酉の市とは 由来・起源・三の酉の意味

スポンサーリンク
スポンサーリンク

毎年11月に訪れる「酉の市」

11月の酉の日に行われる市場です。

酉の日というのは昔の暦の読み方の1つであり、

月に酉の日が来るのは大体2回でありまれに3回訪れます。

そんな酉の日に市場が行われるのですが、

一体なんのために行われるのか見ていきたいと思います。

酉の市とは

主に関東地方に沢山有している鷲神社や酉の寺のように

鳥や鷲にちなんで建てられた神社やお寺で「酉の市」は行われます。

また、元々は関東地方が主流であった酉の市なのですが、

今では大阪にある大鳥大社や愛知の稲園山七寺などでも

市場が開かれています。

沢山の露天が並びかなり盛り上がりを見せてくれるこの市場は

年末の風物詩としても有名です。

因みに関東で有名な「鷲神社」では商売繁盛や開運の神を信仰している上に

この神社では「酉の日精進」の信仰が広まっているので

12月の初酉の日には「大酉祭」が行われます。

更に、鷲神社の中でも大鷲神社は江戸時代当時からの

酉の日のメインの神社として大変盛んに行われていました。

東京都足立区にあるこの大鷲神社は当時「本酉」と言われておりました。

更に、現在日本一の酉の市と呼ばれる鷲神社を酉の寺、

長国寺と一緒に「新酉」、千住にある勝専寺を「中酉」と呼んでおり、

江戸時代当時はこの3つの酉の市が盛大に賑わい行われておました。

更に幕末には巣鴨や雑司ヶ谷でも酉の市が開催されるようになったのです。

しかし、明治時代になると千住と勝専寺の酉の市は閉鎖されてしまったようです。

現在最も有名な浅草の鷲神社、酉の寺、長国寺の酉の市は昔は東側に

新吉原が存在し、酉の日には吉原が開放されたと言われています。

因みに、ここの酉の市の規模は日本で一番の広さを誇っています。

酉の市の起源

神道の世界では大酉祭の日に初めて行われた市を酉の市と呼んでいます。

その初めて行った理由として、

お祭りの神様である日本武尊が勝利祈願に鷲宮神社で勝利祈願を行い、

その後大鷲神社に祝勝の花畑を大鷲神社で行った事がきっかけだそうです。

そして、その日本武尊の亡くなった日がたまたま酉の日であったことから、

酉の市が酉の日に行われるようになったそうです。

しかし、元々この酉の市は農民による収穫祭だと言われています。

そして、この収穫祭で生きている鶏を鷲大明神に供え、弔いとして渡したのです。

江戸時代になると綾瀬川が近くにあったので、見に来る人も増えてきました。

人が集まるようになると社前にも関わらず賭博を始めるようになってしまいました。

もちろん禁止令が出たのですが、その分元にあった賑は薄れてしまいました。

その後その元々あった賑は浅草で行われるようになり、

更に浅草の鷲大明神の隣には吉原があったことから再び盛り上がるようになり、

今の酉の市があるのだと言われています。

三の酉の意味

毎月2回から3回やってくる酉の日は、

始めに来る酉の日を「一の酉」次は「二の酉」そして最後が「三の酉」と呼ばれます。

因みに、三の酉がある年は火事が多いと一部では言われていたそうです。

そのため、三の酉がある年はより一層気を付けて生活していました。

また、三の酉がある年の熊手は火の用心のようなシールを貼っています。

他にこの家事の話は浅草の酉の市の隣に吉原があったため、

旦那が酉の市の度にそちらに行く事を嫁が怒るため、

三の酉は火事が多いと言われがあります。

因みに、決して三の酉が珍しいというわけではありません。

単純計算でも2ヶ月に1回は来ます。

2016年 酉の市

・新宿花園神社

一の酉・二の酉 日程

・浅草鳳神社

一の酉・二の酉 日程

・練馬大鳥神社

11/11(金)と11/23(水)
の2日間の開催が行われます。
練馬大鳥神社公式サイト

・横浜 金刀比羅大鷲神社

一の酉・二の酉 日程

まとめ

毎年盛大に行われている酉の市でしたがあまり起源や

いつやっているのか知っている人はそんなに多くないですよね。

大きな熊手が印象的な酉の市ですが熊手以外の露天も沢山あるので

興味がない人にとっても楽しめるものの一つなのではないでしょうか?

2015年の酉の日は3回あり、5日、17日、29日となっています。

開催日時や時間などは

お近くの神社などで聞くか確認するかしておきましょう♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です