7月の星座、天体の見方

夏は冬に比べ星座が見にくくなりますよね。

そのため、星座を知っていてもその星座を探すのは容易ではありませんよね。

そもそも、星空にそんなに興味が無い人は夏の華やかな星が少ない夜空より冬の夜空のほうが好みますよね。

ですが、7月の星は目立つものはなくても素敵な星座が沢山あり、更には惑星を見ることができる時だってあるんですよ。

ということで!

興味が無い人でも好きになってくれるように説明していこうと思います!

夏の大三角形から見る星座

seiza

7月の星で一番有名と言っても過言ではないのが、織姫星のベガと彦星のアルタイルだと思います。

そしてこの2つの星と白鳥座のデネブを合わせると夏の大三角形になります。

見つけ方は有名なアルタイルとベガを見るのではなくベガとデネブを探しましょう。

アルタイルは他2つの星に比べ輝きが弱く、少し遠くの位置にあるので探しにくいのが特徴なんです。

三角形のうち一番北に輝くのがベガ、そのまま南西進み位置するのがデネブ、

そして、2つの星を線で結び軸にして東を見るとアルタイルがあり、すこし細長い三角形が出来上がります。

三角形の星にはそれぞれ星座があるんですよ。

seiza3

デネブは先程も言ったように白鳥座の中で一等星の輝く星です。

デネブを含めた8つの星でクロスを描くようになっているのが特徴ですね。

ちなみに星の組み合わせが十字架に見えることから別名ノーザンクロスとも呼ばれ、北十字とも言います。

ちなみに、近くにある星座はこぎつね座やペガスス座とかげ座などがあります。

ベガはこと座の中で一番輝く一等星です。

こと座は5つの星で出来ている平行四辺形にひとつ星がくっついた感じの星座ですが、

ベガ以外の星3等星から4等星なので夏の夜空では見つけにくく、

都会など明るい場所ではまず見つけられないです。

ちなみに一緒に見つけるのが楽な星座としてヘルクレス座やりゅう座があります。

最後にアルタイルの星を持つわし座です。

わし座は5つの星から成り立っている星座で近くに水瓶座があります。

この配置は神話からくるもので、

水瓶座のモチーフとなったトロイアの美しい少年であるガニュメーデースをさらったのがわし座と神話では語られています。

そのため、わし座はみずがめ座の周りを飛び回っているように位置しています。

一緒に見つけ易い星座はいて座ややぎ座へびつかい座など有名な星座が近くに揃っています。

2015年7月に起こると予想される天体の現象

1ヶ月の周期で来るものもあれば、この季節だけのものもあります。

天体ってマカ不思議ですよね。

それでは、起こると思われるものをいくつかあげますね。

・1日金星と木星が接近します。

金星と木星自体は決して近い星とは言えませんが、

同じ方向に位置する瞬間が1日になります。

近づくと言っても2つの距離が一番近い位置に達すると言うのもです。

・6日月が1ヶ月のうち一番近い位置に来ます。

月が地球に一番近づくのは大体、月一度なんですよ。

この日が7月で一番大きな月が見れるので見逃せませんよね。

・10日金星が最大光度に達します。

金星が一番光り輝くと思われます。

もしかしたら、地球からも金星が見るかもしれませんよ。

 

・21日月の地球との距離が一番遠くなります。

6日から15日経って月が一番遠くなります。

・27日水瓶座北流星群が極大。

みずがめ座の北流星群の見どころです。

出現は7月20日~8月10日ほどですが、この日が一番美しく見えるでしょう。

・28日水瓶座南流星群が極大。

前日同様水瓶座の位置の流星群ですが

こちらは南側よりみえるものとなります。

出現は7月20日~8月25日です。

もしかしたら、

27日か28日どちらかの日で見るのが特に綺麗に見えるのかもしれません。

・30日山羊座流星群が極大。

山羊座流星群の一番きれいに見えるのが30日頃だそうです。

出現期間自体は7月20日~8月25日と長いのですが、

一番星が流れるのはこの日なので見逃したくないですね。

2015年7月の太陽系の様子

天体を知るので欠かせないのはやはり太陽系の惑星ですよね。

9つの惑星で成り立っている太陽系は今年の7月はどのような動きを見せるのでしょう。

・水星

7月の上旬は日の出前に東の空で見つけることが出来ます。

しかし、日が進む頃に水星の高度が上がり太陽に近づいていき見つけるのが困難になります。

・金星

太陽が昇ったあと西の空に見えます。

特に10日は先ほど言ったように最大光度を迎えるのでかなり見やすくなるのではないでしょうか。

しかし、徐々に太陽に近づ観察がしにくくなるのですが、

光度が強いので水星に比べ見つけやすいです。

・火星

7月は太陽に近いので観察には向いていません。

しかし、月末ごろになると日の出直前の西の空にみえてくることともあるかもしれません。

・木星

獅子座の位置にあり、太陽が昇ったとき西の空にみえます。

しかし、徐々に高度が上がるので太陽に近くなり見えにくくなってしまいます。

・土星

天秤座の位置にあり、20時ごろに南の空に見えてきます。

太陽のある時間じゃないので、まさに観察のチャンスです。

26日は月と土星が近づきかなり見つけやすくなっています。

※ちなみに、7月の1日は木星と金星がかなり接近するので

ひとつに重なって見えると思います。

日が経つと徐々に離れていきます。

まとめ

天体や星座の事は理解いただけたでしょうか?

星が好きな人は冬より夏の夜空のほうが好きという人も少なくないんですよね。

7月の空は惑星がとても見やすいとかそういうのはありませんが、

綺麗な星や星座が並びます。

輝きが多少弱くても、星の一つ一つに物語があるので、

見つけたりして楽しまれてはいかがでしょうか♪

秋の星座と神話

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です