九州北部の伝統祭り 「おくんち」 見所

九州北部の秋祭り「おくんち」

aki-matsuri

九州北部で主に秋に盛んとされている秋の

お祭りの事を総称して「おくんち」と呼んでいます。

くんちというのは長崎、佐賀、福岡の各地域で行われている行事です。

それぞれ共通するものものもあればことなるものもあります。

それぞれどのような見所があるのか、ご案内していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

くんちの行事とは

旧暦の9月9日の重陽の節句に行われた行事です。

その読み方が九日(くんち)という事から

「おくんち」と呼ばれるようになったと言われています。

この説は長崎を中心として有力説となっています。

他にも収穫したものを供物として差し出す日ということで

「供日(くにち)」というのが当て字によって変わったという説や、

お宮へのお祭りを行なうための日ということで

「宮日」という名前だったのですが、説明をしにくいということで、

秋祭りのみのことだったので

「くんち」と呼称されるようになったそうです。

9月19日と9月29日を含めた3日で行われている地域もあります。

これを三九日(さんくにち・みくにち)と呼ばれています。

今ではお祭りの参加者のやりやすいように

休日に日程をずらすようにしている所も多いそうです。

また、現在は漢字表記されている事が少ないそうです。

因みに昔から九日といっても9日に

行われていなかっとことが多かったそうです。

地域によってそれぞれ変わるところがあるそうです。


★日本三大くんち

長崎くんち

長崎くんちは10月7日から9日の3日間で行われます。

ここでは諏方神社への祭礼を指しています。

ここで行われるくんちは海外の様子を取り入れており

「龍踊」「鯨の潮吹き」「太鼓山」「阿蘭陀万才」「御朱印船」というように、

ポルトガル、オランダ、中国という風に独特な祭事となっています。

他にも傘鉾、山車、太鼓山などは京都からの影響が見られます。

2016年(平成28年)の
長崎くんち公会堂前広場観覧券については公式サイトをご覧ください。

長崎くんち公式サイト

 

唐津くんち

佐賀県唐津市にある唐津神社で行われる「例大祭」となっています。

唐津くんちはメインの行事は3日間で行われているのですが、

実際には10月9日から11月5日の間中行われます。

因みに実際のメインイベントは11月2日~4日の間です。

2016年の唐津くんちは、11月2・3・4日に行われます。
line-pink

詳しくは唐津観光協会の公式サイトをご覧ください。

唐津観光協会 唐津くんち

 

博多おくんち

博多おくんちは福岡県福岡市博多区にある

櫛田神社の秋の例祭のことを指しています。

博多のおくんちは、

最も早く1953年に行われたおくんちだと言われています。

博多おくんちは毎年10月23日と24日の2日間で行われます。

23日に大祭が本殿で行われており24日に

御神幸が博多の街を歩いていきます。

実際は10月10日に発表した

「博多おくんち振興会」から始まっているそうです。

牛車によって引かれていく神輿をメインに獅子頭や稚児行列、

ブラスバンドなどの中にオープンカーに乗ったミス福岡が進んでいきます。

また、この期間には献茶式や相撲大会、柔道大会などが行われています。

2016年も10月23日(日)~10月24日(月)に行われます。
line-pink

詳しくはこちらでご覧ください。

福岡県観光振興協会

まとめ

おくんちという秋の収穫祭ですが、

地域によってはいろいろ違うようですね。

10月に行われるお祭りはほとんどが収穫祭なのですが、

北九州地方を限定におくんちという呼称があるのは

なんだか面白い感じがします。

最近のおくんちは神事も行われますが、

参加者の楽しみとして挙げられているのはやはりイベントだそうです。

そのためイベントをメインのお祭りとして扱ってしまっているため、

神事としての意味合いが薄れている場合もあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です