博多どんたくの起源と戦国時代から現代までの歴史

博多どんたく

スポンサーリンク
スポンサーリンク

博多どんたく

博多どんたくは

毎年五月三日と四日に福岡県福岡市で開催される、

福岡博多を代表する祭です。

正式には「福岡市民の祭 博多どんたく港祭」といい、

「福岡市民の祭振興会」の主催で行われています。

博多どんたくの起源

 
博多どんたくの起源は、

戦国時代

「博多松囃子(まつばやし)」を仕立てて、

城主に年賀の祝を行ったことにあるらしいですが、

はっきりとは分からないみたいです。

江戸時代

江戸時代になると、

博多松囃子は、毎年正月十五日に福岡藩主へ

敬意を表するために福岡城を訪ねるようになりました。

松囃子は、

福禄寿・恵比寿・大黒天の三福神と

稚児(ちご)からなります。

それに、各町内の人々が趣向をこらした姿や出し物で続きます。

これを「通りもん」と呼びます。

三福神・稚児・通りもんは、

現在の博多どんたくの原型であり、

今も祭の中核となっています。

「どんたく」はオランダ語の日曜日zondagからきています。

休日くらいの意味で使われていたのだろう。

博多どんたくで唄われる歌詞が、また面白い。しりとり歌になっていまして、

  ぼんち かわいや ねんねしな

  品川女郎衆は十匁(じゅうもんめ)

  十匁の鉄砲玉

  玉屋が川へスッポンポン

いきなり品川女郎衆が出て来るのにも驚きますが、

博多で「ぼんち」という大阪弁が使われるのも謎です。

江戸時代のしりとり歌は、意味不明で面白い。

明治以降

この祭は明治になると、国の都合に振り廻される。

正月十五日の年賀が禁止され、二月十一日の紀元節を祝ったり、

日露戦争の勝利や大正天皇・昭和天皇の即位を祝ったりで、

祭の日もまちまちであったそうです。

そのうち、第二次世界大戦が激しくなると中止されました。

戦後~現代

戦後、1946年に松囃子どんたくが復活、

1949年から憲法記念日を祝って

五月三日四日に行われるようになりました。

祭は主として

「どんたく隊」と呼ばれるグループによる演舞です。

企業や学校、各種団体、

そして他都市からの観光団体や有志の集まりが、演舞を競います。

これは、徳島県の阿波踊りにもよく似ている。

五月三日の朝九時に博多松囃子の一行が櫛田神社でお祓(はら)いを受けた後、

福岡県庁や博多駅、各企業など市中を廻ります。

同時にどんたく隊が車両通行止めをした道路をパレードし、

市内30ヶ所に設けられた演舞台で

さまざまな演舞が午後九時頃までくりひろげられます。

四日は前日と同様、松囃子が市内を巡り、

どんたく隊がパレードと演舞を行います。

午後六時から「どんたく広場」で、

とび入り参加できる「総おどり」が行われ、

午後八時の花火とともに終了します。

博多宿泊プラン

一見の価値がある祭ですが、GWの最中なので、

まず交通手段と宿泊所を確保することが大事です。

旅行社のツァーに参加するのが簡単で安上がりでしょう。

発着は新大阪・新神戸・西明石からで一泊二日のフリープラン。

これは安くて、一人14,000円~32,000円くらいですね。

ただし、ホテルはビジネス・ホテル級で、食事もなし。

東京を五月三日に出発する二泊三日のツァーもありますが、

大浴場つきのホテルに泊まるグルメ・プランで、一人約100,000円。

今なら、Hオークラ福岡やルイガンズのような高級ホテルでも、

キャナルシティ・福岡ワシントンHのような

ビジネス・ホテルでも空いています。

ただし、高級ホテルは五月三日四日は30%近く値上がって、

一人一泊17,000円~19、000円。

ビジネス・ホテルでも一人一泊5,500円が7,000円になります。

福岡ならば新幹線を利用しても、空路を利用しても便利。

福岡空港から博多駅まで地下鉄で五分です。

航空券はなるべく早目に予約をお勧めします。

せっかく「博多どんたく」を見に行くのですから、

できれば「どんたく隊」に参加したいですよね?

五月三日のとび入り参加で、

踊りまくるのも旅の思い出となるでしょう♪

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です