子供の行事 七五三はいつ行うの? 年齢の意味・理由

子供の成長を見守る「七五三」

七五三と言えば、5歳の男の子と3歳・7歳の女の子の成長を祝う行事です。

小さな着物を来て可愛らしい子供達が11月になると神社に向かっていますね。

そんな子供達を見るとなんだか、心が暖かくなるような気持ちになります。

しかし、

七五三はいつ行うの?

なぜこの年齢で決められているの?

そんな不思議に迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

七五三はいつ行うの?

現在では11月15日に行われる七五三ですが

元々は旧暦の11月15日、つまり12月頃に行われる行事でした。

11月というのは

10月の収穫祭を終えたことを神様に感謝する月であり、

15日は満月が昇る日だからだと言われています。

その、収穫の感謝と子供の成長を感謝し

これからも元気でいられるようにと思いを込めてお祈りしていたようです。

因みに江戸時代に5代目徳川将軍の

長男の成長を祝うために作られた行事だそうです。

そのため、昔ながらの数え年を見て七五三を行います。

はじめは関東地方のみの行事だったのですが、

京都・大阪でも七五三が広まり全国に広まっていきました。

旧暦から現在のように新暦を使うようになった

明治時代で新暦の11月15日に行なうようになりました。

現在では、11月15日が平日だった場合などは、

11月の休みの日にお参りに行く方が増えています。

因みに北海道など寒い地域では

11月では既に寒すぎることから

10月の15日前後に行なう事が多いそうです。

ですので11月15日だけが参拝日ではなく、

大安などの吉日に合わせる方や混雑を避けるために

10月など空いてる時期に行う方もいます。

また、七五三の時期が近づいてきますと

写真館・美容室のセット&着付け・貸衣装レンタルなどの

予約が集中してしまい、混雑が予想されます。

混雑を避けるために、かなり早いうちに予約を済ませておきましょう。

また、

日程をずらして別の季節(春など)に写真館による前撮りキャンペーンに合わせて

・貸衣装レンタル・美容室・セット着付け写真撮影(アルバム)

など行う方もいます。

要するに、七五三はいつ行っても決まりはないという事です。

2016年 おすすめの日
line-pink

おすすめの日は、平日の吉日です。

土日曜日・祝祭日は吉日ではなくても混雑します。

10月のおすすめ日(平日の吉日)

3日 月曜日・大安

6日 木曜日・友引

11日 火曜日・先勝

12日 水曜日・友引

17日 月曜日・先勝

18日 火曜日・友引

21日 金曜日・大安

24日 月曜日・友引

27日 木曜日・大安

11月のおすすめ日(平日の吉日)

1日 火曜日・大安

3日 木曜日・先勝

4日 金曜日・友引

7日 月曜日・大安

9日 水曜日・先勝

10日 木曜日・友引

15日 火曜日・先勝

16日 水曜日・友引

21日 月曜日・先勝

22日 火曜日・友引

25日 金曜日・大安

28日 月曜日・友引

29日 火曜日・大安

六曜日の良と不の識別順

良の順 不の順
➊ 大安 ➊ 仏滅
➋ 友引 ➋ 赤口
➌ 先勝 ➌ 先負

年齢に関する意味

男の子は5歳の時に女の子は3歳と7歳の時に。

この歳の数にはきちんと意味があります。

現在ではどの年齢も同じように

お参りに行く行事のようになっていますが、

年齢ごとに行われる行事も異なります。

 

▲ 3歳「髪置きの儀」

七五三の発祥である江戸時代では

3歳までは髪の毛を全て剃る習慣がありました。

その髪を剃る事を終了する儀式です。

因みに、現在は女の子の年齢となっていますが、

男の子が行なうこともあるそうです。

▲ 5歳「袴儀」

男の子が袴を着始める儀式です。

 

▲ 7歳「帯解きの儀」

女の子の帯は7歳までは紐を使った着物を使っていました。

それが、この儀式によって

大人と同じように幅の広い帯を使うようになるのです。

2016年「七五三」年齢別
line-pink

 年齢別早見表
年齢 満年齢 数え年齢
7歳 2009年(H21年) 2010年(H22年)
5歳 2011年(H23年) 2012年(H24年)
3歳 2013年(H25年) 2014年(H26)

満年齢や数え年のどちらを選んだらいいの?

特に決まりはありませんので、ご都合に合わせる

のがベストです。

千歳飴

chitose

七五三を行なう上で忘れては行けないのが千歳飴です。

千歳飴は、子供の長寿を願うために細長く作られています。

材料は水飴と砂糖のみで作るのが基本的なものであり、

その飴に空気を含ませるために引き伸ばしながら

折り返し飴全体を白く変えていきます。

基本的には赤と白の2色が作られています。

これは、この2色が演技が良いとしてされているからです。

伝統的な千歳飴であれば、千歳飴を作った後神社に行き、

お祓いをしてもらってからお店に並べるものだそうです。

因みに、この千歳飴も江戸時代当時からあり、

浅草の飴売りが売っていた事から始まったそうです。

まとめ

現在では可愛らしい着物を子供に着せ写真を撮ってもらい

神社に行くのが一般的な七五三の習慣になりつつあります。

しかし、まだ洋服を着ていない時代では

それぞれきちんとした意味があったのを

理解できたのではないでしょうか?

因みに、七五三の意味でもう一つ伝わっている話があり、

3歳は言葉を、5歳は知恵を、7歳は歯を

与えられるからという意味もあるそうです。

日本の伝統的な行事はどれも奥深いものがありますが、

これほど元の意味から離れていった行事は

少ないのではないでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です