時の記念日由来 時計世界の歴史 江戸時代の時刻制度

クラシック

スポンサーリンク
スポンサーリンク

六月十日は 時の記念日

です

1920年、東京天文台と生活改善同盟が、日本国民に

「欧米人と同じように時間を守り、生活の改善と合理化を図ろう」

と呼びかけて、制定しました。

どうして、こんな記念日を作ったのでしょうね?

時の記念日の由来

天智天皇の御世、

西暦(グレゴリオ暦)671年6月10日、

「漏刻(漏剋ろうこく・水時計)」を使って、

初めて時を知らせる鐘を打ちました。

その日にちなんで、時の記念日の由来になり、

六月十日を時の記念日になりました。

記念日といっても祝日ではない謎の記念日です。

日本国内で、

1920年大正9年に生活改善同盟会が提唱し定めましたが、

元は「生活改善・合理化を推進する」ことを目的としていました。

6月10日に設定した理由は、

日本書紀に日本初の時計「漏刻時計(水時計)」が

鐘鼓を打ったという記載が西暦671年4月25日にあり、

現代の太陽暦でみると、6月10日にあたることから設定しました。

戦後、

当時の東京時計組合による「時計感謝祭」

という名の古時計供養が東京・神田明神

などで行われていました。

時計感謝祭は古時計を供養する行事で6月10日に焚きあげていました。

また、時間への認識を新たにし、

時間を大切にするために設けられた記念日になります。

時計 世界の歴史

時計の歴史は驚くほど古いのです。

紀元前2000年には、

太陽によって出来る影の位置から時刻を知る

「日時計」が発明されました。

紀元前1400年~紀元前700年には、エジプトや中国で、

火縄やローソク、線香などを燃やして時間を計る「燃焼時計」、

砂や水を小さな穴から落として時間経過を見る

「砂時計」「水時計」が考え出されています。

1583年にはガリレオ・ガリレイが振り子の原理を発見し、

1657年にはクリスティアン・ホイヘンスが振り子時計を作りました。

18世紀にアブラハム・ルイ・ブルゲという天才が現れて、

時計は飛躍的に進歩しました。

ブルゲはルイ16世やマリー・アントワネット、

ジョージ3世のために時計を作りました。

ブルゲの発明は現代の機械時計にも使われています。

昔の日本人は、どうやって時刻を知ったの?

 日本では、「時の鐘」をついて、人々に時刻を知らせました。

「暮れ六つ」を知らせるには、まず3回捨て鐘をついてから、

6回鐘を鳴らしました。

水時計や日時計、燃焼時計が使われてきましたが、

16世紀半ばに、

ポルトガルのキリスト教宣教師が機械時計を紹介しました。

これで、日本人も正確な時刻を計れるようになりました。

江戸時代の時刻制度

その昔 江戸時代以前まで日本人は

「不定時法」と「定時法」の両方を使いました。

両方とも一日を十二等分します。

十二等分した間を一刻(いっとき)といいます。

不定時法では、日の出と日の入りが基本です。

日の出が「明け六つ」、

日の入りが「暮れ六つ」、

その間を六等分します。

春分・秋分の日は、昼と夜の長さが同じですから、

一刻は二時間です。

でも、夏至の頃は、昼が長く、夜は短くなります。

昼の一刻は二時間以上、夜の一刻は二時間ありません。

冬至の頃は夜が長くなるから、

夜の一刻は二時間より長くなります。

「秋の夜長」「夏の短夜」という言葉の意味がよくわかります。

一刻(いっとき)は平均二時間ですから、

半刻(はんとき)が約一時間、

四半刻(しはんとき)は約三十分です。

時刻の表し方も複雑でした。

明け六つが午前六時頃、

五つが午前八時、

四つが午前十時、

九つが正午です。

それから、

八つで午後二時頃、七つが午後四時、そして暮れ六つ、午後六時となります。

「お江戸日本橋 七つ立ち」とは、

午前四時頃に日本橋を出発することでした。

 定時法では、

一日を子・丑・寅・卯・竜・巳・午・未・申・酉・戌・亥に分け、

さらにその間を

「上・中・下」あるいは

「一ツ・二ツ・三ツ・四ツ」と分けます。

「草木も眠る丑三ツ時」は午前二時から二時半の間を指します。

 不定時法にしろ、定時法にしろ、

江戸時代までの日本人は時刻にあいまいでした。

「何時何分何秒」という感覚はありません。

だから、「欧米人と同じように、時間をきっちり守る」ように、

「時の記念日」が定められました。

今でも燃焼時計が使われているの?

芸者さんや舞妓さんのいる花柳界では、

料金を「花代」とか「線香代」とかいいます。

「お線香一本燃えて、いくら」というように、

時給を決めていた名残りです。

6月に祝日がない理由とは?

8月に「山の日」ができ、

とうとう祝日がないのが6月だけになってしまいました。

6月に祝日が無い理由は、天皇家由来の節目の日もなく、

国民生活も農繁期で晴れの行事がなかった事が影響しています。

一部では「時の記念日」や「父の日」などの

休日化を目指す動きもありますが、

過労死弁護団全国連絡会議は労働者の過労死が6月に多く、

2001年に祝日のない6月に新設することを申し入れましたが、

日本は諸外国より休日が多いことや

祝日とする記念日がないという理由により

祝日の制定に否定的な意見がありました。

2013年の素案では山の日を6月に設定し

6月に祝日をつくる予定でしたが、

山に残雪があることや、5月に大型連休があることから

6月への設定は却下されました。

現在、

「時の記念日」を祝日にしようと動いている自治体もありますが、

山の日が設定されたことにより、

祝日化には時間がかかると思われます。

子供と一緒に時間の大切さを考えよう!

平日の記念日、保育士などの職についている人は、

子供への説明のし方で困ると思います。

ですが、子供へ由来を説明しなくてもいいのです。

ただ時間の大切さについて話し合ってみたり、

時計について教えましょう。

まず、時間の大切さは朝起きる時間や寝る時間、

食事の時間、登園の時間など、毎日の行動時間を考えてみましょう。

次に、時間が分からなくなったらどうなるかを教えましょう。

出かける時間や約束の時間が分からなくなったらどうなるのか、

どうして時間が大切なのかを教えましょう。

最後に時計にはどんな針があって、数字がいくつあるのか、

園や家には全部で何個の時計があるのかを知り、

紙皿や紙パックで時計の製作をしてもいいかもしれませんね♪

時の記念日とは

明石市 時のウイーク祭り

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です