手紙の挨拶の仕方 7月編

letter

手紙の挨拶の仕方7月編!

手紙の書き方でなむことってありませんか?

友達に書くならともかく目上の人に渡す手紙はきちんとしたものを渡したいですよね。

7月は、暑中見舞いを出さなくてはいけないですし、しっかりとした方法を知ってきた知っておきたいと思います。

手紙をきちんと書いて年配の方や会社の上司の方々の好感度を上げてしまいましょう。

7月の挨拶

とりあえずまず知っておかなければならないのは

一番最初に書く必要のある挨拶を抑えておかなければならないと思います。

旧暦で文月と呼ばれる7月は夏に入り暑くなる季節。

また梅雨が開ける季節ともなっています。

ですので、梅雨明けの意味をもって

「長かった梅雨もようやくあがり ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。」

など梅雨という言葉を入れることで7月らしさを見せます。

また、梅雨の雨に名残を感じさせるように

「暑さに厳しき折、一雨欲しい今日のこの頃ですがますますご健勝の事と存じ上げます。」

と書くことも出来ます。

また、「土用の丑の日」や「七夕」のような季節を表す言葉はもちろんなのですが、

暑さを表す言葉を入れるのもいいと思います。

ちなみに、旧暦では8月ということで、8月の挨拶はすでに秋のものが好ましくなるので、

8月のイメージが残る猛暑や真夏などの言葉は7月に使われるのが一般的とされています。

青葉や若葉、風鈴など綺麗な言葉を入れても問題ないので自分なりに文章を作ってみるのもいいともいますよ。

また暦の上の行事を混ぜて書くといい感じのまとまりがでます。

例えば、1日ですと海開きや山開きを挨拶に入れたらどうなるでしょう。

海開きと合わせて書くと

「海山の恋しい季節となってきました」

などの文章が出来上がりますよね。

7月の手紙に使う結び

結びには暑さから送る相手への思いやる文章を書くのが良しとされています。

暦上で季節にあった文章を書くことで季語を書く必要をなくすことが出来ます。

例えば、これからも続く夏の暑さから

「酷暑が続きますが、くれぐれも体調などを崩されませんようお気をつけ下さい。」

とこのようにすることも出来ます。

また、直接「夏バテに気をつけ下さい。」といった簡単な言葉でもいいと思います。

とにかく、締めの言葉である結びは相手のことを気を遣う、

気にする文章を書くのが基本です。

そうすることで、かなりの好印象を与えられると思いますよ。

暑中見舞いの書き方

それでは、今回の本題である手紙の書く方について話していきたいとおもいます。

暑中見舞いは書き方に決まりがありますよね。

よく見る暑中見舞いは同じようなものだと思いますが、

基本的な形を崩すのは避けたいと思いますので、

一般的な暑中見舞いの書き方を紹介します。

暑中見舞いの文章はおおまかに分けて3つに分かれています。

1.季節のあいさつ

皆さんおなじみの「暑中見舞い申し上げます」といった決まり文句ですね。

この一文がなければ、暑中見舞いとは言いませんよね。

「拝啓」といった頭語は必要ありません。

2.相手の方の安否を尋ねる文章

更に自分の近況を伝える言葉、相手側の無事を祈る言葉。

まず、相手側の人の近況を聞きます。

いわゆる「お元気にしていますか?」

や先ほど紹介した挨拶などが活用されます。

そして、自分の近況を伝えるようにしましょう。

近況を伝えることによって、

相手側に自分の安否を伝えることになります。

そして最後に相手の無事を祈る言葉を伝えて下さい。

これは、先ほどはなした結びの挨拶になります。

3.日付を書いておきましょう

日付を書くのは暑中見舞いでは基本ですよね。

○○年7月と書くこともいいと思いますが、

○○年盛夏と書くと風情があっていいのではないでしょうか?

ちなみに、頭語の「拝啓」と同じように「敬具」も必要ありません。

といいますか、拝啓とは冒頭の挨拶を指し暑中見舞いですと、

「暑中見舞い申し上げます」のいち文を指します。

これをみても分かるように拝啓を書くと

2つの頭語が重なっているという意味になるので、おかしくなってしまうんですよね。

同じように「敬具」は締めの言葉なんですよね。

その為、暑中見舞いやこういった挨拶の手紙では書く必要がないんです。

7月の季語

季語というものは俳句や短歌に使われる季節を表す言葉ですよね。

季語がないと、俳句ではないという人がいるほど季語は大切なもののようです。

どの月にもかなりあるのですが、代表的なものをいくつか上げたいと思います。

 

・七月・水無月

直接その月を表していますが、これも充分な季語となります。

また、7月は文月なのになぜ水無月が7月の季語として上がるかというと、

新暦の7月は旧暦では大体6月だからです。

ですので、6月の別名である水無月は7月の季語となります。

 

・植物

夏菊・百合などの花は7月が見時ですよね。

特に百合は種類が多いのですが、

どの百合を使ってっも大体は7月の季語となります。

 

・天候

虹や夏の霧、夕立やスコールなどがあります。

虹と言われると年中運が良ければ見れるような気もするのですが、

不思議なものですよね。

ちなみに、梅雨明や変なのですと入道雲もあります。

 

・食べ物

果物系はほとんどが含まれますね。

夏に実るものが多いからということなのでしょう。

他にも最近のものだと、アイスクリームやソーダ水など、

俳句には使いにくそうな物があります。

トマトやごぼうといった夏野菜も忘れてはいけませんよね。

 

・病気

夏風邪はもちろんなのですが、コレラやマラリアまでも7月の季語に含まれています。

なぜかはよくわかりませんが、不思議なものですね。

ちなみに、ちょっと笑えるのだと水あたりや寝冷などもあります。

 

・行事

大阪で行われる天神祭は7月の季語です。

また、7月に行われる有名な祭りも含まれます。

まとめ

皆さん、暑中見舞いを含む7月の手紙の書き方は理解いただけたでしょうか?

書いている時に丁寧な言葉を使いながら、決まりに沿って書くのは多少面倒と感じる点があるかもしれませんが、

丁寧な手紙をいただくとなんだか嬉しい気持ちになりますよね。

その一工夫で

相手の人に自分の良い印象を与えられるのであれば、素敵なことだと思います。

みなさんも挨拶を決まり文句のように済ませるのではなく、

ちょっとした手間を加えて書いてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です