ひまわりの魅力について調べてみた!

sun-flower

 

ひまわりの魅力を見つけてみよ。

7月になるとひまわりが咲き始め、

ひまわり畑では一面が見事に黄金に輝きだします。

夏を代表する花であるひまわりは

種をハムスターが食べるなどでも有名ですよね。

夏になると咲き力強く誰でも知っている花ですが、

皆さんはひまわりについてどのくらい知っていますか?

ということで小学生の時に習って忘れていることや、

ひまわり畑の情報などまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ひまわりの魅力とは・・・

多く花びらが沢山ある夏の花である

ひまわりは実はキク科なんですよ。

日本でも大きい物はかなり大きいのですが、

原産地の北アメリカの方では3mくらいのものが普通のようです。

1つの大きな花に見えるひまわりですが、

実は多数の花が集まり大きな花に見せているんです。

だから、あんなにも種が沢山あるんですね。

ひまわりと言う名前は実は和名であり英語だとサンフラワーとなります。

「太陽の花」なんてまさにひまわりにぴったりな名前ですよね。

ひまわりの特徴として、高くまっすぐに一本の太い茎が伸びて

大きな花を咲かせるというのがひまわりなのですが、

このひまわりの花が太陽の方向に向くように花が動くんですよね。

その動きが回っているように感じた昔の人が「日に合わせてまわる」という意味から

ひまわりと和名の名が付けられたようです。

といっても、

実際に太陽に合わせて花が回っているのは花がまだ開いたばかりの時だけらしく、

しばらく経つと動かなくなってしまうようです。

ちなみに、夏のイメージがあるひまわりですが、

寒い北海道では5月に種を撒いても花が咲くらしく、

霜や氷点下の気温にも耐性がある強い花なんですね。

ひまわりの花はどんなところに使えるのか?

観賞用としてはもちろんですが、ひまわりにはそれ以外の利用方法もあります。

◆食用油

とりあえず、有名なのが調理油として使われるひまわり油ですよね。

ひまわりには不飽和脂肪酸が多く含まれているんですよ。

オリーブオイルと違って加熱することに長けている植物油として有名ですよね。

◆除染効果

ひまわりにはセシウムを吸収する性質があります。

その性質から原爆事故や放射能汚染された土地に

植えて育てると除去できるというふうにも考えられています。

しかし、実際にはそのような効果は認められておりません。

そもそも、本当にカリウムの吸収が放射性セシウムの除去の価値が高いのであれば、

ひまわりの植えられた土地では

栄養が極端に少なくなってしまうということが起こっているはずです。

さらに農林水産省ではひまわりのセシウム吸収率はかなり低くめで除去として

使用してもかなりの長い時間がかかってしまうとか。

そのため、実用性がないそうです。

どこのひまわり畑がいい?

さて、ひまわりについてわかった所で綺麗なひまわりが見られる人

気のひまわり畑を探していきましょう。

◆ひまわりガーデン武蔵村山

住宅街が建ち並ぶ都心から30分かからず行けるここはなんと

2014年に開園されたばかりのひまわり畑です。

駅の近くにあるので、地元の人はもちろん遠くから来た人でも行きやすいですよね。

◆国営昭和記念公園

昭和記念公園の中にあるひまわり畑です。

5万本ものひまわりが丘一面に広がり、どこもかしこもひまわりだらけです。

◆北竜町ひまわりの里

北海道にある日本最大のひまわり畑です。

毎年7月の中旬から8月の下旬まで「ひまわり祭り」が行われ、

23ヘクタールもある敷地には150万本ものひまわりが咲き誇ります。

◆大岩フラワーガーデン

群馬県にあるこのひまわり畑はなんと人工のひまわりはないことで有名です。

規模4ヘクタールの中に66万本ほどのひまわりが咲いています。

◆ えっ!?今頃ひまわり大原野

京都にあるひまわり畑ですが、

なんと普通のひまわりだけではなく色や形の違ったひまわりが7種類もあります。

異種類のひまわりは8月下旬が見頃とやや遅めなので、

時期を間違わないように気をつけなければなりませんね。

まとめ

夏になると色鮮やかに咲き誇るひまわり。

ひまわりが咲いていると夏が来たって感じがしますよね。

でも、なかなかひまわりを見るためにひまわり畑に行く機会ってないと思います。

今年はこれを期に行ってみるのもいいかもしれませんね。

日本にはたくさんひまわり畑があるので、自分の家の近くのひまわり畑を調べるのもいいと思いますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です