日焼けによる「やけど」のアフターケア

夏がくると気になるのが日焼けのことですよね。

暑いとどうしても露出が多くなります

そうなると強い紫外線から肌を守るのもとっても大変になってしまいますよね。

何もしないと、肌が黒くなるだけじゃなくてシミやそばかすも増えてしまいます。

しかも、それだけではないんです。

実は、日焼けが原因で病気になってしまう可能性も十分にあります。

そんなことにならないように、この記事でしっかり日焼けについて知っておきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日焼けとは・・・

日焼けとは、一般的に紫外線を肌が浴びるとまず赤く炎症を起こし、

その数時間後皮膚の表面色素が沈着していくことを言います。

紫外線を肌が感じるとメラニンという肌の色素が肌の紫外線吸収から守ってくれます。

しかし、その保護能力を上回る程の紫外線を浴びると赤く炎症を起こしてしまうのです。

メラニン色素の量は人によって違いますが、肌が白い人は元々黒い人に比べて少ないです。

そのため、肌が白い人は日焼けがしやすく、肌が黒い人は日焼けがしにくいのです。

また、紫外線に含まれる波長の「長波長紫外線」と「中波長紫外線」は皮膚がんを誘発する恐れがあります。

日焼けによる「やけど」

日焼けは軽度の熱傷であり、そのまま何もせず外で日差しに当たり続けると、

痒みが起こり出したり、発疹が起こったりもします

また、全身症状としては吐き気を起こしたり発熱があったりと日射病になることもあります。

また、更にひどくなると体が衰弱しすぎて入院する場合もあるそうです。

日焼けをしてしまった時のアフターケア

夏だから、正直日焼けを全くしないなんて無理ですよね。

だからといって日焼けした肌をそのまま放置するなんて事してはいけませんよ。

◆日焼けをしたあとはしっかり冷やしましょう
line-pink

cool

日焼けした部位をしっかり冷やして肌がヒリヒリするのを避けましょう。

冷却スプレーとかではなくなるべく氷水を袋に入れてタオルで包んで、

肌に当てるのがいいですよ

また、冷たいシャワーをあてたりするのもいいと思います。

日焼けは先程も話したように熱傷なので、とにかく冷やすことが大切です

でも、化粧水やクリームを使うのは肌に刺激を与えてしまうので

赤くヒリヒリしている時はまだ使わないで下さい。

◆水分補給をしっかりする
line-pink

体の中からもしっかり冷やすためにも水分補給はしっかりしましょう。

また、日に当たりすぎて体の水分が減っていることもあるので必ず飲んでくださいね。

◆肌への水分補給
line-pink

肌が赤みが引いてきたり、痛みが和らいできたら肌にも水分を与えます。

陽の光を沢山浴びて肌も水分が奪われていますからね。

方法は、化粧水をたっぷり肌につけることです。

コットンで押さえながら行なうといいかんじに肌に染みこんでいくと思いますよ。

その後、乳液やオイルを使って肌の水分の蒸発を防ぎましょうね。

まとめ

1年で一番紫外線が多くなる8月。

とにかく暑いし日焼けするしで、本当に嫌になってきますよね。

でも、だからこそしっかりと日焼け対策をして

毎日楽しく過ごさなくちゃもったいないと思いませんか?

肌が黒くなって凹んでる暇なんてありませんよ。

今年の夏は今年しか来ないんですから、思いっきり楽しまなくちゃ損ですし

めいいっぱい遊ぶためにも、日焼け止めを塗って楽しい夏にしましょう!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です