シソの栄養

siso

一年中スーパー見かけるお馴染みのアオジソ。
いつでも安価に購入することができますが、夏の今が旬の食材です。
別名大葉と呼ばれており、食欲をそそる独特の香りが特徴で、
5000年前以上前から日本で栽培されている、アジア発祥のハーブ野菜です。
その香りと鮮やかな緑色は、名脇役の存在感を放ち、ご家庭でも食べる機会が多いかと思います。
実は、シソには脇役どころか主役級の高い栄養価があるってご存知でたか?
薬味や飾り用のおまけの葉っぱではないのです!
安くて美味しいシソには、一体どのようなチカラが秘められているのでしょうか?

シソにはどんな栄養があるの?
シソは、βカロテンとカルシウムが多く含まれています。
注目すべきは、なんとβカロテンの含有量が緑黄色野菜の中でもトップクラスということ!
βカロテンとは、植物に含まれる黄色やオレンジの色素成分で、
体内に取り入れるとビタミンAに変換され、ビタミンAとしても働く機能をもつ成分です。
抗酸化作用が高いため、ガン予防、皮膚や粘膜の健康維持にも効果があります。

殺菌作用や防腐作用も
刺身のあしらいとして、シソが使用されているのをよくご存じかと思います。
それは、香り成分ペリルアルデヒドの効能をいかした付け合わせ。
シソには、殺菌や防腐作用などの、食中毒予防の効果もあるということです。
また、最近ではポリフェノールの一種であるルテオニンにより、
アレルギーに対抗する作用、花粉症やアトピー性皮膚炎などを抑制する働き、
免疫力アップにつながる効果があることもわかってきました。

シソの効果的な食べ方とは?
βカロテンは、肉や魚介、乳製品などの脂質と一緒に食べることで吸収率が高まります。
熱に強い成分のため、
例えば、肉にシソを巻いて油をひいて焼くだけでも
簡単にβカロテンを効率よく摂取することができます。
焼き鳥やハンバーグなどでお馴染みのこの組み合わせは、
実は理にかなったメニューということです。
冷蔵庫の残り物の中に、シソを見つけた時など、
シソと脂質のこの組み合わせを思い出して調理してみてくださいね。

 シソをたくさん食べられる料理とは?
そんな栄養があるなら、一度にもっとたくさんのシソを食べたい!
そんな方へのお勧めは・・・
シソを煮出して作るシソジュース、
ジェノベーゼ風にペーストしてパスタ、
そしてサラダやつくだ煮など、思う存分シソを摂取することができます。
爽やかなシソの風味は夏バテや食欲不振の身体に優しく、
どれも食べやすいさっぱりした味わいです。
安くてたくさん手に入ってみた時に、ぜひチャレンジしてみてください。

まとめ
シソには、多くの効能があることがおわかりいただけましたか?
抗酸化作用やがんの予防など、免疫機能の正常化に効果があるなんて、
生活習慣病が気になる忙しい現代人に欠かせない食材です。
食中毒の危険性が高まる暑い夏には、殺菌作用のあるシソを上手に利用したいですね。
旬の時期に新鮮なシソをたくさん食べて、暑い夏の健康維持に役立てましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です