トパーズの種類と効果・効能・宝石言葉・11月の誕生石

stone11

11月の誕生石「トパーズ」「シリトン」
line-pink

11月の誕生石といえば「トパーズ」が有名ですね。

トパーズで面白いことはやはり様々な色に変化すること。

いろいろな色の中でも私達が

一般的に知られているのは黄色だと思います。

しかしそれは、比較的黄色のものが多いというだけで、

黄色い宝石になるということではありません。

今回は、同じく11月の誕生石である

「シリトン」と一緒に説明していきたいとおもいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トパーズの種類と効果・効能・宝石言葉

トパーズはフッ素やアルミニウムの量や加熱、

放射線によって色の変わる宝石です。

一般的な黄色っぽい色をした

imperial

「インペリアルトパーズ」がよく見られるものです。

他にもピンク色をしたものや茶色のもの、

緑のものからダイヤのような無色のものまであります。

その内のブルートパーズは

天然で見つけることはとても難しく、

現在市場に出回っているものですと、

無色のものに放射線を当てて作り上げたものです。

まれに天然のものを見る事があるのですが、

深い蒼い色になることがなくライトブルーの色へと変わります。

トパーズの宝石言葉

「知性、学問、直感、喜び、社交性、人間関係、繁栄、感情的、すれちがい」

というように外交的な言葉が印象的だと思います。

それは、トパーズのイメージが黄色い宝石であることが関係しています。

そのため、人間関係や社交性に強くしてくれると言われています。

学問・教養を高め、ネガティブな負の連鎖から解放されます。

またそこのことから、トパーズを用いるのに効果的な病状には、

一般的な「風邪」や「心筋」の中に

「うつ」や「極度の疲労」「不眠」が混じっています。

トパーズ語源・意味

トパーズの語源はギリシャ語の「探し始める」という意味の

「トバゾス」という言葉が濁ってトパーズになったと言われています。

他にも、原産地であるザバルガート島が当時は紅海の島と呼ばれて

サンスクリット語で「火」という言葉「Topaz」からとっているとも言われています。

この島は霧がとても深く、トパーズを探すのにも一苦労でした。

因みに、まだ石の鑑定がきちんと行われていなかった時、

トパーズはペリドットと同様のものと扱われていました。

トパーズは日本でも取ることが出来ました。

しかし、トパーズが宝石と区別されることは

鉱石学が伝わるまではなかったといいます。

そのため、その価値も分からない上に

少し固い宝石だったため細工が難しかったのですが、ある時、

石を売った所とても高値で売れたことから、

その宝石がトパーズだということを知りました。

因みに、トパーズの和名は「黄玉」といいます。

シリトン語源・効果・効能

citrine

トパーズ同様黄色い色をしたシリトンは

「太陽のエネルギーを持つ」と言われています。

太陽のエネルギーを所持していることからヒーリングの力が

他の宝石に比べて優れていると言われています。

そのため、心身のバランスを安定させストレスを和らげてくれます。

語源として上げられるものにラテン語でレモン「シトラス」から

由来していると言われていたり、柑橘系の「シトエン」という果物が

黄色の色をしていたことから

シトリンと呼ばれるようになったとも言われています。

シトリンは昔から商売繁盛の宝石として愛されてきた宝石でした。

黄色い色が財力や富をもたらす宝石として慕われていたのです。

シトリンの宝石言葉は太陽のエネルギーを持つ宝石としても

納得できる「輝き」「生命力」などの言葉があります。

まとめ

黄色い色の宝石が印象的な11月の守護石。

上で述べたように最初は宝石商による策略により作られた誕生石ですが、

こうやって宝石自体を見てみるとその宝石の意味や

歴史に近づくのはなんだか面白いものがあると思います。

普段、宝石を身につけない人でも1つもっているだけで

元気になれるかもしれませんし、

試しに持ってみるのもいいかもしれません♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です