大阪天神祭の日程 歴史と起源

日本の天神祭といえば大阪天満宮を中心とした天神祭が有名ですよね。

毎年6月下旬から7月25日の1ヶ月に渡り行われ日本の各地にある天満宮で行われるまつりで、

oosaka-tenjinsai

一番有名なのが大阪の天神祭ということです。

また1月に行われている初天神祭といったようなある月ごとに行われる天神祭もあるようです。

そんな、なんとも不思議な天神祭ですが

一体どういうルールがあって行われているのでしょうね。

ちょっと調べてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大阪天神祭の日程

◆6月下旬 装束賜式

吉日に合わせて行われるこの行事は天神祭のはじめの行事です。

いわゆる、天神祭の開催の合図といったところでしょうか?

◆6月下旬 船割り、浴衣販売

◆7月7日 天満天神七夕祭

天神祭の前儀式として行われる祭りです。

七夕の日に行われていますが、

七夕よりも天神祭の前儀式として楽しむ人が多いそうです。

◆7月11日 船渡御事始式

◆7月15日 葦奉納式

◆7月18日 台搦み

◆7月21日 本社神神輿蔵出し

とうとう祭りの最後に出される神輿がお蔵から顔を出します。

ここからがお祭りのラストスパートであり、

天神祭のメインになります。

◆7月22日 伏見三十石船献酒祭

◆7月23日 宵宵宮、御羽車巡幸、庖丁式

天神祭日程 メインイベント

◆7月24日 宵宮

宵宮の前日は朝早くに催太鼓の一番太鼓を叩きだんじりの囃子による

一番鉦が祭りの開催を知らせてくれます。

そして、天満宮の大門が開かれていくのです。

宵宮祭では本殿で人々の無病息災と鉾流神事の成功を祈願します。

その後鉾流神事を行うのですが、

これを行うのは新鉾講より推挙された小学生に神童を努めてもらいます。

その振動は鉾流橋から鉾を流す役割があるのです。

流された鉾を御鳥船が拾い上げると太鼓が打ち鳴らされます。

氏地巡行では催太鼓による「からうす」が行われ

その後催太鼓と獅子舞が氏地を回るといった祭事です。

◆7月25日 本宮

本宮当日のスタートはお昼からと少し遅い時間から始まります。

昼過ぎに行われる夏大祭は

氏地と氏子の平安を祈りながら神霊移御祭で御霊を御鳳輦に写します。

そのご行われるのが、天神祭のメインイベント陸渡御です。

船渡御の乗船場まで神輿渡御と一緒になって進んでいきます。

なんと4キロもの距離を重い神輿をかつぎながら歩いていかなければなりません。

ちなみに行列は3,000人ほどまでに多くの人が集まってきますよ。

陸渡御が終われば今度は船渡御の番になります。

使う船は4つに分けられています。

1つ目は御神霊をのせた御鳳輦奉安船。

2つ目は催太鼓船や地車囃子船など神に仕える講社の供奉船。

3つ目は神を迎えに行く風流人形を飾った御迎船。

4つ目が協賛団体や市民船などの奉拝船です。

その他にもどんどこ船などの列外船があります。

この船にのって大川を進むんですね。

そして、ここでお楽しみの花火が打ち上げられます。

水面に映る景色のそれは一度見たら忘れられないほどだと聞きました。

今年は素敵な景色を見れるといいですね。

そして、祭りがおわり、宮入りと還御祭が行われます。

関係者の身の皆さんが天満宮に集まり催太鼓などを

本殿で斎行されて本当のまつりの終了はここですね。

ちなみに、斎行を行う前に獅子舞が本殿の四方清めを行っているんですよ。

大阪天神祭の由来

天神祭は学問の神と言われる菅原道真の

命日に行われているお祭りのことを指します。

その中でも大阪で行われる天神祭は

日本3大祭と言われ盛大に行われていますよね。

特に最終日の25日に行われる本宮の夜は

大川で多くの船の行き交う船渡御が行われます。

その船に乗りながら奉納花火が眺められたら最高でしょうね。

また、大川に映るかかりびや提灯灯りなどが

とても美しく更に上がった花火なども一緒に映るので火と水の祭典とも呼ばれています。

ちなみに大阪で行われる天神祭は

他にも鉾流神事や陸渡御といった神事が行われます。

天神祭の起源

天神サイトは大阪天満宮が建てられた2年後(951年)から始まったとされています。

当時はまだそんなに大掛かりなものではなく、

大川から神鉾を流したどり着いた場所で祭りを行うといったようなものでした。

これが今で言う鉾流神事の元となったものです。

さらに、そのばで船を使い奉迎したことが

船渡御の起源になったと言われています。

天神祭は古くから行われてきましたが、

当時はまだそんなに有名ではなく

日本3大祭として呼ばれるようになったのは江戸時代からと言われています。

大阪天満宮・御朱印&御朱印帳

oosaka-tanmangu
画像引用元: http://goshuinlove.com/archives/1473.html

まとめ

天神祭について少しはわかっていただけたでしょうか?

沢山あるうちの天神祭のなかでも特に有名になったのが大阪の天神祭です。

それは、その盛り上がりと古い歴史から来るものだと私は思っています。

しかし、第二次世界大戦などやむおえず祭りを行えなかった年も少なくなかたようです。

お祭りにはそれぞれ色々な歴史がありますが、

少しでもみなさんが興味をもっていただけたらいいなと思います。

御朱印のご利益パワーで縁結び
葵祭りの由来と下加茂神社・上加茂神社の神事比較
神田明神の神田祭 歴史と由来 山王祭との関わり
三社祭 その歴史と祭の特徴について調べてみた!
山王祭を天下祭と呼ばれていた歴史と起源
「みたままつり」の若者や学生が集まる理由とは

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です