佐賀インターナショナルバルーンフェスタの競技内容と日程

アジア最大級のバルーンフェスタ

balloon

アジアの中でも最大級と言われる

「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」。

なんと世界各国の人々が参加し、

100以上の気球が上がるバルーンフェスタが

なんと日本の佐賀県で行われるのです。

毎年、10月~11月に行われるこのバルーンフェスタなのですが、

一体どのくらいの規模なのか見ていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

佐賀インターナショナルバルーンフェスタ

毎年20カ国から100機以上の熱気球が飛ばされますが、

そのうち競技用のものは大体80機程度だと予測されています。

更に、その80機の内の50機程は海外のものであることを考えると確かに、

このバルーンフェスタはいかに有名なのがわかります。

更に競技用とは別にイベントのみに参加する機体が40個前後もあるのです。

その競技用の気球なのですが、

その中で「熱気球世界選手権」を2回

「熱気球日本選手権」を20回以上行っています。

更に、この熱気球と同時におこなわれる唐津くんちを上まっており、

またライブ、コンサートといったイベントも行われます。

来客人数が滋賀県の年間観光客の1/4を占めるほどの注目度であり、

競技が7時からにも関わらず、

まだ始まっていない時間から高速が混み始めたりしてしまいます。

2016年 インターナショナルバルーンフェスタ

2016年の佐賀熱気球世界選手権 

インターナショナルバルーンフェスタ

日程
pink

2016年10月28日~11月6日 10日間開催されます。

主催
2016佐賀熱気球世界選手権組織委員会
(一般財団法人日本航空協会、日本気球連盟、佐賀県、佐賀市、佐賀バルーンフェスタ組織委員会 ほか)

実施主体
2016佐賀熱気球世界選手権実行委員会

公認
国際航空連盟(FAI)、国際気球委員会(CIA)
※「2016熱気球ホンダグランプリ」については、熱気球グランプリ運営機構(Air-B)
競技参加チーム数

FAI加盟各国からの100選手に加え、
・第21回FAI熱気球世界選手権(ブラジル・リオクラロ開催) 1位〜3位選手
・第2回FAIジュニア熱気球世界選手権(フランス・ビシー開催) 1位選手
・第1回FAI女性熱気球世界選手権(ポーランド・レシュノ開催) 1位選手
合計105名(機)の参加予定
※その他、熱気球ホンダグランプリ・フェスタ・ファンタジア・オフィシャル含め総計150機参加予定

http://www.sibf.jp/2016worlds/

競技内容

様々な競技が競われる中、

必ず決まっているのが熱気球のパイロットが50時間以上

飛んでいることが出来るかどうかにあります。

その条件をクリアした機体が以下の公式競技に出場可能となるのです。

 

■パシュフィック・カップ

この大会の総合成績を競っていきます。

その中でも1位を獲得した人には優勝杯が授与されるのです。

因みに世界選手権を行った年にはこれを

「フェスタ部門」として行っていました。

 

■熱気球日本選手権

その名の通りその年の日本の1位を決めるものです。

これに優勝もしくは2位になると来年、

もしくは再来年の熱気球世界大戦に出場可能となります。

この選手権はほぼ毎年行われています。

 

■熱気球ホンダグランプリ第4戦

昔から名称がコロコロ変わって、

「熱気球日本グランプリ」から「熱気球ホンダグランプリ」、

「熱気球ジャパンホンダグランプリ」「熱気球ホンダグランプリ」、

と名前が変わっていきました。

しかし初めて行われたときから最終戦として、

近年では第4戦として開催しています。

因みに、2001年の際にルクセンブルクでの大会が中止になったことから、

「熱気球ワールドホンダグランプリ」が開催されました。

■SAGAバルーンマスターズカップ

フェスタ部門に出場するパイロットで

50歳以上の方のみで行われている競技です。

2003年から開催されています。

 

■キー・クラブ・レース

会場を中心に鍵が吊るされたポールに

気球を低空飛行させながら近づき、

鍵を取るゲームです。

この鍵を取ると本田技研工業から商品、

もしくは賞金が頂けます。

最終日の最後に行われる競技としてスペシャルタクスとして行われます。

日程

2015年の佐賀インターナショナルバルーンフェスタは

10月29日~11月4日まで行われます。

この内見せ場でもある競技飛行が行われるのは

10月30日~11月3日になります。

29日は前夜祭になります。

18時から行われるのは

「2015サガ・ライトファンタジーオープニングイベント」です。

30日からは朝7時から競技が始まるので、お見逃しなく。

▲開催場所は
佐賀市嘉瀬川河川敷です。

時間があるかたや、
少しでも興味が湧いた方はぜひ行ってみてはいかがでしょうか?

まとめ

11月に行われる熱気球日本選手権の開催場所でも

有名佐賀インターナショナルバルーンフェスタですが、

興味のない人は知らない人が多いでしょうが、

少し寒い11月の朝に気球が登っていく姿は

まさに幻想的としか言いようがありません♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です