秋の星座カシオペア座の探し方と勇者ペルセウス座の戦い

北極星の隣に位置する「カシオペア座」

9月の星空でやはり興味が沸いてくるのは

北極星を探す時にとても便利な

ラテン語で「カシオペヤ」または(カッシオペイヤとも言う)

が有名ですよね。

又、英語では「カシオペア」と呼んでます。

特に目立っている星座や星が少ないにも関わらず

有名な星座が多い9月の星空。

この記事ではそんな有名な星座の

神話について説明したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

秋(9月)の星座カシオペア座の探し方

5つの2~3等星で描かれているカシオペア座は

まるでアルファベットのWを描くように並んでいます。

constellation2

1等星の星がないにも関わらず、

探しやすいのは周りに明るい星がないからです。

そのため、近くにある北極星を探すための

目印としても用いられることの多い星です。

日本では一晩中見えるわけではありませんが、

北極近くからみることが出来れば一晩中見ていられる星、

いわゆる「周極星」にあたります。

カシオペア座 神話での出来事

「カッシオペイヤ王妃」であり

ケフェウス座である「ケーペイウス王」の妻です。

また近くにあるアンドロメダ座は「アンドロメダー姫」であり、

カッシオペイヤ王妃の娘として記されています。

この関係性の神話については下に書かせていただきます。

カシオペア座の旦那に当たるケフェウス座

ケフェウス座は北極星より少し上に見える星座です。

7つの星を線で引き描かれているこの星座は

ギリシャ神話に描かれているエチオピア王のケーペイウス王を

モチーフにして作られた星座です。

日本では以前「セフェウス座」と呼んでいた

時代があったそうなのですが詳しくはわかっれいません。

トレミーの48星座の一つに上げられるほど有名な星座の一つですね。

カシオペア座の娘アンドロメダ座

ペガサス座とα星である「アルフェラッツ星」を共有している星座です。

17つという沢山の星をに線を引き見えてくるこの星座はとても有名ですよね。

カシオペア座の東に位置する星座であり

トレミーの48星座の1つにもなっている星座です。

アンドロメダ座に関係しているものといえば

「アンドロメダ銀河」が有名ですよね。

この銀河は肉眼で見える最も遠い物体として上げられています。

アンドロメダ座を助けた勇者ペルセウス座の戦い

アンドロメダ座より北に位置しているペルセウス座は

こちらもトレミーの48星座の1つとして掲げられています。

ペルセウス座の星の中で有名なのは変光星「アルゴル」があり、

毎年ペルセウス座流星群が観測される程の星座でもあります。

ペルセウス座で有名な神話が見たものを全て石にしてしまうという

凶悪な怪物メデューサの話がありますよね。

ペルセウス座はメデューサを倒し、

星座に描かれる絵には左手にメデューサの首を持っている様子になっています。

勇者ペルセウス VS 海の神ポセイドンとの闘い

昔、ケーペイウス王の妻であったカッシオペイア王妃は

とても自分に自信のある女性でした。

それはあまりに行き過ぎており、驕りと言ってもよいでしょう。

ある時、カッシオペイア王妃は

「自分の美しさは海の女神ネーレーイスにも優る」と

自惚れたことを口にしました。

それを聞いたネーレーイスは怒ってしまい海の神ポセイドンに訴えたのです。

その訴えを聞いたポセイドンはエチオピアの海に

ケートスというくじらの化け物(くじら座)を住まわせました。

そのご当然のように災害が置きてしまい、

ケーペイウス王は困っていました。

ケーペイウス王が神託を受けたその内容は

娘であるアンドロメダー姫をケートスの生贄にすることでした。

国を守るため断腸の思いでアンドロメダー姫を

岩に鎖で縛りケートスの生贄にしたのです。

しかしいざ喰われるその瞬間、勇者ペルセウスが現れてきて、

ケートスを倒してしまったのです。

その際にケートスを倒したのは

その前に倒したメデューサの首を見せ石にしてしまったと言われています。

その後アンドロメダー姫とペルセウスは

結婚し6人の子供を宿したと言われています。

まとめ

秋の星座についてどのような印象を持ちましたか?

北に位置する星座たちにはそれぞれ繋がった神話があったんですね。

神話を覚えると星座を覚えるのが楽しくなりますよね。

秋の星座は他にもありますが、

今回は一番有名なものを上げましたがいかがでしたでしょうか?

これを期にいろんな星を知る機会が増えるといいですね。

星座の種類と神話 オリオン座

7月の星座 天体の見方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です