夏にはトマトが欠かせない、その理由とは?

tomato

暑い夏を健康に過ごすためには、やっぱり食べ物が大切!

体力も気力も衰えがちなこの時期には、毎日しっかり栄養を摂りたいものです。

そんな夏に外せない旬の食材は、トマト!

トマトの栄養価が高いということは、ご存じの方の多いかと思います。

でも、特にこの時期に摂取したい理由、きちんとご存知ですか?

毎日でも食べたくなる、真っ赤なトマトのチカラ。

その効果・効能とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トマトはどんな栄養があるの?

トマトには、三大抗酸化作用といわれる、βカロテン、ビタミンC、ビタミンAが含まれています。

それは、血液、血管の正常に保ち、予防皮膚や粘膜の細胞形成を助けてくれる働きです。

そして、トマトといえばリコペン!

トマトはリコペン含有率の高い食材の代表として、よく知られています。

リコペンとは、植物性食品に含まれる赤い色素成分で、

βカロテンやビタミンEよりも高い抗酸化作用があるとも言われています。

つまり、誰もが気になる生活習慣病、老化予防にとても効果のある

現代人に欠かせない注目すべき効能がトマトにはあります。

夏だからこそトマト!美白効果もあるの?

この時期、どんなに紫外線対策しても、うっかり日焼けしてしまうことってありますよね。

紫外線を浴びると、皮膚細胞が酸化し、シミやシワの原因となっていまします。

抗酸化作用の高いトマトには、そのシミやシワの元となるメラニン色素の生成を抑えてれくれる働きがあります。

また、タンパク質と結びつくことで、コラーゲンをつくりだします。

タンパク質は、肉や魚介、チーズや卵などに含まれているため、毎食手軽にコラーゲンアップを期待できます。

美肌・美白効果が高く、何歳になっても綺麗でいたい女性には積極的に摂りたい食材ですね!

夏バテにも効果がある?

トマトにはクエン酸も含まれているため、疲労回復にも効果があります。

毎日この暑さでは、つい食欲もなくなってしまいます。

クエン酸には、胃液の分泌を促進する働きもあるため、

夏バテで体力が衰えがちな外回りのサラリーマンの男性にもお勧めです!

毎日食べたい!簡単なトマトの摂り方

トマトをたくさん食べたい!!

けれど、一人暮らしの方や忙しい社会人の方にとっては、

毎日生のトマト食べることは意外と難しいもの。

実は、生でも加工品でも、トマトの栄養素はほとんど変わらないと言われています。

ジュースやケチャップ、水煮缶など、身近に多くの加工品がありますよね。

短時間で作れるパスタ、煮込むだけの簡単スープなど、

加工品を使えば、時間のない方でも手軽にトマトを食べることができます。

 

 また、時間のある時に自家製ドライトマトを作っておくのもお勧めです。

オーブンを使えば3~4時間程度で出来上がります。

ドライトマトは、日本人にはあまり馴染みのない食材ですが、

いつもの料理にたくさん活用することができます。

サラダや卵焼き、チャーハンなどにも合います。

やわらい酸味がアクセントとなり、クセになる美味しさです。

オリーブオイル漬けにして密閉容器に保存すれば、約1か月はもちます。

ドライトマトをストックしておけば、いつでもすぐ食べられるのでとても便利です。

まとめ

毎日でも食べたいトマトの栄養価について、ご理解いただけましたか?

紫外線対策となる美容効果、疲れやすい真夏の健康維持のため、

夏の万能野菜、トマトをぜひ毎日摂り入れることをお勧めします。

もちろん、他の食材と組み合わせてバランスの良い食事を心掛けて、

暑い夏を思いっきり楽しんでくださいね。

今年の園芸では37本のトマトを栽培しております。

摂れたての新鮮トマトは栄養も豊富でとってもおいしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です