5月は新茶の季節!八十八夜と新茶のうんちく話

八十八夜

スポンサーリンク
スポンサーリンク

  八十八夜と新茶

八十八夜とは雑節のなかの一つで、

立春より八十八日目になります。

現在では五月二日(うるう年は五月一日)になります。

江戸時代まで、

日本は太陰暦(月の満ち欠けを基にした暦)を使っていましたので、

暦と実際の季節が、ひどいときは半月もずれてしまうので、

二十四節気(せっき)を定めて調整しました。

大寒・立春・春分・夏至など、現在もよく使われています。

八十八夜の気候

雑節はさらに日本の気候に合わせて決めたもので、

台風がよく来る二百十日などが知られています。

八十八夜は日本独自のものです。

八十八夜の頃は季節の変わり目で、天候が変わりやすい。

四月半ばから末にかけて、暑い日が続いたかと思うと、

急に寒くなったりします。

GWにうっかり薄着で旅行に出かけ、

温泉地で雪に降られることもあります。

「八十八夜の別れ霜」とか「八十八夜の泣き霜」といい、

五月初めに霜が降りるほど寒くなる天候で

農作物が大きな被害を受けないように、

用心しようと呼びかけています。
 
GWに出かける時は、

天候の急変に対応できるようにしておくといいでしょう。

私は「茶摘み」という歌を思い出しますね♪

〽夏も近づく 八十八夜 野にも山にも若葉がしげる

この歌詞に「あれに見えるは茶摘みじゃないか」とあります。

茶の木

茶の木は三月から四月に芽が伸び始めて、四月末から五月の初め、

つまり八十八夜の頃に一番茶が摘めるようになります。

八十八夜に摘んだお茶は最高で、

このお茶を飲むと健康に長生きできると言われてます。

この茶の木も「八十八夜の泣き霜」に気をつけないといけない?

いよいよ一番茶を摘もうという時、

霜が降りて茶の木が枯れてしまったという農家も多かったようです。

各地の摘み時期

京都の宇治・静岡・関東の狭山あたりは八十八夜に摘むのが一番茶ですが、

鹿児島県では三月末に一番茶を摘みますよ。

この一番茶が新茶で、五月から夏頃まで売られてます。

香りがよく、渋みが少なくまろやかで、最も上等な煎茶です。

 

新茶の飲み方や楽しみ方

新茶は二番茶・三番茶より水分が多いです。

「煎茶をいれる時はぬるめの湯で」と言われるが、

新茶はやや高めの温度、80度くらいがいいらしいです。

お湯が沸騰したら、まず茶碗に注ぎます。

一度茶碗に注ぐと10度くらい下りますので、

少し間をおいて急須(きゅうす)に入れます。

 茶の葉の量は少し多めにするといいでしょうね。

一人分2gくらいで、人数分にさらに2g加える。

一人なら四gくらいか。

これは、紅茶をいれる時と同じです。

「一杯はあなたに、一杯はわたしに、

そして、ティーポットにも一杯」

茶葉を湯にひたすのは30秒程度。

あまり長くおくと、

せっかくの新茶が苦くなってしまいます。

茶葉の種類は「やぶきた茶」が最高と言われますが、

土地によっては生育の早いわせ、

「ゆたかみどり」や「さえみどり」がいいといわれてます。

何も高いお茶を買うことはないです。

入れ方に注意すれば、そこそこの値段の茶葉で十分楽しめます。

それよりも、

新茶のさわやかな香りと甘みをゆったりと味わうようにしたいですよね?

せかせか、あわてて新茶をいれたのでは、香りも味も楽しめないし(笑

そして、新茶のお供には甘い物がほしくなりますね♪

和菓子の種類によっては、

こってりと甘く、ボリュームのある和菓子もあれば、さっぱり味で小さい菓子もあります。

新茶の季節には柏餅もありますが、

葛(くず)を使った菓子も売られ始められています。

その時の気分によって、お菓子を選ぶのも楽しいです。

お好みでケーキという人もいらっしゃるでしょう。

わたしは、洋菓子ならチョコレートが好みです。

少量で甘い物を食べたという満足感を味わえられますし、

新茶のほのかな苦みに合うように思われます。

5月の八十八夜と新茶の季節、

優雅なひと時を過ごしてみては、いかがでしょう♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です