納涼祭&納涼の夕べ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

千代田で見れる幻想景色「納涼の夕べ」

千代田区で行われる夏のお祭といえば川に灯籠を浮かせて楽しむ「納涼の夕べ」が有名ですよね。

皇居北の丸公園の西側にある千鳥ヶ淵で見れる沢山の灯籠が浮いてるその様子は、

大変幻想的でどこか引き込まれるものがありますよね。

そんな、今を忘れさせてくれるお祭りのなのですが、

一体いつ誰が何のために始めたのか気になりますよね。

そういう人のために千代田の納涼の夕べについて調査していきたいと思います。

納涼の夕べってどんな行事?

暑い夏を乗り切るために行われる納涼祭。

この千代田の納涼の夕べもその中の一つです。

ちなみに別名「火と灯の祭り」ともいわれているそうです。

千代田区の皇居の近くで毎年7月中旬に行われる千代田の納涼祭はボートに乗り、

お濠(水の上)に灯籠をうかべるんですよね。

yuube

約80ものボートが千鳥ヶ淵に浮かび700個もの灯籠がその幻想的な世界を演出します。

去年からLEDボールも一緒に川に浮かべられており、

LEDボールと灯籠が見せる光が重なりより一層美しい光景が見られる様になりました。

皇居の周りに浮く灯籠の光はとても美しく惚れ惚れするほどだと聞きます。

そんな景色を見ながらゆっくりと過ごせる時間はきっと、

夏を感じつつその光景の美しさに心が静まってくるのではないでしょうか?

ちなみにこのボートに乗る人は千代田区在住、

もしくは千代田区に勤務している人を限定としているのですが、事前予約が必須のようですよ。

気になる人は早めに予約しなくちゃいけませんね。

納涼祭の起源って?

そもそも暑い夏を乗り越えるために行われる納涼祭ですが、

いつから一般的に行われるようになったんでしょうね。

川の上でボートに乗るという風習は江戸時代の船で有名な屋形船に乗って遊興が行われたそうです。

更に遡ってみると平安時代の当初も納涼の習慣があり、

水辺や林間に別荘を持ち涼んで過ごすなどを行っていたみたいですね。

まるで今の避暑地といったところでしょうか?

様々なサイトを見た結果、納涼祭の起源を知るための資料は見つかりませんでした。

しかし、昔の人々も暑い夏を乗り越えるためいろいろ工夫をしていたということがよくわかると思います。

江戸時代での屋形船は特にその色がつよいのではないでしょうか?

当時の江戸は火事が多かったことで知られているので、

流石に灯籠は浮かべなかったようですが、屋形船の周りにある提灯が

今の灯籠の役割をしているようでなんだか楽しい雰囲気を出していますよね。

その他の納涼祭

千代田納涼の夕べも素敵ですが、

せっかくなら色々な納涼祭に行ってみたいですよね。

ということで、ちょっとおもしろい納涼祭や抑えておきたい納涼祭を紹介したいと思います。

◆麻布十番納涼祭り
line-pink

azabu10

毎年8月の中旬に行われます。
以前は、金土日の3日間を使って行われていたそうですが、

2011年の震災以来自粛するということもあって、近年では土日の2日間で行われています。

また、以前に比べて出店も減ってきているようです。

以前は、近くにジャニーズ事務所の合宿所がありジュニアの行うコンサートを見ることが出来たりと

規模の小さい地元の祭りといった感じだったのですが、セーラームーンの舞台となったり、

芸異能人が取り上げられるなどして注目を集め現代の日本を代表する納涼祭の一つになったようです。

◆やさか納涼祭花火大会
line-pink

hanabi

夏と言ったら花火ですよね。

7月の中旬に行われるこのやさか納涼祭はなんと音楽に合わせて花火があがるミュージカル花火があるそうです。

日本全国回っても、なかなか音楽に合わせた花火を見ることは出来ないのではないでしょうか?

祭り自体は14時から行われ京都府の音楽隊が演奏を披露したり、

ビンゴゲーム大会を行うなどイベントがたくさんあるそうですよ。

◆入間基地納涼祭
line-pink

hanabi2

「盆踊りと花火の夕べ」とも呼ばれる入間基地の納涼祭は7月の下旬に行われます。

なんと航空自衛隊入間基地の訓練所で行われます。

自衛隊の基地に入るなんてめったにない事ということもあり、

毎年多くの人が集まっています。

また、この納涼祭の見どころは盆踊りの後に打ち上げられるスターマインという花火や4号玉です。

基地の中に入ることができれば、

花火を間近で見ることが出来その臨場感がとてもすごいらしいですよ。

◆産業能率大学主催 納涼祭
line-pink

shounan

産業能率大学の湘南キャンパスで行われる納涼祭です。

このお祭りはなんと大学生の皆さんが地元の人達と交流を考え行われるそうです。

準備などはもちろん学生たちが行っているんですよ。

盆踊りを中心として模擬店やアトラクションといった出し物があるそうです。

なんだか文化祭みたいで楽しそうですよね。

学生ならではの面白い発想が期待できそうですよね。

まとめ

夏の風物詩でもある納涼祭。

花火大会と同時に行われているものも少なくないようです。

千代田の納涼祭は静かに綺麗な景色を眺めるといった落ち着いたものですが、

盆踊りなどの盛り上がった行事も少なくはないようですね。

そんな納涼祭には浴衣を着て更に涼しい雰囲気で臨みたいですよね。

友達や好きな人と行くと更に盛り上がるのではないでしょうか?

とにもかくにも、

暑い夏になりますが納涼祭のように工夫して夏を乗り切りましょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です