ビール祭のルーツ ドイツで行われるオクトーバーフェスト

fest2

ご存じですか?

世界最大規模を誇るビール祭り

意外にもドイツで行われているんです。

その期間は大体決まっていて16日間とされています。

移動遊園地がついているのか、

本当にワイワイ行われているそうなんです。

でも、このお祭りって一体なんのためにおこなわれているんでしょうね?

ご案内していきたいと思います。

OKTOBERFEST 2016 日本公式サイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オクトーバーフェストとは?

ドイツのバイエルン州にあるミュンヘンという地域で

このお祭りは開催されており、1810年からはミュンヘンの中心部である

テレージエンヴィーゼという広い敷地を使っておこなわれます。

この敷地は42ヘクタールもあるんです。

入場料は無料らしいですが、

アトラクションに乗る際にはお金がかかってしまいます。

ほとんど遊園地とそんなに変わらないのですが、

明らかに遊園地と違う点を挙げるとすると、

ビールを飲むためのビールテントがあります。

もちろん、そこでは食べ物も食べれるのですが、

やはり主役はビールです。

大手のビール会社から個人経営のビール会社まで

大きいテントが14棟も並びます。

因みに、飲酒運転を避けるため、駐車場はかなり少ないそうです。

先程も話したように期間は10月の第1日曜日を最後とする16日間なのですが、

10月の第1日曜日が1日か2日だった場合のみ

10月3日まで行われることになっています。

これは、1990年にドイツ統一の祝日があることと関係しているようです。

会場であるテレージエンヴィーゼという名前は「テレーゼの緑地」という意味があります。

そのためオクトーバーフェストで出されるビールはヴィーゼンビア

(緑地ビールとも呼ばれており5.8~6.4%のビールの大国ドイツならではの

高アルコール度の物が醸造されています。

歴史

オクトーバーフェストは新しいビールの醸造する季節を祝うお祭りであるため、

元々はこれほど大規模では行われておらず色々な地域で行われておりました。

そのため現在でもエアランゲンという地域では

ビール祭りが6月頃に行われています。

このミュンヘンで行われるオクトーバーフェストは

ドイツにあるお祭りの中ではまだ新しい方だと言えます。

これはバイエルン王国の王太子とその婚約者の結婚式が

1810年の10月にこの緑地で行われました。

因みにその婚約者の名前がテレーゼという名だったことから

テレーゼの緑地とこの地が呼ばれるようになったのです。

その王太子はギリシャの歴史に感心があったことから

このお祭を古代のオリンピックのようにしたいと話したそうです。

そのため、1回めのオクトーバーフェストには競馬が行われていました。

その競馬はその翌年も10月に市民を喜ばせるためとして

行われたのがこのオクトーバーフェストのきっかけでした。

アクセス

オクトーバーフェストと平日は午前10時に休日は

午前9時から開催し午後11時半に閉場します。

駐車場が少なく設けられている代わりに地下鉄の路線が

いくつも会場の近くに駅をつけているので

交通には困らないようになっています。

因みに都市圏鉄道も走っているそうです。

バスや電車に乗りたくないという方にはタクシーがいいかもしれません。

会場近くには幾つものタクシー乗り場があるので

不安がある人でも問題ありません。

まとめ

世界最大規模と言われるとアメリカのイメージがありましたが、

実はドイツで行われていたんですね。

それも、現在ではビール祭りとなっていますが、

元々は王太子様の結婚式だったとは

時代のながれはホントに不思議な気がします。

因みにこのオクトーバーフェストは小規模ではありますが、

世界各国でも行われているところがあります。

更に、カナダやアメリカ、ブラジル、オーストラリア、香港では

このミュンヘンのオクトーバーフェストを真似て大規模で行われている所も多いんです。

日本各地でも行われているのですが、

ホントにビール祭りのようなもので、

皆でビールを飲むといった感じの行事が行われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です