土用の丑の日

ushinohi

土用の丑の日にうなぎを食べるその意味とは?

夏の暑い季節に食べるイメージのある土用の丑の日のうなぎ。

でも、なんで土用の丑の日に食べるのか気になりませんか?

実は「土用の丑の日」には、無病息災を願い

「う」のつく食べ物を食べる良い、という迷信があります。

「鰻」以外では、「梅干し」「うどん」「瓜」などがよく取り上げられます。

また、江戸時代、平賀源内が

夏の売上不振に悩んだ知人の鰻屋に相談されて

「本日土用丑の日」と書いて店先に張り出させたところ、

そのコピーが効いて繁盛した、という話は有名です。

「う」のつく食べ物をヒントにした宣伝は、

博物学者・発明家など多彩な分野で活躍した奇才ならではの説話です。

お値段も高めで、なかなか普段食べる機会はないだけに

その日は、なんとしても鰻を食べずにはいられません。

そんな日本人が大好きな食のビッグイベント「土用の丑の日

でも、どうしてその風習があるのか、意外と知らないもの。

夏のスタミナ源として栄養価の高い鰻を食べる、

という理由だけではありません。

うなぎはとっても美味しいですし、

たくさん食べれるならそれはそれでいいと思いますけど、

なんか知らないと思うと気になってきますよね。

では、ちょっとおもしろそうなので調べてみましょう!!

土用の丑の日はいつ?

毎年、1回か2回あると思われがちな土用の丑の日ですが、

実は一年に4回から8回あるんです。

それは、立春、立夏、立秋、立冬の四立の全てにあって

土行という五行の中の定められた暦上での期間を指しています。

五行とは木行、火行、土行、金行、水行を指していて

その内の土行というのは季節の変わり目をあらわしています。

だから、季節が移り変わる四立に土行が当てはまられるんですね。

因みに土行は四立が来る18日前のこの期間のことをいいます

では、なぜ年によって回数が違うのか見て行きたいと思います。

土用の丑の日の「土用」ってなに?

「土用」とは、古来中国から伝わった

陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)に由来します。

陰陽五行説とは、世の中のすべての事象を

「木・火・土・金・水

の5つに分類した思想です。
春は「木

夏は「火

秋は「金

冬は「水」と

4つを四季に割り当て、

残った1つ「土」は、

四季の変わり目(立春・立夏・立秋・立冬)前の

およそ18日間が割り当てられ、

「土旺用事(どおうようじ)」、

略して「土用」と呼ばれています。

ですから、「土用」というのは夏のみではなく、

一年に4回、春夏秋冬の変わり目にありますし

「土旺用事」の「旺」という漢字は、「盛ん」という意味を表します。

つまり、「土」の気が「盛ん」になるということ。

「土旺用事(土用)」の期間中は、

土の神様である土公神が土を支配し、

土壌がより活発に活動している神聖な時期とされました。

そのため、土を犯すことは慎むべき期間とされ、

農作業なども禁じられていたといわれています。

土用の丑の日の意味

土用の意味は先程説明した土行からきています。

では、丑の日とはどこからきているのでしょうか?

「丑の日」の丑というのは、

ね(子)・うし(丑)・とら(虎)・う(卯)~の十二支の「丑」のことです。

いわゆる牛は干支の牛を指しています

12支というのは年を数えるのに使いますよね。

しかし以前は年を数えるだけではなく

方角や月日を数えるのにも使われてきました。

因みに時代劇でよく聞く丑の刻というのも

12支を中心として計算しているからそうなります。

土行の18日間の中に、

12日周期で割り当てられている丑の日ということで年に2回来る日もあるんですね。

因みに平均で1.57回らしいですよ。

2年に1度は年に2回土用の丑の日が来ているということですね。

土用の丑の日にうなぎとは何故?

土用の丑の日の由来として有名なのが平賀源内が有名ですよね。

冬が旬のうなぎは夏に食べる人が少なく

鰻屋さんは苦労していたようですね。

それに、うなぎは暖かいほうが美味しいですから、

暑い夏に食べるにはあまり向かない食材なんですよね。

しかし、

江戸時代当時は丑の日にちなんで「う」から始まる食べものを食べると夏負けしない

という風習があったそうです。

ですので、

平賀源内は鰻屋さんのお店の前に「本日丑の日」という張り紙をはりお客さんを呼んだそうです。

まさに、その戦略は成功しその鰻屋さんは大盛況となりました。

そうして、それを他の鰻屋さんもどんどん真似するようになり

土用の丑の日にうなぎを食べる習慣ができたそうです。

この話を見読んでもわかるように

一年中土用の丑の日があるのに現在知られているのは夏の土用の丑の日だけなんですよね。

まさか、売れないうなぎを売るための戦略だったと知った皆さんはどう感じましたか?

でも、今では毎年食べる習慣があるので特にきになることもありませんよね。

2015年は夏の丑の日が2回?

2015年の立秋は8月8日(土)です。

「土用」とは、その前日までのおよそ18日間のこと。

天文学上、毎年多少ずれがあり、今年は19日間です。

十二支である12の曜日を当てはめると

2015年の夏の「土用の丑の日

は2回あることになります。

それを「一の丑」 「二の丑」と言います。

土用の入り・・・7月20日

一の丑・・・・・・7月24日

二の丑・・・・・・8月5日

立秋・・・・・・・・8月8日

現在では、一般的に「土用の丑の日」いえば「一の丑」を指し、

鰻の消費が盛り上がるのも「一の丑」が主流となっています。

美味しい鰻屋さんは?

さて、土用の丑の日についてはわかりましたが

だからといって適当なうなぎをわざわざ食べたくないですよね。

ということで、

美味しい鰻屋さんのランキングを食べログから上げていきたいと思います。

1位 かぶと

東京池袋にある鰻屋さんです。

予算は1万円~とちょっと高めですが

うな重だけではなくいろいろなうなぎの部位が食べれるのが特徴らしいですよ。

2位 友栄

神奈川の風祭駅周辺にある鰻屋さんだそうです。

会席料理も出しているらしく落ち着いた雰囲気のあるお店みたいで

ふっくらと焼き上げたうなぎが人気を呼んでいるみたいですね。

3位 尾花

東京南千住にあります。

ミシュランの星1の有名なお店ですね。

いつも行列ができているのですが

並んでも食べたい美味しいうなぎを提供してくれます。

4位 うなぎ屋廣川

京都嵐山に店を置いている有名な鰻屋さんの一つです。

京都で一番美味しいと言われるほどの人気店

こちらもミシュランの星1のお店です。

5位 うなぎ屋酒房・画層越後屋

埼玉小手指駅沿いのお店です。

うなぎ意外にも海の幸が豊富にありどれも

美味しいとかなり好評のようです。

うなぎの焼き方もこちらの希望に合わせてくれるそうなので

こだわりのうなぎが食べたい方はこちらへ行ってみてはいかがでしょうか?

関東と関西で焼き方が違ううなぎですが

人気に上位に上がっているものは関東のものが多いみたいです。

しかし、関西のうなぎの製法も美味しいので関東のしか食べたことのない方は

是非関西うなぎも食べてみてくださいね!

正しいうな重の食べ方

さて、美味しいうなぎのお店がわかると

きちんとした食べ方を知っておきたくなりますね。

特に高い店に行ったりした時

間違った食べ方をしてしまうと恥ずかしいと思いませんか?

そんな恥をかかないためにも食べ方を知っておきましょう。

1.蓋をあける

器の蓋を開けるにも正しい方法があります。

左手で器を支えるように持ち右手で蓋を開け裏返して置きます。

この時蓋の置く位置は自分の右側に

原則として蓋は器の外側に置きましょう。

※蓋を重ね場所を取らないようにする人がいますが

蓋に傷が付く恐れがあるので絶対にやってはいけないことです。

2.食べる時は左手前から食べましょう

好きなように食べるのも楽しい食事のとり方ですが

正しいと言われている食べ方は左手前から食べていくのが好ましいと言われています。

また、おいしいうなぎをさっさと食べてしまうとご飯が多く残ってしまうと寂しくなってしまうので

なるべく同じペースでご飯とうなぎを食べましょう。

3.半分食べたら器を回転させる

半分くらい食べた所で器を回転させると、

また手前に中身が手前に移りますので食べやすくなりますし

このタイミングでついてくるお吸い物などをたべていくとバランスがいいですよ。

※この方法なのですが

器を食事中に動かすのはマナー違反という人もいるので

呼んでいる人の判断に任せようと思います。

4.残りが少なくなったら器を持ち上げる

うな重の器は持ち上げてもOKとされています。

残りが少なくなったら器を持ち上げ食べやすいようにしましょう。

しかし、器に口をつけるのはNGですので気を付けて下さい。

5.蓋を閉める

たべおわったら蓋を閉めます。

この時、蓋をひっくり返しておく人がいますが絶対NGです。

蓋を傷つける恐れがありますし

お店の人に対して失礼に値するので気を付けて下さい。

普段あまり食べないうな重だからこそ

しっかりしたマナーを身につけておきたいですよね。

まとめ

土用の丑の日はうなぎを食べる日と理解していましたが、

土用の丑の日のことを深く考える機会は余りなかったのではないでしょうか?

でも、今回この記事を読んでいただけたら

なんとなくは理解していただけたのではないでしょうか?

美味しいうなぎを正しい方法で食べて

頑張って暑い夏を乗り越えていきましょう。

うなぎ 高騰理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です