紫陽花 花言葉 色の変化・育て方 あじさいの名所 

2

紫陽花の花言葉

花の色が変わるので、

「移り気」とか「浮気」「無情」

になってしまったのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あじさい

6月は、あじさいが綺麗な時期です。

梅雨の時期の風物詩として広く知られていますよね。

なので梅雨といえば、あじさいが思い浮かぶ人も多いんじゃないでしょうか。

そんな、あじさいの花言葉をご存知ですか?

あじさいの花言葉はいくつかあるのですが、

移り気、傲慢、辛抱強い愛情、無情、自慢家、あなたは冷たい。

などなど他にもありますが

ざっと挙げただけでも意外と予想外の花言葉だっかもしれません。

他の花も調べてみるとイメージしてるのとは

違う花言葉だったりして知ってみると意外と面白いかもしれません。

あじさい、色の変化

あじさいは本当に色が変わるの?

あじさいの色は、青、青紫、紫、赤などですが、

植わっている土の質によって花の色がちがいます。

そしてあじさいは土の酸度で花の色が決まるとも言われています。

花の色が違うのは、ピンク色の花になるのはアルカリ性の土だから

3

ブルーの色の花になるのは酸性の土だからとも言われています。

4

白色が咲くのはもともと色素をもっていない品種だからなんです。

しかし、遺伝子によって花の色がちがうという説もあります。

品種や遺伝子によっても異なりますが、

例えば同じ花壇に植えても場所によって土の酸度が違えば花の色が違うことがあります。

紫陽花は、開花してから日が経つにつれて色が変わります。

初めは黄緑色を帯びていますが、土の質や遺伝子により青や赤になります。

もっと日が経つと、青い花も赤く変わります。

赤くなるのは、花の老化なのです。

あじさいは、そもそもどんな花でしょう?

あじさいにはガクアジサイ、ホンアジサイ、西洋アジサイがあります。

花というのは装飾花で、雌シベも雄シベも退化してありません。

花弁に見えるのは萼(がく)なのです。

ホンアジサイと西洋アジサイはほとんどが装飾花です。

ガクアジサイは紫陽花の原種です。

雌シベと雄シベのある小さな花がかたまって咲く周りに

大きな装飾花がいくつか付いています。

花の丈は1~2mで、6月から7月にかけて咲きます。

あじさいにもさまざまな品種がありますから、

自分の好みのものを買って育ててみてはいかがでしょうか。

そうすれば毎年の嫌な梅雨の時期も楽しみに変わるかも知れません。

育てやすい?

あじさいは比較的育て易いので初心者にも向いている花なんです。

なんだか難しそうな印象がありますよね。

ただ小さい鉢植えで育てるには大きくなりすぎてしまうので

ある程度場所が必要だと思います。

庭があるなら庭に植えてもいいですし、

鉢植えならあまり大きくなりすぎない品種のものを買うことをオススメします。

育て方のポイント

直射日光があたる場所は避けて、

やや日の当たる場所がいいかなと思います。

梅雨に咲く花だけあって湿気を好みます。

そして土にあげるように水やりをする。

水やりはなるべく土を乾燥させないぐらいで大丈夫です。

そして剪定は花が落ちきった頃にするといいと思います。

紫陽花は日本全国で咲きますので、あちこちに紫陽花名所があります。

東京の紫陽花の名所はどこ?

1 文京あじさい祭

文京区白山神社の境内から白山公園にかけて、3000本の紫陽花が咲きます。

祭の期間は6月8日から16日までで、富士塚の公開や歯ブラシ供養を行います。

都営地下鉄三田線白山駅か東京メトロ南北線本駒込駅で下車し、歩きます。

 2 府中市郷土の森 あじさいまつり

郷土の森には大正時代の町役場や江戸時代の農家など点在して、

昔懐かしい雰囲気をかもしだしています。

建物を背景に、30種1万本の紫陽花が咲きそろいます。

祭は6月8日から7月7日までです。

武蔵野線府中本町駅か、南武線分倍河原駅で下車します。

3 東京サマーランド あじさい鑑賞

ここの紫陽花はちょっと変わっていて、花の色が純白です。

「アナベルの雪」という品種です。

60品種1万本の純白の花が山の斜面を埋めつくします。

花の鑑賞期間は6月8日から7月13日までです。

五日市線秋川駅で降ります。

関東の紫陽花寺はどこにあるの?

鎌倉の紫陽花寺は特に有名です。

紫陽花が咲く寺は、北鎌倉と長谷にあります。

JR横須賀線北鎌倉駅の周辺には、

明月院をはじめ紫陽花のみごとな寺がいくつかあります。

円覚寺、浄智寺、東慶寺などです。

鎌倉駅で江ノ電に乗り換えて長谷で降ります。

2千本の紫陽花が咲く長谷寺、光則寺、成就院があります。

アジサイ電車はいつから?

神奈川県南西部の箱根を通る箱根登山鉄道沿いはアジサイの花でいっぱいです。

開花時期が山の上ほど遅くなるので、6月の半ばから7月末まで、花を楽しむことができます。

箱根登山鉄道は箱根湯本駅から強羅駅までです。

アジサイの咲く頃の電車が「アジサイ電車」と呼ばれます。

電車の窓にアジサイの花がふれるほど近く咲き乱れます。

昼は1時間に4本、夜は1時間に2~3本運行されます。

夜は沿線の7カ所でライトアップしますので、昼間とはちがう美しさです。

アジサイ電車は、昼夜とも全車自由席ですから、予約は必要ありません。

しかし、特別列車「夜のあじさい号」は全車指定席なので、予約が必要です。

アジサイを見に行こう!どんな服装がいい?

5~6月はアジサイの名所がたくさんありますよね。

アジサイは一年中見れるものじゃない季節ものですからぜひ見に行ってみてはいかがでしょうか。

たくさんの色鮮やかなアジサイに囲まれて梅雨の時期の嫌な気分なんて吹き飛ばしちゃいましょう。

6月は梅雨の時期なのでレインコートは必須だと思います。

そしてこの時期の服装って暑かったり肌寒かったり本当に大変ですよね。

やっぱり6月はアジサイの見頃なので人が大勢いる場所が多いです。

曜日にもよりますが、有名な場所だと人がたくさんいると思います。

なので朝早くから行くのであれば七分丈の上から上着でもいいと思います。

歩き回って暑くなったら脱げますからね。

上着が邪魔なら腰に巻けばそんなに荷物にならなくて楽ですよ。

夜もまだ肌寒い時期ですから、上着着用はまだ必須ですね。

湿気で髪の毛がボサボサになる人は帽子なんかを持っていけばカバー出来ますよ。
レインブーツでおしゃれに♪

アジサイを見に行くと約束してた日に

雨なんて降ってきたらそれだけで気分が下がりますよね。

そんなときはおしゃれなレインブーツを履いて

テンションを上げてみてください。

正直レインブーツっておしゃれなイメージがあんまりない人が多いんじゃないかと思います。

けど今は色んなブランドからもレインブーツは発売されてますし、

おしゃれなのも多いんです。

レインブーツの良いところは長めに出来ているので

歩いていて靴の中に水が入りにくいですよね。

普通の靴で水たまりなんかにはまった日には本当に大変ですからね。

今日はツイてないなぁなんて思ったりもして。

それがないのがレインブーツの良い所かなぁって思います。

気にしないで歩けます。

アジサイみてるときに水たまりなんか気にしてられませんからね。

レインブーツだと洋服に合わない時もありますよね。

やっぱり雨でもおしゃれにはこだわりたい人も多いですよね。

そんな人にはレインパンプスなども発売されています。

普通の靴とほぼ変わらないですし、

とてもおしゃれなのがたくさんありますよ。

ぜひどれかひとつは持っていて損はないと思います。

雨を好きになる、あじさいの効果

雨の日はマイナスイオンの効果でリラックスできるって知ってましたか?

アジサイをみて癒やされて雨の効果でリラックスしてと考えてみたら

なんだか雨でもそこまで気分が落ち込まずにすみますよね。

そしてよくリラックス音楽の自然音なんかに雨の音が使われてますよね。

海のさざ波の音だったり水の音は結構多いですよね。

それだけリラックス効果があるんだと思います。

アジサイは本当に色鮮やかで

ピンクからブルー、ホワイトまで様々な色が綺麗な花ですよね。

そんな中でアジサイと言ったら

ブルーをイメージする人も多いんじゃないでしょうか。

ブルーは気持ちを落ち着けくれる効果があるんです。

そしてホワイトは気持ちを新しくさせてくれます。

色にはそれぞれ様々効果があるので

たくさんの色をみて感性も磨かれ心もスッキリするのもいいですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です