文化の日 由来や目的 文化の日に行きたいおすすめスポット

国民の休日「文化の日」

11月3日は文化の日です。

今では殆どの休日が月曜になっている日本の休日ですが

文化の日は現在でも固定された日となっています。

しかし、文化の日というのは何のために作られたんでしょうかね?

一体どのような目的があったのかみていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

文化の日の由来や目的

文化の日の趣旨は

「自由と平和を愛し、文化をすすめる」

ということだそうです。

これは 国民の祝日に関する法律の第2条に記載されており

日本の平和と文化を尊重するために1946年に公布された法律だそうです。

因みに、この文化の日とペアになっているのが、

その半年後の5月3日の憲法記念日です。

更に、この日は明治天皇の誕生日でもあったので

戦争前は明治節と呼ばれていました。

そんなこともあり、

文化の日である11月3日は文化の日が出来る前から

祝日として認識されていました。

因みにこの日に行われる行事として

「皇居で文化勲章の授賞式」があります。

また、文化庁にる芸術祭が開催されます。

他にも、美術館や博物館の入場呂が無料になる所が多いようです。

また、この日は晴天になる確率が高く「晴れの特異日」でもあります。

文化の日に行きたいおすすめスポット

文化の日だからこそ入場料が

割引されていたり無料になっていたりします。

そんな見どころの施設を紹介していきたいと思います。

 

■ 東京都上野「国立西洋美術館」
line-pink

bijyutukan

http://www.nikkei.com/article/DGXZZO04976280Z10C16A7000000/

2016年7月、世界文化遺産の登録が決まりました。

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第40回世界遺産委員会は17日、東京・上野の国立西洋美術館を含む「ル・コルビュジエの建築作品」の世界文化遺産への登録を決めた。日本の世界遺産としては20件目となる。

http://www.nikkei.com/article/DGXZZO04976280Z10C16A7000000/

入場料が文化の日に限り無料になる部分もあります。

ここではファミリー系のイベントも多くやっているので、

家族で来て盛り上がるにはもってこいの場所です。

沢山の芸術品が立ち並ぶ敷地内で

のんびりしたい人にはちょうどいいと思います。

また、近くに国立科学博物館や東京都美術館・アメ横もあるので、

いろいろな所を回りたい人にはちょうどいいのではないでしょうか?

■ 神奈川県横浜「赤レンガ倉庫」
line-pink

akarenga

http://www.welcome.city.yokohama.jp/ja/tourism/spot/details.php?bbid=184

横浜赤レンガ倉庫は、明治/大正の煉瓦造建築が人気の横浜を代表する観光スポット。
明治末期から大正初期に国の模範倉庫として建設されたレンガ造りの歴史的建造物です。
1号館のホールと多目的スペースでは、演劇やコンサート、
ダンスなどの公演が1年を通じて開催されています。
2号館には、ライブ・レストランとビアレストランの他、飲食・物販店が50軒以上。
イベント広場では、「横浜オクトーバーフェスト」や「クリスマスマーケット」、
屋外アイススケートリンク「Art Rink in 横浜赤レンガ倉庫」など、
さまざまなイベントが季節ごとに催されています。
まわりには木々を配した公園が広がり、のんびり安らぐにもおすすめです。
また、夜になると赤レンガ倉庫がオレンジ色にライトアップされ、
昼間とは違った幻想的な雰囲気になります。
横浜ベイブリッジや横浜港大さん橋
国際客船ターミナルといった港の夜景がご覧いただけるほか、
横浜ランドマークタワーや観覧車「コスモクロック21」など、
みなとみらいの夜景もお楽しみいただけます。
住所
〒231-0001
神奈川県横浜市中区新港1-1-1

http://www.welcome.city.yokohama.jp/ja/tourism/spot/details.php?bbid=184

横浜でもかなり有名な赤レンガ倉庫は

文化の日ならではのイベントが行われています。

家族皆でここで行われるイベントに参加するのもいいと思いますが、

海が近くなので恋人同士で来るのにもいいかもしれません。

もちろん、恋人同士で楽しめるイベントもあります。

 イベントスケジュールはこちら

■ 大阪府「国立国際美術館」
line-pink

oosaka-bijyutukan

http://www.jma.co.jp/jp/projects/the-national-museum-of-art-osaka/

こちらの美術館ではなんと入場料が全て無料です。

特に目立つようなイベントはありませんが、

静かに芸術に触れたい人には一番オススメできる場所です。

今後のイベントはこちら

■ 大阪科学技術館
line-pink

oosaka-kagaku

http://blog.mogeringo.com/archives/2262

kagaku-gijyutukan

http://www.ostec.or.jp/pop/index.html

大阪府「国立国際美術館」の横にあるのが大阪科学技術館

子供の喜ぶ施設として欠かせないのが、

やはり技術系の施設ですよね。

ここでは、プラネタリウムが大人気。

また、理化学について子供から大人までが

体験しながら楽しめるイベントを開催しています。

科学に興味のないおこさんを目覚めさせるにはもってこいの施設です。

planetarium

http://www.sci-museum.jp/press/files/2011/10/pro_ab_1.jpg

 プラネタリウム スケジュール

■ 北九州市立 いのちのたび博物館
line-pink

inochinotabi

http://travel.biglobe.ne.jp/tguide/spot/s15989.html

北九州市立いのちのたび博物館は、
科学と工業で栄えた
北九州市の自然史・歴史・考古をテーマにしており
大迫力の恐竜や太古の時代・人々の暮らし・歴史資料
など展示されています。

・自然史ゾーン『アースモール』

・歴史ゾーン『カルチャーモール』

・共通ゾーン

3つのゾーンに分けて展示しております。

入園料・アクセスなど
くわしくは、
公式サイトをご覧ください。

北九州市立いのちのたび博物館

■ 福岡県「福岡市文化芸術振興財団」
line-pink

この日のみ行われるイベントが盛り沢山です。

少し遠くても、そんなの気にならないだけ、

素敵なイベントが多く行われています。

是非、来てみてはいかがでしょうか。

まとめ

芸術の秋と言われるこの季節に文化の大切さを

理解することを目的とする文化の日があるというのは

なにか意図があるように感じますね。

実際、学校などでもこの季節になると芸術関係の

イベントを行う所が結構あるのではないでしょうか?

普段はあまり触れることがない芸術という単元ですが、

この日を機会に色々なものにふれてみるものいいかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です