虫歯予防デー 虫歯の原因と歯周病

mushibayobou

スポンサーリンク
スポンサーリンク

6月4日は虫歯予防デー

6月4日は「むし」の語呂合わせで、虫歯予防デーとなっていますが、

6月4日から10日までは、虫歯だけでなく、

歯と口の健康について考える週間になっています。

1958年から、

厚生省(現厚生労働省)、

文部省(現文部科学省)、

日本歯科医師会が実施しています。

2013年から

日本学校医師会も参加しています。

歯と口の病気には、どんなものがありますか?

歯の病気には、

・虫歯(うしょく)

・不正咬合

・多重歯

・埋伏歯など、

いろいろあります。

歯の周囲組織の病気に、

・歯周病

・歯肉炎

・歯周炎

・歯周膿瘍

などがあります。

一般的に問題になるのは、虫歯と歯周病です。

口の中の病気は、

口内炎・ヘルペス・カンジダ・口腔ガンなどです。

虫歯の原因

口の中には

ミュータンス(ストレプトコッカスミュータンス)

という細菌がいます。

この細菌は食物の糖分を養分として増殖し、

ベトベトと歯にくっつくプラーグを作ります。

プラーグとは歯垢のことです。

ミュータンスはプラーグの中で酸を出し、

歯を溶かします。

表面のエナメル質が溶けるだけでは

自覚症状はありません。

象牙質まで溶けると、

冷たい水がしみるようになります。

歯髄まで浸食が進むと、歯髄炎を起こしてしまい、

熱い物までしみるようになり、

ズキンズキンと痛むようになります。

さらに進行すると、

歯を抜いてしまうことにもなります。

プラーグは歯の間や臼歯の凸凹につきやすく、

歯ブラシでも簡単にはとれません。

虫歯を防ぐ方法としては、こ

まめに歯磨きしてプラーグを増やさないことです。

糖分の多い食物はミュータンスを増やします。

歯周病とはいったいどんな病気でしょうか?

歯周病とは歯の周囲の歯肉(歯茎)や

歯を支えている骨に起きる病気です。

歯周病の原因も虫歯と同じようにプラーグです。

プラーグを除去しないでいると、

プラーグの中の細菌が毒素を出して

歯肉を攻撃し、歯肉炎を起こします。

歯肉が赤く腫れますが、痛みもなく、

気づかない人も多いのです。

歯肉炎が進行すると、

プラーグの中の細菌の毒素が歯を支えている骨や

歯根膜まで溶かすようになります。

自覚症状がまったくない場合もありますが、

歯がグラグラ揺れてきて、1本2本と抜けていきます。

50歳以上の日本人の8割が歯周病だと言われます。

でも、歯周病の原因はプラーグなので、

これを取り除くことが予防になります。

軽い歯周病なら食後の歯磨きだけで治る場合もあります。

最近は糖分の多い食物をとるせいか、

20代でも歯周病にかかる人がいます。

気になるいやな口臭も、虫歯や歯周病が原因のこともあります。

虫歯や歯周病で生命を脅かすことってありますか?

虫歯や歯周病は口の中の細菌によって起こります。

この細菌が唾液や呼吸といっしょに肺に侵入すれば、

肺炎など肺疾患を引き起こします。

この歯周病菌は毛細血管から血液中に入り、

心臓や脳の血管中で血栓を作ります。

つまり心筋梗塞や脳梗塞が起こりやすくなります。

また、歯周病菌は、

インシュリンの働きを悪くして糖尿病を悪化させたり、

妊娠中の女性に早産を起こさせたりします。

最近では、歯周病を生活習慣病とすることもあります。

メタボリックシンドロームと関係があるとも言われています。

80-20運動とは?

ハチマルニマル運動といいます。

日本人の平均寿命は、男女合わせて80歳と考え、

「80歳になっても、自分の歯が20本残っているようにしよう」

というものです。

健康の基本は、

食事を正しく、よく噛んで食べることだと言われます。

よく噛んで食べるためには最低でも、

自分の歯が20本必要だそうです。

正しい歯の磨き方

歯と口の健康習慣

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です