お中元 喜ばれる選び方

ochugen2

お中元、あなたなら何を贈る?
line-pink

いつもお世話になっている方々に感謝の気持を込めて贈るお中元。

贈るのは東日本では大体7月の初旬から7月の15日で西日本では8月初旬から8月15日が基本らしいですよ。

でも、お中元ってどんなものを贈るのがベストなのか、毎年迷ってしまいますよね。

さらに、3ヶ月後にはお歳暮の季節になるので周りと被らないように贈り物を考えるのが大変だと思います。

そもそも、お中元の起源って何なんですかね?

少し、お中元について詳しく見てみましょうか?

お中元とは・・・
line-pink

お中元のルーツは地官大帝の誕生日

日本ではお世話になった人に感謝を込めて贈り物をする日となっていますが、

元々は三元と言われる一つで罪が赦される贖罪の行事が催される日だったようですよ。

三元とは1月15日にあるのが上元、7月15日の中元、そして10月15日にある下元の総称です。

それぞれに神様が存在し、化身として中国の神話にも出てくる堯、舜、禹がいます。

その内の中元が日本で言うお中元ですよね。

元々その日は一日中火を焚いて神様を祝う風習がありました。

しかし、今ではそんな事をやっている人は既におらず、

現在では死者の罪を赦す事を願う、そういう日になったそうですよ。

日本ではお中元とはお盆の行事だったようですよ。

今のお世話になった人への贈り物を贈るというのは、

そのあとで広まった習慣のようですよ。

その後、旧暦が新暦に変わり8月15日にお盆を迎え、

7月15日前後に贈り物をする用になったそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どのくらいの金額でどんなものを選べば・・・?

贈り物を選ぶのってかなり悩んでしまいっますよね?

そんなに高いものを贈っても相手に気を使わせてしまいますし、

安価なものを選べば失礼なのではないかと悩んでしまうのが実際だと思います。

品物でもかなり迷ってしまうと思います。

そうめんなど時期も合っていますし無難でいいと思いますが、

被ってしまうと、相手側の家にはかなりのそうめんが余ってしまうというよくある光景がありますよね。

因みに一般的なお中元の相場は5,000円前後なのですが、みなさんはどのくらいを考えていますか?

あまり高額なものではなく安く見えないようなものを選ぶんじゃないでしょうか?
でも実際はそういうものを探すのは大変ですよね。

お中元の贈り物で人気なものは?

お中元といえばそうめんというイメージがかなり強いと思いますが、実際人気が高いのが商品券やギフト券なんです。

確かに商品券をいただければ自分の好きなモノを買うことが出来ますし、好まれる理由はよくわかりますよね。

しかし商品券はお金と同様の意味があるので目上の人にあげるのは失礼に値します。

会社の上司はもちろん親戚や取引先の相手に渡すのはNGなんですよね。

それでも送りたいというのでしたら、菓子折りをお供につけることで失礼じゃなくなるんですよ。

この際、菓子折りを商品券やのし袋よりも大きい品物を選ぶのが重要ですよ。

なお、金額が商品券に書いてあると贈りにくいという人のために額面が書いてないものもあるんですよ。

有名ホテルのレストランディナー券やグルメギフト券ホテルのギフト券などがありますよね。

普通の商品券に比べて選択の幅は狭くなてしまいますが、期限もないものが多く、

好きなときに使えるのがメリットだと思います。

さらに最近ではギフトカタログを贈る人もいるそうですよ。

金額がわからない。更に相手に好きなものを選んでもらえるということで人気があるようです。

もちろんギフトカタログなので、種類も豊富でいろいろなものが揃っているので、相手に好きな商品を選んでもらうにはちょうどいい

ですよね。

金額のわかるギフト券を贈るのは気が引ける。

何を贈ればいいのかわからなくて迷ってる方、

そんな人には、ピッタリおススメですよね。

お中元に贈る人気商品

やはり気になるのは人気のある品ですよね。

ということで、少し調べてランキングを見てみました。

1位 麺類(ひやむぎやそうめんなど)

期待を裏切らない堂々の1位である麺類。

季節にもあって涼しさを感じますが、

お中元をたくさんもらいすぎて、家に大量のそうめんが溢れることも少なくないのではないでしょうか?

2位 アルコール類(お酒、ビールなど)

上司の人に贈ることが多いのではないでしょうか?

お父さんがもらって嬉しい品NO,1ですね。

3位 ジュースの詰め合わせ

夏ならではのチョイスだと思います。

特に、お子さんのいる家庭ですと、喜ばれるんじゃないでしょうか?

4位 お菓子や水菓子の詰め合わせ

冷蔵庫で冷やして食べると美味しい水菓子はお茶のお供にピッタリ。

奥様で集まる時にそっと一緒に出すと喜ばれますよね。

5位 コーヒー、紅茶、日本茶など

一年中飲むことが出来る物はどんなにあっても困りませんよね。

日持ちもしますし、香りのいいものをもらうと飲むのが楽しみになると思いますよ。

いかがでしょうか?

他にもフルールの詰め合わせや食用油、

のりや佃煮などがありましたが、ベスト5をあげさせてもらいました。

贈ってはいけないNGものは?遅れてしまった時は?

お中元には贈ってはいけないものがあるんですよね。

「踏みつける」意味を持つスリッパや靴のような履物系はまずNGだそうです。

そして筆記用具や時計などの仕事に使うようなものには、勤勉奨励という意味が含まれてしまうので、

目上の人に贈ってはいけないんです。

ただただ、なんとなくそれっぽくないから贈ってなかったものでも、ちゃんと意味があるんですね。

そういえば、送るのが遅れてしまった場合はどうすればいいのでしょうかね?

遅れてしまった場合、7月15日以降であれば暑中見舞いとして贈りましょうね。

さらに暑中見舞いにも間に合わなかった場合には8月7日が立秋なので

その以降になってしまった場合は、残暑見舞いにしましょう。

まとめ

皆さん、お中元に贈るものは決まりましたか?

いろいろなものがある上、決まり事があるので難しいですよね。

でもどんなものを送ったとしても、大切なのは気持ちなんだと思います。

昔は罪を赦す為の日だったのかもしれませんが、今は感謝の気持ちを表す日とされています。

皆さんが、日頃お世話になっている人はどんな方なんですか?

その人が喜ぶようなものを贈るのも素敵ですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です