衣替えの時期・コツ・注意点 衣替えの歴史

change-of-dress

衣替え

日本のように四季の変化があると、着る物も季節によって違います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

衣替えの時期は? いつするの?

現代の日本では、衣替えは6月1日と10月1日に行います。

6月1日から、学校や職場の制服が夏服に変わります。

10月1日から冬服になります。

最近はやりのクール・ビズ、ウォーム・ビズも

6月と10月が一般的な目安となります。

しかし、その年の気温や天候によって、ク

ール・ビズは5月半ばから始まることもあります。

同じように、ウォーム・ビズは11月からということもあります。

亜熱帯気候の西南諸島では、衣替えは5月1日と11月1日です。

衣替えの歴史

衣替えは平安時代から始まりました。

最初は「更衣」と言いましたが、

天皇に仕える女性と同じ呼び方なのでまぎらわしく、

「衣替え」と呼ばれるようになりました。

中国の習慣と同様に、

旧暦(太陰暦)の4月1日と10月1日に行いました。

鎌倉時代には、調度類も季節に合わせて替えるようになりました。

江戸時代に入ると、衣替えは公式に四回になります。

旧暦4月1日から5月4日までが

・袷(あわせ—裏地のある着物)、

5月5日から8月末日までが

・帷子(かたびら—裏がない着物、単衣ひとえ)、

9月1日から9月8日までが

・袷

9月9日から翌年3月末日までが

・小袖(こそで—裾や袖口に綿が入った着物、

綿入れわたいれ)と決まっていました。

明治になると、洋服を着るようになり、

衣替えも現在と同じ6月1日と10月1日の年2回になりました。

ただし、和服はもう少し細かくて、

・6月1日から末日までが単衣(裏地なし)、

・7月1日から8月末日までが薄物(絽・紗のようにすけている生地)、

・9月1日から末日が単衣、

・10月1日から翌年5月末日までが袷(裏地つき)

と決まっています。

襦袢(じゅばん)や半襟(はんえり)などの下着は

6月と10月に替えます。

浴衣(ゆかた)は7月1日から8月末日までですが、

6月1日から9月末日までとすることもあります。

衣替えを簡単にするコツは?

衣服を入れたり、出したり、面倒ですね。

引き出し型衣装ケースを活用すると便利です。

衣装ケースは同じ形と大きさの物を買えば、

積み重ねることができます。

衣類は冬物・夏物・春秋物に分けます。

さらにグループに分けます。

たとえば、

冬物なら、セーターやプルオーバー類、カーディガン類、

トレーナー類などとグループ分けして、ケースにしまいます。

ケースの中に仕切りをつけてもいいですね。

衣装ケースにラベルを貼っておけば、何がはいっているかわかります。

これから使う衣類のケースは前に、使わないケースは後ろに置きます。

衣替えはケースを前後に入れ替えるだけで済みます。

衣服をしまっておく時に注意したいこと

衣服が虫に喰われたり、カビが生えたりしたら大変です。

防虫剤や防カビ剤を忘れずに入れるといいですよ。

もちろん、しまう前に洗濯します。

洗濯できないものは陰干ししてからしまいます。

クローゼットには脱臭剤や防臭剤を入れておくと、いやな臭いが防げます。

衣替えは不用品を処分するチャンス

クローゼットや衣装ケースにあふれる衣服を見て、

ウンザリすることってありますよね?

衣替えをする時には、

クローゼットや衣装ケースの衣服を全部取り出して眺めてみます。

一着3秒眺めて、着るか着ないか判断します。

3秒見ても判断がつかない時は、たいてい不要な衣類です。

3年間、一度も着ない衣服は、これからも着ることはありません。

思い切って整理してリサイクルショップや、

フリーマーケットで処分しちゃいましょう、

本当に必要な服を買うこともできます♪

衣替えの由来と食害虫

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です