉地区も操業を休止する予定になっております。
生産拠点の全ては戸畑地区に集約、最新鋭の鋳造設備(ブルーム連続鋳造機)を新設する模様。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東田第一高炉史跡広場まで歩く

まずはスペースワールド駅を出て右側の裏道から・・・

y3
スポーツ総合ショップの「スポーツデポ 」へ向かいます。

y3
SPORTS DEPO 正面

y5
さすがは「アルペングループ」のお店
かなりの買い物客で賑わっていました。
y6
y7
そして東田第一高炉右方向へ・・・

y8
東田第一高炉入口から

y9
そして傍まで来て高炉を見上げたんですけどね、そりゃもうデカくて凄い迫力(笑

y23
ここから内部へと・・・

y10

y11

y12

y13

y14

y15

y16

y17

y18

y19

y20

y21

y22
一通り見学して感じたことは、その当時のまま大切に保管・保存されていることに深く感謝したい。
またその当時交代勤務されていた職工さん皆様に有難う、そしてお疲れ様でしたと言いたい、そんな気持ちになりました。
その当時が偲ばれました。感謝です!

最後に・・・
今回は八幡東区の世界文化遺産(旧本事務所)から東田第一高炉史跡広場まで歩きながらレポしました。
主な感想・・・

世界文化遺産(旧本事務所)は見る(見学)ところが一瞬でおしまい(笑
自分は「東田第一高炉史跡広場」は絶対にお勧めいたします♪

JR小倉駅からミクニワールドスタジアム北九州まで歩いてみた!
八幡東区の世界文化遺産(旧本事務所)で記念スタンプを押してもらった!
九州北部の伝統祭り 「おくんち」 見所

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です