梅雨の仕組みと天候

傘

スポンサーリンク
スポンサーリンク

梅雨の時期における天候

日本は雨の多い国です。

冬の氷雨、春の春雨、夏の夕立、秋の霖雨と、一年中、

雨が降ります。

おかげで、日本は緑豊かな美しい風景に恵まれています。

毎年、六月から七月にかけて、毎日のように雨が降ります。

この期間を梅雨(ばいう、つゆ)と呼ばれ庶民に親しまれています。

梅雨は日本以外の国でもあるの?

梅雨は日本だけではありません。

中国南部から揚子江(長江)流域にかけての沿岸地帯、

台湾、朝鮮半島南部にも五月から七月に雨季が訪れます。

中国から朝鮮半島、台湾列島・日本列島にかけての地域を東アジアといいます。

東アジアでは、春から夏にかけて中国大陸東部から

日本の東海上に前線が居座るため、

雨季となります。この前線が梅雨前線です。

梅雨の降水量はかなり多いです。

九州では年間降雨量の4分の1、関東・東海地方では5分の1が降ります。

このように大量の雨をもたらすのが、高温多湿なアジア・モンスーンなのです。

雨の降り方は地域によってちがうの?

梅雨の雨は「しとしと降る」「細かい雨」と表現されがちですが、

これは東日本にはあてはまりますが、西日本ではちがいます。

東日本では、しとしとと「小糠雨(こぬかあめ)」が、

いつのまにか身体の芯までしみこむように降ります。

雨の日や曇りの日が毎日続きます。

しかし、西日本では、集中豪雨となることが多いのです。

たった四、五日間に六月・七月2ヵ月間の総雨量の半分が降ることもあります。

中国揚子江流域中部でも大量の雨がまとまって降ることが多いのです。

梅雨と異常気象は関係があるの?

梅雨の始まりを「入梅、梅雨入り」、

梅雨の終わりを「出梅、梅雨明け」と庶民では言われています。

梅雨入りは春の終わりで、梅雨明けは夏の始まりです。

梅雨が明けないまま秋になってしまうことが数年に一度あります。

オホーツク高気圧の勢力が強いために、太平洋高気圧が弱くなってくると、

梅雨前線を北へ押し上げることができず、

いつまでも梅雨が続きます。

やがて梅雨前線は南下し秋雨前線となって、また雨の日が続きます。

梅雨入り・梅雨明けが早まったり遅れたりした年は、

猛暑や冷夏、少雨や豪雨という異常気象が起きやすいのです。

また、降雨量は年によって異なるので、農作業に影響が出たり、

夏の水不足が深刻になったり、さまざまな問題が起きます。

日本には雨季が2度あるの?

日本では、夏の終わりから秋の初めにもう一度雨季があります。

これは、秋雨、秋霖と呼ばれます。ちょうど台風の季節でもあるので、

長雨と豪雨が重なって、洪水や土砂災害をもたらします。

西日本では、梅雨の総雨量より、秋雨と台風の雨量の方が多くなります。

「五月雨」は六月の梅雨に降る雨?

梅雨は旧暦では五月になるので、「五月雨(さみだれ)」といいます。

梅雨の晴れ間が「五月晴れ(さつきばれ)、

雨が降る暗い闇が「五月闇(さつきやみ)」です。

最近では、五月晴れを「さつき」ではなく「ごがつ」と読んで、

「五月の晴天の日」と思っている人が多いようです。

梅雨は、湿度が高いのでカビが生えやすいです。

ですから、黴菌(ばいきん)の黴をとって、梅雨を黴雨(ばいう)ともいいます。

梅雨があるから田植えができます。梅雨は農業には必要不可欠な季節なのです。

ですから、沖縄や台湾では「芒種雨(ぼうしゅうう)」といいます。

ところで、三月末から四月初めにかけても、よく雨が降ります。

これを「菜種梅雨(なたねづゆ)」と呼びます。

梅雨時期 屋内で遊べるキッズスポット

梅雨対策

洗濯物臭い対策

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です