家に乱入してくる「なまはげ」とは? 発祥や起源について

nama-hage2

スポンサーリンク
スポンサーリンク

秋田の名物「なまはげ」

なまはげといえば秋田の名物としても有名な民俗行事です。

大晦日になまはげに会えるイメージがありますが

実は小正月の行事として成り立っていました。

それが、現在では大晦日に行われている。

そんな不思議ななまはげについて

少し詳しく見ていきたいと思います。

なまはげとは?

なまはげといえばなんとも奇妙な格好をした

鬼のような装いのことを指していますが、

これは基本的に行事のことを指している言葉なのです。

現在のなまはげが悪い子を探し歩いているといったものがあります。

これは、山の神さまの使いとして町に降りてきたなまはげが

悪をはらい吉をもたらすと言われているからです。

更に実は秋田の名物というわけではなく、

元々は日本全国で行われていた

日本の民俗行事の1つだったのです。

なまはげの姿は出刃包丁を片手に持ち鬼の面をつけた男です。

身にまとっているものはケラミノ、ハバキ簡素に作られております。

そんななまはげの姿に扮した男性が村の家に乱入して、

そして子どもや初嫁、そして怠け者を探して暴れます。

その際になまはげが発する言葉は「悪い子はいねがー」

「泣ぐコはいねがー」というのは有名ですよね。

そんな暴れにくるなまはげを家の人々は

正装しきちんと出迎えなければなりません。

そして、家の主人は今年起こしてしまった問題や

悪事などをなまはげに話した後、

お酒を振る舞い送り返すとされています。



なまはげの発祥や起源

実際の発祥や起源などはわかっていません。

妖怪のような存在であるため実際の事はわかっていないのです。

しかし秋田県に伝わる話では、中国がまだ漢だった時に

武帝が男鹿(秋田の村)に訪れ、5匹の鬼を連れていました。

その鬼たちは正月の15日たけは自由に動くことが出来、

村を荒らして歩いていたっという話があります。

現在ではこれがなまはげの起源だと考えられています。

因みに、1月15日のことを小正月といいます。

元々正月のイベントであった理由はこの伝説から来ている事が

わかるのではないでしょうか?

また、別の説にはなまはげと鬼は全く関係のない

神の使いとされていたのですが、

時代が進むに連れて容姿が似ていることからか、

鬼の一種として扱われるようになったという話もあります。

同じような風習

日本には、なまはげのような風習が沢山あります。

同じ秋田県でも地域によって名称は変わり「やまはげ」になったり

「なごめはぎ」と呼ばれていたりします。

また、山形県の一部では「あまはげ」と呼ばれたり新潟県や

石川県では「あまめはぎ」と呼んでいます。

他にも呼び方はだいぶ変わりますが福井県では「あっぽっしゃ」、

岩手県では「吉浜のすねか」と呼びます。

この地域を見ても分かるように東北の地方で広まっている風習です。

しかし、一部例外があります。

それは愛媛県宇和島です。

その理由は江戸時代当時東北から藩主が愛媛に移動したことです。

因みにこの地方での呼び方は「あまぶらこさぎ」という呼び方です。

まとめ

今でも年末は話題になっているなまはげですが、

これほど正確に形を残している伝統行事は少ないと思います。

なまはげを利用し子供に悪いことをさせないようにしていますよね。

そう言ったように子供に恐怖体験をさせることによって

その意欲をなくさせるということですね。

ちょっと変わったように現在は使われていますが、

それでも確かに残されている伝統行事ということで

見たことのない方は是非見に行ってはどうでしょう?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です