東京大茶会の場所 とスケジュール・千利休 教えの生き方

スポンサーリンク
スポンサーリンク

茶会のイベント「東京大茶会」

今ではあまり馴染みがなくなってしまった茶会。

しかし、人生で1度は経験するかも知れない茶会に

礼儀を何も知らないなんて

恥ずかしいことになっては困りますよね。

そんな人にちょうどいいのがこの東京大茶会かもしれません。

もちろん、茶道に詳しい人も来ているのですが、

興味本位であまり経験のない方も数名いらっしゃるので、

一人だけ恥をかくこともありません。

それでは、簡単に説明していきたいと思います。

2016年(平成28年)

東京大茶会公式サイトはこちら

千利休 教えの生き方

茶道には、大きく分けて「裏千家」「表千家」があります。

どちらも、千利休の教えから別れたものなのですが、

細かい動作に少し違いがある程度で、

それほど大きな違いはありません。

「茶の湯とはただ湯を沸かし茶を点てて飲むばかりなることと知るべし」

上の言葉は昔千利休が言った言葉です。

茶道とは、とても簡単な事であり、湯を沸かし、

お茶を点ててそれを飲むという動作こそが

茶道だと言ったそうです。

茶道というものをこよなく愛した千利休だからこそ

言えた言葉なのかもしれません。

だからこそ、

気難しい事を考えずに茶道を楽しむことを

利休は望んだのでしょう。

現在の茶道が行われていたのは

鎌倉時代の頃からの話になります。

元々抹茶は薬として扱われていました。

そのため、

室町時代になって抹茶が飲まれるようになっても

貴族や偉い人にしか飲むことが出来なかったようです。

因みに、茶席が作られ始めたのもこの室町時代になります。

それが、今で言うわびちゃの原型になるものです。

その後わびちゃは武野紹鴎と千利休によって

安土桃山時代に現在のように完成されました。

しかし、完成当時はやはり

上流階級でのみ行われていたそうです。

江戸時代になると茶道に携わる人が増えていき

裏千家と表千家が生まれました。

しかし、江戸時代末になる頃には

その細かい作法が固すぎる事から、

武士の間では茶の湯を嫌うものも出てきたのです。

その代わりに、

武士たちが飲んでいたのが煎茶という

現在の一般的なお茶になります。

東京大茶会の場所 とスケジュール

東京大茶会(江戸東京たてもの園)

2008年から行われ、今年で8回目を迎える「東京大茶会」

日本の古き伝統文化に触れることの出来る数少ない行事の一つです。

このイベントは江戸東京たてもの園で行われ

その「都立小金井公園」の中にある様々な建物の中で

それぞれいろいろなイベントを行っています。

このイベントのメインである茶席は

「高橋是清邸」「西川家別邸」「川野商店」の3箇所で行われます。

この茶席に参加したいと考えてる人は

事前に予約してから出ないと参加できないので予約する必要があります。

また、希望者が多くなることが予想されますので

早めに予約するのがいいと思います。

参加費は1人700円になります。

野点は「伊達家の門前」です。

こちらは外で行われる茶席です。

予約をしてない人でお茶を飲みたい人は

こちらに来る事になるらしいと思います。

参加費は300円らしいです。

茶道はじめて体験は「天明家」で行われます。

初めて茶道を体験する人はこちらに行くといいと思います。

細かい手順を簡単に教えてくれるので、

いざというときにいいと思います。

こちらも、予約は必要ないようなのでそのまま行くと良いでしょう。

参加費は300円らしいです。

子供のための茶道教室は「万徳旅館」で行われます。

静かに座ることが苦手なお子さんは

他の人に迷惑がかからないようにここに来るといいですね。

人の目が気になってしまうお母さんには

ありがたい場所かもしれません。

参加費は200円らしいです。

東京大茶会(浜離宮恩賜庭園)

この会場での茶席は

「中島の御茶屋」「芳梅亭」の2箇所で行われます。

上記でお話したように予約を忘れないように注意しましょう。

野点は「中の橋袂」にある3席で行われます。

その内の1席は煎茶席となっています。

イングリッシュ野点・高校生野点は

同じく「中の橋袂」で各1席ずつ用意されています。

日本人ではなく外国人が。

そして大人ではなく高校生がお茶を点ててくれる席です。

茶道はじめて体験は「花木園」でおこなわれています。

まとめ

2015年の東京大茶会は10月3日・4日と10日11日になっています。

会場は3・4日は江戸東京たてもの園で、

10・11日は浜離宮恩賜庭園で行われます。

3・4日は午前9時50分から午後4時10分まで。

10・11日は午前9時30分から午後4時10分までとなっています。

2016年(平成28年)

東京大茶会公式サイトはこちら

時間と場所を間違えないように気を付けて行きましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です