笹かまぼこの美味しいお店を調べてみた!

sasakamaboko

7月7日は七夕ですよね。

でもそれだけじゃないんですよ!

なんと笹かまぼこの日でもあるんです。

でも、なんで笹かまぼこの日なんでしょう?

何かの由来でもあるんですかね?

ちょっと調べてみたいと思います。

笹かまぼこの日とは?

仙台の名産でもある笹かまぼこ。

あの、笹の葉のような形がなんともかわいい食べ物ですよね。

ところでなぜ、七夕が笹かまの日となったかというと、

七夕は「笹の節句」とも言われていることからきたそうです。

笹竹は、正月の門松やしめ飾りとして使われていますよね。

そういうところを見ても分かるように、

笹は、神さまへの目印としてたてられています。

また、身を清めるという役目もあるんですよね。

仙台は七夕祭りでも有名です。

以前の仙台藩主である伊達家の家紋である「竹の雀」の画にちなみ

「笹かまぼこ」と呼ぶようになったのが、笹かまぼこの由来ですね。

それと、笹の節句である七夕とかぶせて7月7日は「笹かまぼこの日」となったようです。

笹かまぼこの歴史

そもそも、笹かまぼこは元々別の呼び方があったそうです。

笹かまぼこ独特のあの形から、

舌かまぼこや手のひらかまぼこと呼ばれていたそうです。

はじめに作るきっかけとなったのは明治35年ごろに

仙台付近の港からヒラメが大量にとれたそうです。

当然、消費地である仙台に送られるのですが、

当時は現在のように配達にも時間がかかりなかなか鮮度をたもてず

売れ残るのが当たり前のようになっていました。

しかし、保存設備もあまりしっかりしていなかったので長期保存も効かなかったので、

とある魚屋さんがヒラメでかまぼこを作ったのが初まりだったそうですよ。

それが、意外にも周りから好まれたみたいですね。

今はそれぞれ、独自の味付けでそれぞれの白身魚で行っていますよね。

そう考えると、ヒラメだけでかまぼこを作るのは贅沢だったようですね。

笹かまぼこの日って何をする日?

何をする日かどうかと聞かれたら、特に決まっていないようです。

強いて言うなら、

七夕なので星を見ながら笹かまぼこを食べるなんていかがでしょうか?

七夕の笹にかかった短冊や紙飾りを見て

笹かまぼこをつまむのも風贅なのではないでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ささかまぼこの美味しいお店

美味しい笹かまぼこをお土産にしたいですよね。

美味しい笹かまぼこを選ぶために口コミのランキングを紹介したいと思います。

1位 石巻 白謙蒲鉾店 極上笹かまぼこ

笹かまぼこといえば石巻白謙ですよね。

みなさんも一度はもらったことがあるのではないでしょうか?

ふっくらとした食感と上品な味わいが人気を呼んでいるようです。

2位 鐘崎 大判肉厚笹かまぼこ

大きなサイズであり満足度も抜群の商品です。

歯ごたえのある触感が人々の心を掴んでいるようですね。

3位 阿部蒲鉾店 笹かま「千代」

食べた瞬間に分かる魚の風味がしっかりしていると人気の商品になります。

また、しっかりした味わいにもかかわらず、

後に引かないすっきりとした味が人気の秘訣です。

また、袋に書かれている「千代」の字は以前、

伊達家のものが書かれたものだそうですよ。

なんだか、見てみたい気もします。

4位 佐々直 手のひら蒲鉾

その名の通り手のひらほどの大きさの笹かまぼこになります。

その商品は古い笹かまの味を再現した味わいが受け継がれているようです。

古くからの味を活かしているので、

おみやげには最適なのではないでしょうか?

5位 阿部平 カステラ蒲鉾

魚のすり身と卵を使用したカステラのような蒲鉾だそうです。

魚のすり身と卵を合わせると言われると、

伊達巻のようなイメージが有りますね。

笹かまぼこではないですが、

蒲鉾の種から出来た不思議な商品だと人気があるようですね。

まとめ

七夕で影が薄れてしまっていますが

7月7日は笹かまぼこの人以前の人は

きちんとした由来も考えた上でしっかりと決まっていたのですね。

笹かまぼこにもそれなりの歴史があったようです。

なんというか、大漁がきっかけで出来たべものと言われると

自然が生んだ食べ物のようなきがしてきますね。

そうなると自然に感謝するべきなきもしてきますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です