土浦花火大会 穴場スポット

日本三大花火競技大会の一つ「土浦全国花火競技大会」

茨城県で開催される土浦全国花火競技大会。

10月に行われる数少ない花火大会の一つです。

日本三大花火競技大会の一つでもあるこの花火大会はなんと、

2万発もの花火を打ち上げることで有名です。

しかし、あまり知らない人が多いでのはないかと思うので

少しだけ詳しく説明していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

土浦全国花火競技大会とは

土浦全国花火競技大会は、

毎年10月の第1土曜日に行われています。

日本三大花火競技大会の一つということで、

後援には「日本煙火協会がついてくださっているそうです。

日本三大花火競技大会の内、

唯一首都圏内で行われている事も関係して

多くの観光客で賑を見せています。

現在、競われているのは「スターマインの部」という

速射連発花火を魅せる部門と

「10号玉の部」

「創造花火の部」

の3部門あります。

茨城県土浦市桜川河川敷で行われているので、

最寄りの駅からはやや遠いのですが、

土浦駅からシャトルバスが出ているので車がない人でも

帰りを気にせずくることが出来ます。

2016年 土浦全国花火競技大会 日程

平成28年5月25日(水)土浦市内において「第85回土浦全国花火競技大会実行委員会」が開催され,今大会の日程及び桟敷席券の販売金額等が決定しました。

◇名  称  「第85回土浦全国花火競技大会」

◇開催日時  平成28年10月1日(土) 午後6時競技開始(荒天延期)
※荒天の場合,10月2日(日),8日(土),9日(日),10日(月・祝)のいずれかに延期

◇開催場所  桜川畔(学園大橋付近)

◇桟敷席券  •全マス(約1.7m×約1.7m 6人まで入場可) 22,000円
•半マス(約1.7m×約0.85m 3人まで入場可) 11,000円
※桟敷席券の販売方法及び開始日については,決定次第当ホームページのお知らせにアップいたします。

お問い合わせ
土浦全国花火競技大会実行委員会
電話029‐826‐1111(内線2705)

http://www.tsuchiura-hanabi.jp/kantan/?detail=true&id=261&cat=1

土浦全国花火競技大会実行委員会公式サイト

歴史

1925年から行われている土浦全国花火競技大会ですが、

元は航空戦死者を慰めるために行われた花火大会でした。

当時土浦市は霞ヶ浦海軍航空隊と仲が良かったため、

その親交の深さから神龍寺の24代住職である秋元梅峯さんが

自分の財産から出費しこの花火大会を行ったのです。

しかし、第二次世界大戦が起こり中断せざるおえなくなったり、

1946年に再開したのですが、住職の財産がなくなり費用不足で

この花火大会は中止になるのではないかと考えられた時もあるそうです。

しかし、住職の財産がなくなったあとも現在のように

花火大会を行えるのは、

その後現在の日本煙火協会からの後ろ盾があったからと考えられます。

当時の会長である北島義一さんが花火の出品者を集めたり、

入賞者に贈る賞などを作り現在のような

日本三大花火競技大会の一つとして数えられるようになりました。

1972年からは現在の会場である桜川河川敷で行われるようになり、

開催される日時も固定され10月の第1土曜日に決まりました。

因みに1988年の花火大会は昭和天皇の病気が

悪化したため自粛し開催されませんでした。

■ 穴場スポット

折角の花火大会なのに人が多すぎて疲れちゃった。

なんてことになりたくないですよね。

そんな方のために穴場スポットをいくつか紹介したいと思います。

check アジュール土浦の近くの空き地

花火大会の会場からはやや離れてしまう場所です。

しかし、近くには大きな建物がないので花火が綺麗に見える絶景スポット。

近くにコンビニなどもあるのでトイレに行きたくなっても困ることはありません。

しかし、会場から少し遠いので長時間歩くのが苦手な人や

履き慣れていない下駄できた人などは向かないと思います。

check 国民宿舎水郷

地元の人が穴場として集まってくるスポットです。

花火大会の会場からは結構離れているし、

花火も文句なしに見えるのでまさに地元住民だから知っているスポット。

この場所は車で来た人にオススメしたいと思います。

会場から離れているので、帰りに渋滞に巻き込まれる心配もいりません。

check イオンモール土浦横にあるバイパスの下

浴衣で来た人や歩くのが実が手な人はこのスポットに来るのが一番だと思います。

花火大会の会場から、そんなに離れておらず花火が綺麗に見えるスポットです。

さらに注目が高いのは、

花火大会当日に有料ではありますがシャトルバスが出ていること。

シャトルバスを降りてから徒歩数分の場所で見れるので、いいですよね♪

まとめ

日本三大花火競技大会の一つであり、

さらに関東の行きたい花火大会3位にもなっている

土浦全国花火競技大会。

首都圏で行われている唯一の花火競技大会ということで

かなり人が集まるみたいです。

さらに、10月で見れる数少ない花火という

ポイントが観客を集めているのでしょう。

確かに、10月に花火は珍しいですからね。

夏に花火が見足りない方には

ちょうどいいのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です