衣替えはいつやるの? 時期と歴史について

koromokae

スポンサーリンク
スポンサーリンク

衣替えの時期

衣替えはいつやるの?

10月になると制服を着ている学生達は

夏服から冬服へと変わります。

ただ単に空気が肌寒くなることから

制服が厚手に変わるのですが、

この習慣は平安時代から続いています。

地域によっては、多少異なるケースもありますが、

基本的に衣が行われるのは10月1日となっています。

また、衣替えが関係しているのは学生ばかりではありません。

一番目立つのが学生の衣替えですが、

一般家庭においてもタンスの中にある衣類を

入れ替えたりするのも衣替えの一種です。

そんな昔からの習慣である衣替えについて

少し深く追求したいと思います。

衣替えの歴史

衣替えとは遡ると日本では

平安時代の宮中で行事として始まったのがきっかけでした。

現在では6月1日と10月1日に衣替えとなっていますが、

当時は旧暦の4月1日と10月1日にに行われていました。

これは中国で行われている風習に沿って行われていたそうです。

この行為を当時は「更衣」と呼んでいましたが、

この更衣とは天皇の衣類を変える官職も指していたので、

一般的には「衣替え」という呼び方が定着しました。

因みに、この衣替えは服だけではなく

持ち物にも夏用と冬用がありました。

平安時代には女性の持つ扇子の原料に違いがあり、

夏には紙と竹を用いたものを、

冬にはひのきを使った扇子を使うようにしていました。

鎌倉時代には、その風習が強くなり調度品も替えるようになりました。

江戸時代の頃は着物の種類が増えた事により

衣替えが公式に決められるようになりました。

なんと、江戸時代では1年に4回も衣替えがあったといいます。

その4回とは4月1日~5月4日には「あわせ」という裏地の付いている着物を、

5月5日~8月末までを「かたびら」という裏地のない単仕立ての着物を、

9月1日~9月8日に再び「あわせ」の着物を着て、

9月9日~3月末には「綿入れ」という生地の中に

綿を入れた着物を着るようにと決められていました。

これは、侍の武家だけではなく一般市民も従っていたそうです。

洋服がとり入れられた明治時代になると役人や警察、

軍人には制服が定められました。

それにより、今の夏服、冬服の時期が決まったのです。

明治6年に日本は太陽暦を取り入れることによって

夏服は6月1日~9月30日に着用し、

冬服を10月1日~5月30日に着用することが義務付けられていました。

その後、学生服にも浸透していきそれが一般家庭にも起用されてきました。

地域による衣替え

多くの地域では上記に説明した6月1日と10月1日を基準に

衣替えが行われますが、北海道のように寒い場所や

沖縄のように暖かい場所はこの時期が多少ずれます。

寒い地域である北海道では

6月15日~9月14日頃に衣替えを行われます。

また、気温の高い沖縄では5月1日~10月31日と、

1ヶ月づつズレがあります。

まとめ

普段何気なく行っている衣替えでしたが

昔は単に頃衣替えと言ってもいろいろあったんですね。

昔の着物でも衣替えがあったのには驚きですが確かに、

着物のような厚手のものには

衣替えのような習慣がないと夏は大変ですよね。

北海道や沖縄ではそれぞれの気候に合わせた衣替えがあるようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です