お彼岸の目的と由来 ぼたもちの意味

秋分の日の前後3日を含めた7日間をお彼岸と呼ぶのですが、

皆さん知っていましたか?

そもそもお彼岸という期間があることを若い人はあまり知らないのではないでしょうか?

今ではあまり馴染みのないお彼岸ですが、

一体どんな行事なのかお話していきたいと想います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お彼岸の目的

お彼岸とは、先程もお話した秋分の日と前後3日を含めた期間です。

さらに、春分のふと前後3日間を含めた期間も同様にお彼岸と呼ばれます。

2015年のお彼岸は春が3月18日~3月24日、

秋が9月20日~9月26日になります。

因みに呼び方としては

春を「春彼岸」「彼岸」、

秋を「のちの彼岸」「秋彼岸」と呼び分けているそうです。

目的としては、春分の日、秋分の日に先祖に感謝の気持を持ち、

前後の6日間は悟りを開くための準備とされているそうです。

彼岸に墓参りに行く習慣があるのは、ここから来たと思われます。

お彼岸の由来

彼岸とは日本では仏教の行事として扱われますが、

仏教徒の国すべてが行っているわけではなく、日本のみで行われている行事です。

秋分と春分で行われている理由として、

太陽が出ている時間と隠れている時間がほぼ同じということが関係しているそうです。

真東から太陽が昇り真西に太陽が沈む

それは「生死の海を渡り悟りを開く世界『彼岸』と

「私たちのいる迷いや煩悩に溢れた世界『此岸 』が、

繋がりやすくなると言われているためお彼岸の行事ができました。

世界が繋がりやすくなったことから、

ご先祖様に近いと考え先祖供養をするようになったそうです。

因みに、春分の日には「自然をたたえ生物をいつくしむ日」という意味を持ち、

秋分の日には「祖先を敬い亡くなった人々をしのぶ日」という意味を持っているそうです。

お彼岸「ぼたもち」の意味

botamochi

お彼岸とセットで覚えておくといいのが、ぼたもちです。

ぼたもちはもち米とうるち米を合わせ、

歯ごたえが軽く残る程度までつぶし餡を包む和菓子です。

季節にって名称や作り方が若干変わりますが、

基本的なものはこの「ぼたもちと言っていいでしょう。

けれど一体なぜお彼岸の日にぼたもちを食べるのでしょう?

おもちには五穀豊穣であり、

さらに、小豆は魔よけになるといわれています。

ですので、日本の行事には欠かせないものとなっているんですね。

さらに、昔は甘いものがとても貴重だったので、

祝い事が行われるときや大切なお客様が来るときなどに

おもてなしとして振舞われたそうです。

法事の際にもお供え物として必ず置かれていたらしく、

お彼岸にも馴染みのものとして定着しました。

ほかにもことわざで、「棚から牡丹餅」といわれるように幸せなこととして

イメージされているのも彼岸で用いられる理由のひとつなのではないでしょうか。

まとめ

普段は何気なく過ごしているお彼岸ですが、その日々には当然意味がありました。

あまりなじみのない期間であり、

尚且つ、現在では知っている人も少なくなっているのではないでしょうか?

日本のご先祖様に感謝をする日として大切な日でしたが、

少しずつその影が薄くなってしまっているのは否めないようです。

少し悲しい気持ちになってしまいますね。

できるならば、

これからもせめてお彼岸の期間を知って

心の中でもいいので感謝してもらえたらなと思います。

秋分の日

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です