敬老の日の由来・贈られて喜ばれるギフトランキング

aged-day2

敬老の日と言われると現在はシルバーウィークの1日として

含まれているので、家族で旅行する人も増えていますよね。

しかし、元々は祖父母やご老人に感謝をする日です。

そんな感謝をする日を皆さんはどんな風に過ごしますか?

敬老の日の由来や、贈られて喜ばれるギフトランキング

お話していきたいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

敬老の日の由来

敬老の日の発祥は1947年に

兵庫県多可郡野間谷村の村長が提唱した事による

きっかけが由来で始まりました。

当時は「としよりの日」という名前でした。

その頃の敬老の日は今とは違い

「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」

というのがコンセプトでした。

そのため、

農閑期であり気候が穏やかな9月の中旬である15日を定めたそうです。

その後、1950年には兵庫県全体にこの文化が広がっていき、

更に全国へと広まっていきました。

しかしそうなると、としよりという表現は失礼だということであり、

1964年に「老人の日」と改名されました。

そして、その翌年国民の休日として制定されました。

敬老の日というのは、

法律の中では「多年にわたり社会に尽くした老人を敬愛し、

長寿を祝う日」と定められているみたいです。

元々は9月15日と定められていたのですが、

2003年にできたハッピーマンデー制度によって

9月の第3月曜日を敬老の日とするように決められました。

しかし、2003年は第3月曜日が9月15日だったため、

2004年から適用されたといえます。

因みに、第3月曜日に移動することにあたって、

高齢者からの遺憾が表明されていたり反発が続々と出てきたため、

2001年に老人福祉法を改正し

9月15日から1週間は老人週間として定められる。

贈られて喜ばれるギフトランキング

やはり敬老の日といえば、好まれるギフトを贈りたいですよね。

そんな人のためにギフトのランキングを挙げていきたいと思います。

◆「花なまえの詩」

これは、相手の名前から詩を作っていく色紙なのですが、

挿絵を添えてみたりなど様々な工夫ができますよね。

こういう風に名前で作れば、世界で1つだけの贈り物になりますよね。

ただ、文字だけのものよりも普通に買うだけのものよりも、

心を感じることができるので人気が上がって来ているギフトです。

◆「まごのきもち」

お孫さんの気持ちを絵と手紙、

写真や声をおばあちゃんに届けられるということで、人気な商品です。

一枚のカードに1枚に似顔絵やボイスメッセージを組み込むなど

新しい感じを出しながら手作りの温かさを残した感じが人気のポイントですね。

◆「プレミアムカタログ」

プレミアムカタログなら相手の好きなモノを選んでもらえるし、

最近ではバリエーション豊かに揃っているので、人気があります。

欲しい物がないご老人でも、パンフレットを見ているうちに、

何かしら欲しい物も出てくることもありますので、好まれています。

まとめ

いつもお世話になっているおばあちゃんおじいちゃん。

そんな人に感謝の気持を込めてギフトを贈るのが「敬老の日」ですよね。

でも、今回の敬老の日はギフトを贈るだけではなく

顔を見せてみてはいかがでしょうか?

いつもとは違う敬老の日にしてみませんか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です