日本の古くからの暦 長月の由来

9月の異名 長月

月の異名といえば様々な物がありますよね。

日本語の中だけでもその月にあった名前から、

暦の読み方まで様々です。

それはもちろん日本だけではないのです。

英語にも由来やあるんですよね。

9月の呼び方や異名についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本の古くからの暦「長月」の由来

日本で一番有名な呼び方として暦があります。

9月は「長月」と呼ばれていますが、

これは「夜長月」の略とも言われています。

これはまだ旧暦を使っていた頃の話で

9月は現在の10月~11月頃に当たります。

その結果9月というのは日が沈み夜が長くなっていく時期でも

あったことから「夜長月」と考えられたんですね。

他にも長月の由来はお米の稲刈りの時季であることから

「稲刈り月」という言葉が「ねかつき」となり、

その言葉が濁って「ながつき」となったという説もあります。

また、稲関係の由来説であると「稲熟月」「穂長月」から

由来しているのではないかというものもあります。

他に秋雨を原因として

「長雨月」から来ているのではないかという説もあります。

「長月」の「長」という言葉は稲穂がすくすく長く伸びていくようにという

意味もあるのではないかとも言われていますが、

やはり最有力候補としては最初に挙げた「夜長月」が一番広く伝えられていますし、

しっくりくるのではないでしょうか?

その他 9月の異名

9月には長月の他にも色々な呼び方があります。

例えば紅葉の季節と重なるところからその鮮やかな色をみて

「色取月」「紅葉月」「紅樹」と呼ばれたりしています。

他にも菊が咲き出す時期であることから「菊開月」「菊月」と呼ばれたり、

秋が深くなることから「晩秋」「暮秋」「末秋」などもあります。

他にも面白そうなものを簡単に挙げるとしたら、

「玄月」「寝覚月」「竹酔月」「祝月」「詠月」「末垂」などがあります。

September

これはSeptemberと名前がつけられた当時今の9月は7つ目の月でした。

Septemberというのはラテン語で「第七」という意味があります。

この3月から始まる1年は紀元前153年まで続いていましたが

ガイウス・ユリウス・カエサルによって

きちんとした12ヶ月の1年が出来上がりました。

しかし、この時に特に名称を変えるなどをしなかったことから

9月はそのまま「第七」のの名称を引き継いだのです。

因みに、この1年は1月から6月までは女神や神様の名前となっています。

7.8月も当初は「第五」「第六」とそれぞれ番号を名称としていましたが、

後に7月にはこの暦を作ったユリウスの英語名を、

そして8月にはとある国の王様の名前がつけられました。

もちろん8月意外にも自らの名を月にしようと考えた王は沢山いたのですが

中々定まらなかったようで、今の名称が定着したのです。

まとめ

ひとえに9月と言っても様々な呼び方があるのがわかって頂けたでしょうか?

また、由来なども一緒に覚えると楽しく覚えられると思います。

長月という暦もいろいろな説があります。

文献が残ってないからこそ楽しめる由来さがしなのではないでしょうか?

また、英語であるSeptemberにも

面白い理由があったのをわかって頂けたと思います。

他の月にはどのような由来があるのか調べてみたいです♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です