歌舞伎 顔見世とは? 顔見世の歴史・役割と期間

スポンサーリンク
スポンサーリンク

歌舞伎の重要行事「顔見世」

顔見世とは歌舞伎の中でもかなり重要と言われる行事の一つです。

歌舞伎では、1年に1回役者を交代することが多いのですが、

その顔見せを行なうのが「顔見世」というわけです。

この顔見世は毎年11月に行われるのですが

一体何故11月なのか気になりますよね。

歌舞伎といえば日本の伝統文化。

そんな歌舞伎の一大行事である「顔見世」について

調べていきたいと思います。

顔見世とは?

上記でも述べたように顔見せとはお客様に新規で執り行う

役者たちを見せるために行われる最初の興行のことを指しています。

江戸時代当時では11月を始めとし10月を終わりとする

歌舞伎役者の1年契約が一般的でした。

そのため、当時の歌舞伎役者は11月にガラッと変わることもあり、

その変わった役者を紹介するために行われたのが顔見世だったそうです。

現在でも顔見世は大変重要視されており、

11月や12月に行われる所が一般的であり、

12月に行われる京都南座の顔見世は日本で一番歴史あることで有名です。

そのため京都では年末の風物詩としても街の人に認識されているようです。

因みに、顔見世では「まねき」という役者の名前を書いた看板が

劇場前に飾られるのが一般的ですが歌舞伎座では飾られていません。

顔見世の歴史

顔見世の起源は、はっきりとはわかっていません。

しかし記録にわかっていることは、

村山又兵衛から初代嵐三右衛門に繋がり1年の興行や期間、

そして式例を決め、中村勘三郎が江戸でその万治年間に

季節にあった呼び方を決めたそうです。

こうすることで、京都、江戸、大阪にて

歌舞伎の年間行事に顔見世が確立していきました。

しかし、正月に顔見世を行っていた時期もありました。

それは嘉永2年の頃、4代目中村歌右衛門の時、

江戸市村座が苦境であったため

役者交代を翌春(旧暦の正月)にのばしたからだそうです。

それと同様に大阪でも顔見世による集客はなかなか難しくなってきました。

そのため、大阪の顔見世は嘉永に入る前から失われており、

その代わり「てうち」という行事を12月に行っていたそうです。

しかし、それも幕末当時になくなってしまいました。

その後は試行錯誤をしながら顔見世として興行してきましたが、

既に伝統を語れるものではなくなっていたそうです。

顔見世の流れ

顔見世は江戸の3幹部が集まり役者の割り振りを決めていたそうです。

それを9月には決定し9月12日に「世界定め」

という顔見世の役者を定める四季を行います。

その後10月17日には「寄初」という新しい一座の顔合わせをすると、

劇場前に全員で集まり手打ちを行い、

その後演目の発表などがあり宴を行った後、再び手打ちを行って終了となります。

そして、11月1日に顔見世興行の初日となるのです。

この興行は正月のように盛り上がりを見せ関係者たちは

「おめでたう」と挨拶するそうです。

朝4時に始まる顔見世興行は2度の太鼓の音と

「翁渡し」を舞うことでスタートしていたそうです。

必ず新作を演じなければならないなどの決まりが幾つかあったのですが、

その決まりはきちんと守られていたそうです。

2016年 の顔見世 スケジュールとチケット

中村橋之助改め 八代目 中村芝翫 襲名披露
中村国生改め 四代目中村橋之助
中村宗生改め 三代目中村福之助 襲名披露
中村宜生改め 四代目中村歌之助

芸術祭十月大歌舞伎
平成28年10月2日(日)~26日(水)
昼の部 午前11時~
夜の部 午後4時30分~
【貸切】22日(土)夜の部 ※幕見席は営業

9月12日(月)チケット発売予定
料金税込
1等席 19,000円
2等席 15,000円
3階A席 6,000円
3階B席 4,000円
1階桟敷席 21,000円

八代目芝翫襲名披露「お練り」、
親子四人でご挨拶
29日、八代目中村芝翫襲名披露「お練り」のお知らせ
歌舞伎座「イベント託児サービス」10月分受付は9月1日から
「八代目中村芝翫襲名を祝う会」で親子四人が見せた襲名への思い
橋之助、八代目中村芝翫襲名披露を発表

チラシ裏面

【TV】9日(金)NHK総合 橋之助出演「あさイチ」

※観劇マナーについて

9月12日(月)10:00よりWeb・電話受付開始!

チケットWeb松竹 24時間受付

※チケットWeb松竹 携帯版はこちら http://www.ticket-web-shochiku.com/
※パソコン、スマートフォン、携帯より24時間受付。販売初日は10:00~
※チケットWeb松竹についてのお問い合わせ 03-3545-2200(10:00~18:00)

チケットWeb松竹 24時間受付

ナビダイヤル 0570-000-489

※このナビダイヤルは、通話料が発生します。
※東日本からの発信の場合は東京着信、西日本からの発信の場合は大阪着信します。

または 東京:03-6745-0888 大阪:06-6530-0333

※窓口販売・お引取りは、9月14日(水)10:00~
※窓口販売用別枠でのお取置きはございません。
※チケットホン松竹では当日券はご予約いただけません。

※電話番号をよくお確かめのうえ、ゆっくりとおかけください。
※電話機の「リダイヤル機能」は使用しないでください。
「リダイヤル機能」を繰り返し使用することで、違う番号につながる場合があります。
必ず1回ごとに正確にダイヤルしていただくようお願いいたします。
※「0570」の「0」を省略したり、市外局番違いによる間違い電話のケースもあります。
必ず、すべての番号をダイヤルしてください。
※電話番号のおかけ間違いには充分ご注意ください。

▼団体観劇(30名様以上)のお申込み、お問い合わせ
歌舞伎座 販売課
03-3545-6855(10:00~18:00)
http://www.kabuki-bito.jp/theaters/other/play/501

まとめ

現在では顔見世と言っても、

それを見ようとする若い人はあまり見かけなくなりました。

時代の流れなのかもしれませんが、悲しいことだと思います。

京都ので行われる顔見世も12月に行うようになっているのも、

歌舞伎があまり認知されなくなったからかもしれませんね。

難しくてよくわからないという人が多いかもしれませんが、

試しに行ってみてはいかがでしょうか。

日本の伝統的な文化を枯らさないように少しでも

歌舞伎に興味を持ってくれる人が増えるといいですね♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です