七夕の短冊に願いごとを書いて笹に飾る意味とは?由来と伝説 

知っているようで知らない七夕の由来とは?

色とりどりの短冊に願いごとを書いて笹飾りをする

織姫(おりひめ)と彦星(ひこぼし)が一年にたった一度会えるという日、七夕。

恋愛中の方にとってはロマンチックなイベントにもなっていますよね。

「7月7日の夜、天の川が見える場所までドライブに行こうかな

「七夕だから、わたしも遠距離恋愛中の彼に会いたい!

なんて思っている方もしかして勘違いをしていませんか?

七夕の正しい由来を知れば、あなたの予定も変わってくるかも??

スポンサーリンク
スポンサーリンク

短冊に願いごとを書いて笹に飾る意味とは?

もうひとつの七夕の起源として中国の乞巧奠(きこうでん)という行事があります。

七夕の夜、若い女性が裁縫や習字などの手仕事の上達を願い、

織女星(こと座の一等星ベガ)をまつり、お供え物をする習わしです。

また、日本古来より、竹(笹)は神聖なものとして扱われてきました。

竹(笹)の空洞には神様が宿るとされ、

ご先祖様が地上に降りてくるときの目印にしていると信仰されてきました。

そういったことから

願いことを書いた短冊を竹(笹)に吊るすという現在の風習になったと言われています。

 

 織姫と彦星の七夕伝説

織姫と彦星については こちら でも説明してますがもう少し深く説明します。

織姫と彦星は、そもそもなぜ一年に一度

七夕の夜にしか会えなくなってしまったのでしょうか?

七夕の由来となる中国伝来の説話とは?

織姫は、天の神様たちの質の良い立派な着物をつくる娘でした。

神様は、そんな機(はた)織りの働き者の織姫に

結婚相手として牛飼いの彦星を紹介しました。

お互い一目で相手を気に入り、二人はめでたく結婚!

しかし、仲の良い夫婦は遊んでばかりで、全く働かなくなりました

織姫の機織り機はホコリだらけとなり、

神様たちの衣服はぼろぼろになっていきました。

彦星の飼っている牛はどんどん痩せ細っていきました。

それに腹を立てた神様は東と西に二人を引き離し、

一年に一度の七夕の夜天の川を渡って会うことを許しました。

すると、その日を励みに、二人は以前のようによく働くようになりました。

なるほど。そんな伝説だったのですね。

仕事が手につかなくなるほどお互いに夢中になったために

別居状態に陥った夫婦のストーリーとは、驚きです。

天の川を見るのに最適な時期

「仙台七夕まつりは、ご存知ですか?

実際に行ったことはなくても、

一度はニュースなどで耳にしたことがあるはず。

艶やかで豪華絢爛な七夕飾りが街いっぱいに広がり、花火大会も催される

毎年約200万人が訪れる全国規模で有名なお祭りのひとつです。

その開催日は

毎年8月6~8日。

そう、「仙台七夕まつり

なのに一月遅れた8月のお祭りなのです。

なぜなら、

それは月と太陽の運行に基づいてつくられた「旧暦」(太陰太陽暦)に合わせて開催されるため。

七夕とは、本来「旧暦」に由来する行事です。

現在のカレンダーである「新暦」の7月7日の七夕の夜は、

実は星が非常に見えにくい時期と言われています。

そのうえ、7月初旬の日本列島は梅雨明け前の地域も多く、天候も不安定。

それに比べ8月は晴天も多い。

夜半には月が沈む上弦の月のころ、

月明かりのない暗い夜空は、天の川を見るのに最適な時期なのです。

 

  まとめ

なんとなく知っているようで実は知らない日本の風習。

七夕の由来を辿ってみると、なかなか興味深いものです。

織姫と彦星が一年に一度逢瀬することができるというロマンチックな七夕。

今年の7月7日の夜あなたは誰と過ごしますか?

七夕とは

七夕 短冊の書き方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です