「サファイア」 種類と効果・効能 9月の誕生石

9月の誕生日といえば深い青色の宝石「サファイア」ですよね。

私達にとって印象が強いのは青い宝石という感じですが、

実はこの見解には間違いがあります。

サファイアには色々な色があるんですよ

その種類と効果・効能はどうなのか、見て行きたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サファイアとは

サファイアとはラテン語で青色を意味した言葉です。

そこでもわかるように主に青色の石のことを指します。

和名でも青玉と言われ、青という文字が印象づけられますよね。

コランダムという酸化アルミニウムの変種であり

赤く変色したもの以外は全てサファイアと呼ばれます。

因みに、赤いものは「ルビー」と呼ばれています

青や紫に変色している石は鉄やチタンが混じっているからそうなります。

この時混じっているものがクロムであれば赤く変色しルビーになるんです。

他にも色々な色の物がありますが、

それぞれ入っている不純物の量が若干異なり変化しているのです。

更に硬度はダイヤモンドに次ぐ程の硬さだそうです。

因みに、昔サファイアは油絵の具の顔料でもありました。

サファイアの言葉と効果・効能

サファイアには「慈愛」「真理」「誠実」「徳望」と言った宝石言葉があります。

全体的に誠実な言葉が多い宝石ですね。

いろいろな色がありますが、誠実なのは変わらないようです。

サファイアには持っているだけで、尊い存在の人や尊敬している人の事を

理解出来るようになってくると思われています。

その結晶構造で出来た波動に酔って豊かな感受性が育てられるようです。

サファイアを身につけていると効果的なのが痒みや、

中耳炎になった時に身につけているといいと言われています。

他にも消化が良くなったり神経痛になりにくかったり、

不眠症を改善してくれたりと普段の生活にも役立つようです。

また、眼や耳にもよく、胸焼けや新陳代謝を整えるのにも効果的だと言います。

サファイアの歴史

サファイアは東洋から古代ヨーロッパより伝えられた宝石です。

現在では主にタイやミャンマー、スリランカ、オーストラリア、中国の

鉱山から発掘されています。

産地によって色の濃淡や良し悪しが違いそれによって値段がつけられます。

ローマ時代以降にはインドとの交易が盛んだったことから、

サファイアの信仰が当時から中世にかけて広がっていきました。

元々、インドで広まっているヒンズー教ではサファイアの宝石は

災いをもたらすものと言われ不吉な石として扱われていたのですが、

一部仏教徒の間ではヒンズー教とは異なって宝石の中でも

特別視されて大切に扱われていました。

キリスト教の場合、中世の時代から司教の就任の証として

サファイアの宝石で飾られた指輪が与えられるなどという物もあります。

因みに、この指輪は人差し指につける教えがありました。

サファイアの種類

sapphire2

 

◆コーンフラワーブルー

カシミール産の最高級の色合いを持つサファイアです。

優しく柔らかいブルーをしています。

◆ロイヤルブルー

ミャンマー産のサファイアで

コーンフラワーブルーに次ぐ深い色合いのある青です。

透明度で言えばカシミールサファイアより高いものになります。

◆カワセミのブルー

スリランカ産の最高級サファイアです、

カシミールサファイアにも劣らない品質だと言われます。

◆インクブルー

オーストラリア産のサファイアでかなり深いインクのような青の宝石です。

透明感に深みが見られず、あまり高級ではないみたいです。

◆ピンクサファイア

ルビーに含まれるクロムの中にさらにチタンが含有されることにより

華やかなピンク色のサファイアに変わります。

◆イエローサファイア

その色には沢山の種類があり、

レモンのような爽やかな黄色から暖かいオレンジに近い黄色も含まれます。

一番美しいと言われるのがゴールデンサファイアと呼ばれています。

◆バイオレットサファイア

紫色のサファイアです。

アメジストのような紫からタンザナイトのように深い紫まであり、

艶やかなグラデーションを醸し出しています。

◆スターサファイア

サファイアの石の上に3本の線が交わることにより星に見えます、

特に珍しい石として有名です。

その3本の線にはそれぞれ意味があり

「希望」「運命」「信仰」といわれています。

まとめ

一言にサファイアと言っても

色々な種類のものがあることがわかって頂けたのではないでしょうか?

現在、新しいサファイアの鉱山が見つかっておらず、

どんどんサファイアの値段が上がっていますが、

その美しい様子からそれでもこの宝石を求める人が多いそうです。

正直、信じられないと思ってしまう点もありますが、

それだけ人々の心を動かす力があるということなのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です