お盆と呼ばれる由来と風習

お盆休みは本来、亡くなった魂を迎える期間です。

なすやきゅうりで牛や馬を見立てご先祖様を迎えたり、

送り火を焚いたりと実はいろいろとやる風習があるんですよね。

近年では夏の長期休みという感覚で

家族旅行に行く人などが増えていまのでレジャー施設にとってはちょうど稼ぎどきでもあります。

そういえばお盆休みって本来何をするんだっけ?

なんて忘れてしまった方のためにお盆と呼ばれる由来や風習について詳しく話していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お盆と呼ばれる由来

元は旧暦の7月15日だったのですが、新暦になったことにより、

お盆と呼ばれる由来は、

お中元とお盆がバラバラに迎えることとなり新暦の8月15日前後をお盆と呼ぶようになりました。

仏教の行事と言われておりますが、

仏教の習わしでは説明ができない部分も多くあるので一概に仏教行事とは言えません。

初めは江戸幕府が庶民に先祖供養の儀式や神事の檀家制度を強いていたそうです。

その檀家制度と仏教行事である「盂蘭盆」が混ざり合い現在のお盆の習慣が出来たと言われています。

お盆の風習

お盆には地域的な風習もありますが全国的になんとなく広まった風習もありますよね。

◆釜蓋朔日

8月1日の事を指し地獄の釜の蓋が開く日という意味です。

お盆の始まりを意味している日でもあり、

この日を境にお墓参りに行くなどして先祖を迎え入れ始めるそうです。

因みに、

この日から1ヶ月間は川や海などに近づいてはいけないという伝えもあります。

なんでも、地獄の釜蓋が開いているので

地獄に引き寄せられるということからだそうです。

◆迎え火

13日の夕方に行なう野火の事を指しています。

都心では出来ませんが田舎の方に行くとスーパーなどで、

迎え火・送り火用の木が売られています。

また、迎え火が出来ない地域(花火が禁止等道路で火を扱えない地域)は

精霊棚の故人に沢山のお供え物をしているそうです。

◆送り火

16日に行われる野火のことを指します。

有名なもので言うと京都の五山送り火ですね。

また、地域によっては15日に行なう所もあるそうです。

他にも野火だけではなく、

川へ故人を送る灯籠流しを行なう地域もあるそうです。

◆初盆・新盆

人が亡くなってから49日法要が終わり初めてのお盆を迎える事を指します。

初盆は特に供養をしかり行なう習慣があります。

初盆の家では出入口となる門や仏壇、

お墓に白一色の盆提灯をたて、目印にします。

これは、初盆の人には提灯を贈るなどといった、

特別な儀式を行わないことから、見分けるものとなっているようです。

また、初盆の家族ではない場合は赤と白の入った提灯を使う人もいるそうです。

◆精霊馬

きゅうりとなすで作る馬と牛の人形です。

ご先祖さまにこちらの世界に来てもらう時は馬に乗りより早く着くようにと願いをかけて、

帰りは牛にのりゆっくりとあちらの世界に戻るようにという意味があります。

また、なすの牛の上に供物を乗せて持ち帰ってもらうという願いを込めた習わしもあります。

◆精霊船

まこと呼ばれるもので作った船のことを指します。

これはお盆の時にお供えしたものを川に流す時に使います。

その一連の流れを灯籠流しと言い、長崎や熊本のあたりでは精霊流しとして、

大きな船を作って行われる大掛かりなイベントとなっています。

お盆休みとは

お盆休みとは特に決まった祝日として挙げられているわけではありません。

しかし、基本的に会社から8月15日前後に与えられる長期休みの事を指しています。

学生はちょうど夏休みと被っているので休みをわざわざ取る必要はありません。

感覚的には1月の正月と8月のお盆休みで年に2回実家に帰るという人が多いのではないでしょうか?

まとめ

先祖や亡くなった人の為に行われるお盆。

近年では、大型休みとしてその習慣も忘れかけている人も少なく無いと思います。

核家族になりなかなかその習慣が次の世代に伝わりにくいのはあると思いますが、

少し悲しい気持ちになってしまいますよね。

たまには、お盆を実家に帰りご先祖様に合掌するものいいとおもいますよ。

お盆の最終イベント 『大文字の送り火』

盆踊り曲

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です